サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(0319-21)

【OP】【CO】竹書房作品で使える30%OFFクーポン(~3/19)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 国防・軍事
  5. 文藝春秋
  6. 文春e-book
  7. 太平洋の試練
  8. 太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)
太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)(文春e-book)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/03/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-390423-8
一般書

電子書籍

太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)

著者 イアン・トール,村上和久・訳

実は米軍内も割れていた!陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。

もっと見る

太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)

税込 2,000 18pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.8MB 無制限
Android EPUB 9.8MB 無制限
Win EPUB 9.8MB 無制限
Mac EPUB 9.8MB 無制限

太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで 上

税込 2,052 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

目次

  • 【上巻目次】
  • 序 章 ソロモン諸島をとる
  • 日本が開戦四カ月足らずで英米を撃破して掌中におさめたソロモン諸島。だが、一九四一年八月、米兵たちがガダルカナルにやってきた。
  • 第一章 ガダルカナルへの反攻
  • キング提督は、ミッドウェイの直後から反転攻勢の足がかりとして日本が飛行場を建設しているガダルカナルを攻めることを主張。マッカーサーは反対する。
  • 第二章 第一次ソロモン海戦
  • 上陸したガダルカナルへ物資の輸送を始めた米側に打撃を与えるべく三川艦隊が出動。酸素魚雷という新兵器と夜戦に長けた日本側は勝利を収めるが……。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「太平洋の試練」の続編後半。アメリカ軍の反転攻勢の裏側を詳細に描く好著

2016/07/14 17:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

太平洋戦争をアメリカ側の視点から詳細に描いた前著「太平洋の試練 真珠湾からミッドウェーまで」の続編です。続編の上巻で主に描かれるのは日本軍が消耗戦によって貴重な兵力、資源を浪費し、その後の戦況の方向性を決定づけられたガダルカナル島をめぐるいきさつです。
日本からの視点で太平洋戦争を見つめると、アメリカ軍は科学的、合理的に戦略を進めてきた印象があります。ところがその裏側では、戦力を日本と対峙する太平洋側とドイツと対峙する大西洋側にいかに配分するのかという問題や、陸軍と海軍との確執など、日本軍でみられた人間的な対立があったことが語られています。そして戦場においても索敵情報が誤って伝達されて戦力の運用を誤ったり、結構ミスもしています。いかに装備が近代化されて行っても、実際に運用するのが人である以上、机上の理論通りには事態が展開しないということを改めて教えられる好例という気がします。
非常に緻密に記述されているのですが、できればそれに相応しい地図を掲載していただければ、より理解が深まったのにという点が唯一残念な点ではあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/23 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/02 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。