サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:定期購読キャンペーン(0907-30)

クヌルプ(新潮文庫)(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/04/22
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-200105-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

クヌルプ(新潮文庫)

著者 ヘルマン・ヘッセ,高橋健二/訳

年上の娘への初恋が裏切られた時から、クヌルプの漂泊の人生が始まる。旅職人となった彼は、まともな親方にはならなかったが、自然と人生の美しさを見いだす生活の芸術家となり、行く...

もっと見る

クヌルプ(新潮文庫)

443 (税込)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.6MB 無制限
Android EPUB 4.6MB 無制限
Win EPUB 4.6MB 無制限
Mac EPUB 4.6MB 無制限

クヌルプ 改版 (新潮文庫)

400(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

年上の娘への初恋が裏切られた時から、クヌルプの漂泊の人生が始まる。旅職人となった彼は、まともな親方にはならなかったが、自然と人生の美しさを見いだす生活の芸術家となり、行く先々で人々の息苦しい生活に一脈の明るさとくつろぎをもたらす。最後に雪の中で倒れた彼に神さまはクヌルプは彼らしく生きたと語りかける……。永遠に流浪する芸術家の魂を描いた作品である。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

自分らしく生きること。でも、自分らしくっていったい何?

2017/05/08 23:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は探した。数社から出版されているが、題がクヌルプと
なっているのは新潮社だけ。
漂泊の魂クヌルプとか、望郷クヌルプとか余計な修飾語が
あっては雰囲気が出ない。何よりも中身の翻訳が同じものを
読みたかった。

著者紹介では、ヘッセは抒情詩人・小説家と紹介されている。
高校生の頃、車輪の下を読んだきりだ。
遠い過去のことで、初読の作家さんみたいになってしまった。
ああ、こういう作品を書くんだと素直に受け取った。

もし原文のドイツ語を読めたならと思った部分がある。
これくらいの小品にも関わらず、百年近くも読み継がれている
理由があるはずだ。

クヌルプが自作の歌を口ずさむシーンが何度かある。
翻訳のために、どうしても文章がすっ飛んだ感じがする。
これは言語の違いによるものなので、どうしようもない。

それ以外にも、例えば最初に登場する白皮なめし匠の
ロートワースのことを、皮なめし匠・友だち・親方と
くるくると呼び方を替える。
これは何かの韻を踏んでいるんじゃないかと思う。
逆にやけにくどい文章もある。

翻訳が古いせいかと思ったが、原文の洗練のためと考えると
あり得るかもしれないと思った。想像なのだが、きっと名文
だからこそいまだに生命力を放っているのだろう。

結局わたしはクヌルプを続けざまに二回読んでしまった。
確かにこれは何度も読める作品だと思うし、思索をめぐらす
ことのできる多面性を備えている。
深いなあというのが掛け値なしの評価だ。

副題は「クヌルプの生涯三つの物語」である。
「早春」「クヌルプの思い出」「最期」である。
若かりし頃、次に会った時、そして年が上がった時の
三つの時代である。

クヌルプは変わらない。
自由気ままに放浪し、友だちの家に泊まり、また次へと
渡り歩く。歌を歌って聞かせ、示唆のある話で惹きこみ、
ふわりとまとった気配で人々を魅了する。
そんなクヌルプを、喜んで受け入れる者、惚れ込む者、
愚痴を投げつける者、みんな思い思いに接するのである。

クヌルプはみんなの心に何かを残し、しかしすべてをさらけ
出すこと絶対にしない。

クヌルプは言う。
>「人間はめいめいの魂を持っている。それはほかの魂と
> まぜることはできない」
>「父親は子どもに鼻や目や知力をさえ遺伝としてわかつ
> ことができるが、魂はそうはできない。魂はすべての
> 人間の中に新しくできたものだ」

自分に忠実なのに、自己中心的ではない。これこそが人間力だ。
気位の高い野生の猫を思い浮かべた。
そして自分は誰に似ているのかと考え、自分のことばかり話す
シュローターベックのような気がして、度量の狭さに恥じ入って
しまった。

クヌルプにはなれないが、せめてあるがままに受け入れる、
ロートフースやマホルトのようになりたい。

次に読む時は、また違う面を見せてくれそうな気がする。
そんなさすらい人の物語だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/12 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/10 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/16 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/13 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/10 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/04 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/02 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/07 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/04 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/31 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/12 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る