サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~4/30)

[帯バナー変更]2017春 映像化キャンペーン(~4/30)

KAMUI―神已―(WINGS COMICS)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報
この商品の関連情報

一覧を見る

コミック

電子書籍

KAMUI―神已―

著者 こなみ詔子

衝撃的傑作長篇、ついに文庫化! 小川家を訪れた八坂弘。そこで彼は神已と木鳩に出会う。そして神已の言葉から、弘はあるとりかえしのつかない事実を知った! 相反する性質ゆえに惹...

もっと見る

KAMUI―神已―

605 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

Kamui 神已 (ウィングス文庫)

637(税込)

Kamui 神已 (ウィングス文庫)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 121.5MB 無制限
Android EPUB 121.5MB 無制限
Win EPUB 121.5MB 無制限
Mac EPUB 121.5MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

衝撃的傑作長篇、ついに文庫化! 小川家を訪れた八坂弘。そこで彼は神已と木鳩に出会う。そして神已の言葉から、弘はあるとりかえしのつかない事実を知った! 相反する性質ゆえに惹かれあう弘と神已。そして不思議な力を持つ神已とそれを見守る木鳩。二つの物語が静かに激しく交錯する……。幻の短篇「昨日の思い出」も収録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/08/14 01:04

投稿元:ブクログ

初めて読んだこなみ詔子の漫画。
結構衝撃的でした。
今から見れば、絵も荒いんだけど、当時は
「こんなに最小限の線で、こんなに綺麗な絵が描けるんだ…!」と
とても感動した覚えがあります。
一生懸命生きているだけなのに、どうして幸せになれないのか、
すごく切なくなりながら読みました。
登場人物、誰も悪くないのに、全員悲しいんだもん。
そして、同じ人が「おかあさんは刑事」とか「あねさんは委員長」を
描いていることに、更なる衝撃を受けたのでした。

2009/07/04 05:20

投稿元:ブクログ

【005】です。
マーガレットで「あねさんは委員長」の連載終了からこの「KAMUI―神已」へ新連載になったときの絵柄の変わり様に中学生の私は衝撃 !!!!やった。

この作品のテーマにぴったりやなと今はそう思えるんだけど、あの頃はなかなかこの変化についていけなかったのを思い出すなぁ。
「あねさんは委員長」連載後半の絵柄が好きだっただけに・・・。
そういう意味でも思い出のある作品。
私の中でこの頃がこなみ詔子の絶頂期。


両親を飛行機事故で亡くした八坂 弘。
彼は父の古くからの友人だという小川家で世話になることにする。
ところが、そこで会った同い年の小川家の息子「神已」は弘の死んだ母親に瓜二つ。
弘が驚いた瞬間、突然気配もなく窓ガラスが割れた。
神已は言う。
「"神已"はあんたじゃないか…!」

おもしろいストーリーと巻数は比例しないなぁって思える作品。

2013/01/08 15:24

投稿元:ブクログ

初めて読んだのは20年ほど前。大人になってから改めて読んだら、あの頃感じた「ただただ悲しい」だけの物語ではないことに気付いた。
愛情に溢れているのに伝わらなくて、失ってから感じる切なさ。
号泣ってこういうことを言うんだろうなと、読んだ後もしばらく涙が止まらなくなってしまいます。

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む