サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/04/08
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-765664-5
一般書

電子書籍

サマー・キャンプ

著者 長野まゆみ

愛情など、断じて求めない、はずだった体外受精で生まれた温は、出生の秘密を自らの手で明かそうと決意するのだが……。近未来を舞台に血脈を超えた人間の絆を描く傑作

もっと見る

サマー・キャンプ

税込 479 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.6MB
Android EPUB 5.6MB
Win EPUB 5.6MB
Mac EPUB 5.6MB

サマー・キャンプ (文春文庫)

税込 482 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

曖昧な境界線

2004/02/21 21:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃおん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私達は常に物事を定義付ることで理解しようとしている。しかし、その定義が誤りであったなら。
 例え定義が間違っていたとしても、生きていく事はできる。それが、欺瞞と後悔によって支えられた脆いものだとしても。 
 人の定義は、愛の定義は、性の定義は。有ると思っているだけで無いのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

端麗でえげつない

2020/08/10 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

長野ワールドなんですけど、ちょっと異質な感じもある。
多分、舞台設定が現代(あるいは過去)でないためかもしれない。
でも湾岸地帯の描かれ方は、作者らしい美しい表現です。

読者としては色々な情報がパズルのようにちりばめられていて
それを拾い集めているうちに迷宮に迷う感じ
その中で主人公のいらだちや焦りも拾い上げてしまう。

ただし、鏡島家の生殖システムのえげつなさはちょっと辛い。
それを硬質な端麗な文章でさらりと綴っているけれど、実はかなりえげつないです。
アンモラルとかいうとかいうよりも、えげつないなぁって。
初読の時は長野さんの文章でなければ、読みすすめないほどだと思ってました。
、現実のインターセクシャルのことを知った後に読むと少しだけ感じ方も違います。
ただし、鏡島家の世間を欺いて行う生殖システムのえげつなさは変わらないと思いますけどね。

途中でなんとなく予感はあるのですが、
(主人公以外の人々の言葉で)
ラストで本当のサマー・キャンプの意味がわかってちょっとほっとする。

唯一消化不良を起こす感じに読後なったのは
未成年の主人公がその家で暮らしていた経緯なんですけどね。

長野さんの描く主人公の少年は
どこか根なし草的な少年というだけない不安定さがあるんですよね。

(再読レビュー)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/08 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/17 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/20 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/02 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/27 08:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/21 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/02 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 03:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/15 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/02 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/30 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。