サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

全商品10%OFFクーポン(0524-28)

新訳 アーサー王物語(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

新訳 アーサー王物語

著者 著者:トマス・ブルフィンチ,訳者:大久保 博

舞台は6世紀頃の英国(ブリテン)。「わが名はエクスカリバー。正しき王への宝なり」。柄にそう刻まれた名刀を手にして戴冠した国王アーサーと騎士たちが繰り広げる、冒険と恋愛ロマ...

もっと見る

新訳 アーサー王物語

605 (税込)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

アーサー王物語 新訳 (角川文庫ソフィア)

605(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

舞台は6世紀頃の英国(ブリテン)。「わが名はエクスカリバー。正しき王への宝なり」。柄にそう刻まれた名刀を手にして戴冠した国王アーサーと騎士たちが繰り広げる、冒険と恋愛ロマンス。そして魔法使いたちによって引き起こされる、不思議な謎の出来事の数々……。今日人気の高いファンタジー文学の源流をなす、この夢のような伝説が今、よみがえる。壮大にして官能美あふれる中世騎士物語。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.4

評価内訳

2007/01/17 17:57

投稿元:ブクログ

ブルフィンチの「中世騎士物語」"The Age of Chivalry; or, Legends of King Arthur and the Knights of the Round Table" からアーサー王伝説部分のみを新訳した物。この部分の内容は岩波文庫の野上弥生子訳「中世騎士物語」と同じはずなので、この本は読んでないが、1993年出版なので訳は読みやすいと思われる。
ただし野上版に入ってるアーサー以外の部分もおもしろいし、やっぱり全部が入ってる分岩波文庫の方がお徳感があるなぁ。

2008/12/02 02:33

投稿元:ブクログ

物語以前に小説としての文章がおかしい。総集編だと言うことを読後の解説で知ったが、そうだとしても、同じ章の中でこれがあるからこれが起きるとか言う基礎が出来てない。そう言う表現方法もあるが、間違いなくそうではないだろう。
有名なアーサーがエクスカリバーを抜く場面や、ランスロットの獅子奮迅の活躍シーンには胸躍る場面もあったので、訳の問題なのだと思いたい。
しかし、これを読んだ後だと、総集編ではない方も読もうとは思えなくなった。それは作り手が側が、一番望んではいない事だろう。入門編という事らしいが、お粗末すぎると思った。これだけ有名な作品。面白くないわけがない。いつか違う訳者の物を読んでみたいと思うが。

2013/03/15 12:16

投稿元:ブクログ

図書館で。アーサー王物は多少読んだことがあるのですが実はきちんと知らないなあと思い一番わかりやすそうな本を読んでみました。戦争ばっかり(笑)まあ建国話みたいなものだから仕方ないのかな~  読んでいてこれは水滸伝と似ているな、と思いました。豪傑同士がぶつかり合い戦う。ロマンだ。

騎士と王妃のロマンスとは言うもののこれって不倫?だよな。ゼンダ城の虜もそうだけど女性は誰かの奥さんで恋人(騎士)が彼女に心を捧げて純潔に生きるというスタイルが昔の王道だったのかしら?(ゼンダ城は不倫じゃないけど)女性視点から物語が語られていないのでギネヴィア王妃がよくわからない。アーサー王が亡くなられた後に改心されてもね。
と言う訳で騎士と乙女のロマンスは結ばれないから、悲恋だから美しいのでしょうかねえ。個人的にはその辺りは良くわからなかったです。でもここから色々なお話が派生したのはわかる気がします。

2008/03/16 18:53

投稿元:ブクログ

今はゲームなどでよく登場するキャラクターの元になった物語です。円卓の騎士それぞれの魅力あるストーリーがいいですね。

2015/02/05 11:18

投稿元:ブクログ

舞台は六世紀頃の英国。国王アーサーや騎士たち が繰り広げる、冒険と恋愛ロマンス。そして魔法 使いたちによって引き起こされる、不思議な謎の 出来事の数々…。今日人気の高いファンタジー文 学の源流をなす、この夢のような伝説が今、よみ がえる。壮大にして官能美あふれる中世騎士物 語。

2010/12/23 07:21

投稿元:ブクログ

アーサー王のお話には興味はあるのだけど。
ある程度は知っているし、類縁のお話やこれを題材にしたお話はたくさん読んだり観たりはしているが。

(たぶん)ディズニーのアニメ映画。
あと、封じられているマーリンのまどろむような物語がいちばん印象的かな。
我が家にあるのは「アーサー王の死」というちくま文庫。

でも、ちゃんと順を追って正統に読んだことはないかなあと。

この本あたりが入門編としてはもっとも適当そうに思える。
ブルフィンチさんだし。

2010/03/31 19:20

投稿元:ブクログ

アーサー王の物語の入門書としては、読みやすい本の一つです。

宗教色は強いですが、それを踏まえて騎士物語の世界に踏み込むための入門書として、お話がしっかりと整理されていると思います。

2012/11/06 15:14

投稿元:ブクログ

どこかできいたことのある話の元ネタはここ からだったんですね。面白かった。特にトリ ストラムとイソウドの物語は印象的でした。

2016/08/11 07:25

投稿元:ブクログ

劇団四季の美女と野獣の一節から、読んでみようと手に取った一冊。散文的な物語の集まり。
「正しき者には危険はない、ただ卑怯者に逢うとき以外は」という一文が心に残った。しかしこの舞台、6世紀のイギリスでの正義の定義は現代と違って難しい。

