サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

アンと青春

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 191件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/03/25
  • 出版社: 光文社
  • ISBN:978-4-334-91084-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

アンと青春

著者 坂木 司

美人で頼りがいのある椿店長。「乙女」なイケメン立花さん。元ヤン人妻大学生の桜井さん。そして、食べるの大好きアンちゃん。みつ屋のみんなに、また会えます――。同じデパ地下に入...

もっと見る

アンと青春

1,296 (税込)

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

アンと青春

1,728(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.8MB 無制限
Android EPUB 6.8MB 無制限
Win EPUB 6.8MB 無制限
Mac EPUB 6.8MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
10%OFFクーポン
「電子書籍 対象商品 10%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美人で頼りがいのある椿店長。「乙女」なイケメン立花さん。元ヤン人妻大学生の桜井さん。そして、食べるの大好きアンちゃん。みつ屋のみんなに、また会えます――。同じデパ地下に入っている洋菓子屋『K』で働く柏木さんに少し振り回され気味のアンちゃん。同僚の立花さんや椿店長とも、なんだかぎくしゃく。悩むアンちゃんの手元にある日、謎めいた和菓子が残された。これは、何のメッセージなんだろう。ヒット作、待望の続編。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー191件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

四季と自然を愛する和の心

2016/05/21 14:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「青空の卵」以来のファンであり、北村薫とはまた異なる“日常の謎”が魅力の坂木司であるが、アンの前作では面白い分野に目を付けたもの、と楽しませてもらった。今作では“謎”部分は薄らいでいるものの、その分、日本人の四季と自然に寄せる思いを、和菓子の世界を通じてより顕著に著しているところが興味深い。
アンの葛藤や成長も気がかりながら、今後、和の心をどう表現していくかに、より期待してしまう作品でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつも迷ってばかりで。

2017/05/13 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

和菓子のアンの続編です。
積読していたら、予約本だったこちらが回ってきて先に読むことに
なりました。逆順となりましたが、この書評を書きつつも、
続けて第一作を読む予定です。

梅本杏子(きょうこ)、呼び名はアン。甘いものが大好きで、
デパートの和菓子屋のみつ屋でバイトをしている
ぽっちゃりさんです。
軽やかな調子で「~だってば!!」なんて脳内思考を
書いちゃうあたり、ラノベ世代を意識しているのかなと思います。
かなり読みやすいので、中学生でも充分楽しめます。

でも坂木司さんらしさはしっかり入っているのですね。
軽いだけの描き飛ばしとは明らかに違います。

あとがきに感謝の辞があります。
今回は和菓子をいろいろ教えてくれた人、書店員、装丁者、
編集者、営業さん。家族、友人、読者。
そして物語の原動力となっているKさん。
デビュー作の「青空の卵」から一貫して出てくる Kさんが
いるからこそ、坂木作品には一本芯が通っているのですね。

こころの強さ弱さ、他人との折り合いのつけ方、自分の守り方。
この人の作品を読んでいるといつもその事に気付かされます。

みつ屋は、店長の椿さんと立花さんの社員二名と、桜井さんと
アンちゃんのバイト二名体制です。立花さんは和菓子職人
経験者の男性ですが、こころは乙女なので実質女性だけの
店舗です。
アンちゃんがイケメンに気後れするからこうなったのですが。

アンちゃんはお洒落な街が苦手で、東京にいながら六本木・
丸の内・青山とかは用がない限り近づきません。
いたたまれなくなるからです。
自意識過剰なんだよなとつぶやく姿に、こころ惹かれるのです。

椿店長は謎解き役で、立花さんが和菓子の知識の補強役、
桜井さんが景気づけ役です。日常の謎に含める人もいると
思いますが、謎が解けたことよりも、いきさつや次に引き起こされる
結果に重点が置かれています。
だからわたしは、謎をきっかけにした一般小説と思っています。

ねりきり、お雛さま、七夕。
和菓子は季節感を大事にするので、この物語に上品さを
もたらしています。
素敵ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春だね

2016/10/27 01:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルイス - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず食べることが好きで一生懸命なアンちゃんにほっこりしました。
いつもは聞き役に徹してくれた椿店長や立花がちょっと遠い存在になってしまったりアルバイトに
甘んじる自分の立場に悩んだりとアンちゃんは忙しそう。
アルバイトだろうが仕事には悩みがつきものだし、今回の一番の目玉?かはわからないが立花の恋敵も登場してきたし
波乱の予感。
とは言っても仲良しの女友達と3人で京都旅行したりして、それなりに青春を満喫しているなぁアンちゃん楽しそう。

続編を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上生菓子

2016/03/28 20:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気読みできる作品ではあるが黒文字で少しずつ切り分けて味わいたい作品。読後のデザートはやはり上生菓子。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビターでキュートな作品

2017/08/05 22:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく和菓子が美味しそう。それでいて甘いだけじゃないのがこの作品の良いところ。表面上は注意しているようで 裏側には暗い感情が渦巻いている描写が秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩み

2016/07/01 23:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

嫉妬とか心配とか悩みとかのお話が多かった印象でした。
立花さんが今回はわりと感情に振り回されていたかしら。
みんながんばれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

がんばれ立花

2016/05/05 12:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろこしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな作品だったので待望の新刊
前作のようなほっこりあたたかくてちょっと泣ける話を期待してたけど
今回のはイライラもやもやさせる話が多くて読後感がいまいち
キャラたちはそれぞれの立ち位置でいい味だしているんだけど
立花さんが「乙女」じゃなかったよ
女々しいだけのただの男の子になっていた
まだこれからも続いて欲しいけど

前作は漫画になったのをきっかけで読んでハマったのだけど
この話の半分は少女漫画雑誌に載せるのは絶望的だろう
漫画版もすごく良かったから再コラボ期待してたぶん余計に残念

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

和菓子と女子と歴史

2016/11/30 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとマニアックな和菓子の歴史が語られる。
謎解きのミステリー風なのが読んでいて楽しい。
「女子の節句」では姑の言葉の謎解きですが、常識のない嫁と言いますが、姑の和菓子にかけて伝えたい思いはレベル高過ぎで、今の世の中の人、誰も気づかないよね、と突っ込みたくなる。
美味しいものがたくさん食べられるのは幸せだけど、アンちゃん、食べ過ぎです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

洋菓子食べたい

2017/01/04 11:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書はじめました - この投稿者のレビュー一覧を見る

デパ地下の和菓子店でバイトとして働いているあだ名:アンが主人公の話。
他人と比べ過ぎて落ち込む、女子らしくないなどの自意識過剰が鼻につき、
読んでいてイライラした。
和菓子の話なのに、和菓子よりも新店舗の洋菓子の方が美味しそうで、残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/27 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/02 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/03 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/16 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/03 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/12 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む