サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/04/22
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-127322-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

談志が死んだ(新潮文庫)

著者 立川談四楼

その死は弟子たちにも伏せられていた。立川談志、享年七十五。この不世出の落語家に入門したのは十八歳の春だった。それから四十年近く惚れ抜いた師匠から突然の破門宣告。「てめえな...

もっと見る

談志が死んだ(新潮文庫)

税込 572 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

談志が死んだ (新潮文庫)

税込 572 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その死は弟子たちにも伏せられていた。立川談志、享年七十五。この不世出の落語家に入門したのは十八歳の春だった。それから四十年近く惚れ抜いた師匠から突然の破門宣告。「てめえなんざクビだ」。全身が震えた。怒りの理由が分らない。振り回され、腹を立て、やがて気づいた。大変だ。壊れてるんだ、師匠は――。偉大な師匠(おやじ)の光と影を古弟子(せがれ)が虚実皮膜の間に描き尽す傑作長篇小説。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

師匠談志への鎮魂歌

2016/01/26 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小市民 - この投稿者のレビュー一覧を見る

立川流きっての文筆家、立川談四楼師による談志観察記。
談志師については生前より様々な評価がなされており、果たして同一人なのかと思う程毀誉褒貶が激しい。しかし、没してなお語られるということはそれだけ大きな存在であったのだろう。四天王と言われながら早逝した故柳朝師は別としても、先代圓楽、志ん朝両師については、作品は残っていても、その人となりについての著作は寡聞にして知らない。
それは両師に筆の立つ弟子がいないことなのか。
否、両師は少なくとも対外的には「常識人」であり、それに比して、談志師は沖縄開発庁政務次官当時の記者会見に代表されるように、一筋縄ではいかない人物であり、それが故に今なお様々な談志が語られているのだろう。
しかし、多くが認めるように、談志師の芸は一流であり、それに惚れ込んだが故に多くの談志師の弟子となった。
無論、著者の談四楼師もその一人である。
談四楼師の兄弟子には文字助師あるいは左談次師などもいるが、立川流設立の直接のきっかけとなった真打昇進試験騒動の当事者として談志師と行動を共にし、その後、死去までの談志師の変容について、怒り、寛容等様々な感情が交錯しながら描かれている。
そこには一部にみられるような無批判な談志礼賛ではない迫力があり、それが故に、立川談志を演じ続けざるを得ない状況で、老いと病により己が求める噺ができなくなってしまいバランスが崩れてしまった談志師の哀しみが明確になっており、談志師への見事な鎮魂歌となっている。
不謹慎ではあるが、談志師はその死によって立川談志という虚像から解放されたのではないか、そして、解放されたのは談志師のみでなく、談四楼師も含めた弟子達も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/25 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/30 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/17 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/30 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/10 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/29 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/20 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/31 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/19 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/16 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/14 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。