2011/11/20 19:11

投稿元:ブクログ

アーサー王物語の入門書。妙訳が非常に平易であり文章の読み易さは抜群。ただ、アーサー王伝説関連に的を絞りすぎたせいか、原書の「The Age of Chivalry」などに比べると、どうにも全体の物語の繋がりに統一感が欠ける印象。最初からじっくり読み込みたい方には、より専門の書を手に取る事をお勧めする。

2012/01/24 21:14

投稿元:ブクログ

やたらと、恋慕の情が激しいな。
歴史を紐解くと、往々にして語られるが。

墓場の蔓の件は、グッときた。死して尚、求めあう。

一般企業に、経営者を慕う円卓の騎士のような部下がいたら、素晴らしく発展するだろうに。
ラーンスロットの様な部下も、中々難しいか。

2012/11/27 01:20

投稿元:ブクログ

ただ気高く美しいだけではなく人に焦がれ苦しみ醜さをもさらけ出した騎士たちの物語。優しい表現の中にもラーンスロット、トリストラムのような恋を追いかける情熱、ケイのような優越、ガーウィンのような劣情、ああ、なんだ人間の話だこれは。

2015/04/29 22:02

投稿元:ブクログ

なんだか平家物語を見ているような…日本の武士となんら変わる所が無いような「騎士」
魔法や伝説という不可思議なものが生き、たくさんの人物によって織り成されているのに、ひとつの物語として、筋(まとまり)が貫かれている。――騎士道。
アーサー王のやっていることはどうみたって侵略行為であるし、ランスロットは気性の荒い無法者であったのだと思う。だってそれが戦であふれる中世のイギリスで生きる者だから。騎士がこんなに精神的だったら戦争などとっくに放り投げている。それを捻じ曲げてでもこの物語は騎士道を貫く。この書き手による、ひとつのまなざし。それによってトリエステとイゾルデのロマンスが生まれるし、ランスロットへの乙女の死が輝くのだ。
どうみたって略奪や殺し合い。血で穢れた手のひらだというのに。正当化と言い切ってしまえばそれまでだが、騎士道という精神で、英雄の名を負うことで、神に委ねることで、それを浄化する。
エクスカリバーの存在やマーリンの魔法の逸脱さをご都合主義だと切り捨てるのは一面的である。奇跡や不可思議なものの存在によって、その騎士道という精神の形が実現するのだから。
それにしても、なぜマーリンはガーウェインに聖杯探索を指示したのだろうか。彼ほどの力があれば、円卓の騎士たちの、探索の結末など簡単に予想できたはずである。それほどになぜ、聖杯にこだわったのか。
聖杯を手にすることが目的というよりかは、聖杯を見出すことを、信仰というものの実現をマーリンは望んでいたのではないか。聖杯を手にできるのは、その生が清く正しいものでなければならない。殺しを職とする騎士が騎士道を実現するために、神聖なものの前に跪くことを望んだのではないか。聖杯は各々内にある。そうでなければ聖杯はずっとアリマタヤのヨセフの下で眠り続けていただろう。彼ら騎士の力で聖杯が実現するとともに、騎士はその血で汚れた自身を浄化される。
宗教と騎士の精神が融けた、物語(ロマンス)の世界。戦の絶えない世界にあって書き手が望んだひとつの形。

2016/03/09 10:42

投稿元:ブクログ

カズオ・イシグロ氏の「忘れられた巨人」を読んで
アーサー王時代の話が気になていたところ、古本屋で見つけて購入。
知っているようで意外と知らなかったアーサー王の物語。
西洋の騎士の文化も知ることができる。

2013/10/23 16:38

投稿元:ブクログ

アーサー王伝説の中の騎士たちの冒険をわかりやすい文体で綴っていった物語です。

すこい物足りない気持ちになりました。
登場人物たちと価値感が合わないからでしょか?

ラーンスロットって不倫だったんですね……
豪傑といった印象を持っていのですが、彼への評価が下がってしまいました。

単調に伝説っぽく語られるけれど、ところどころ端折られてるとこがあったのが残念でした。それがこの本のいいとこでもあるのかもしれないけれど。

とりあえず、アーサー王伝説の概要を知ることはできました。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む