サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

アルキメデスの大戦(1)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 販売開始日:2016/05/06
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-382781-1
コミック

電子書籍

アルキメデスの大戦(1)

著者 三田紀房(著)

戦艦「大和」を阻止せよ!!! 日本の未来を1人の数学の天才が変える!? 時は1933年。日本海軍の中枢・海軍省の会議室で、次世代の旗艦を決める新型戦艦建造計画会議が開かれ...

もっと見る

アルキメデスの大戦(1)

税込 648 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 111.0MB 無制限
Android EPUB 111.0MB 無制限
Win EPUB 111.0MB 無制限
Mac EPUB 111.0MB 無制限

アルキメデスの大戦 1 (ヤングマガジン)

税込 680 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦艦「大和」を阻止せよ!!! 日本の未来を1人の数学の天才が変える!? 時は1933年。日本海軍の中枢・海軍省の会議室で、次世代の旗艦を決める新型戦艦建造計画会議が開かれ、2つの陣営が設計採用を争う事に。これからの海戦を見据え、高速の小型戦艦を打ち出す“航空主兵主義”派に対し、海軍内で権力を握る“大艦巨砲主義”派の計画は、世界でも類を見ない超巨大戦艦の建造だった――!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

三田先生のマンガとしては背景がきれい

2017/11/04 23:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七慢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ドラゴン桜』と『エンゼルバンク』を読んで三田先生の作品に興味を持った。三田先生の著書『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術三田流マンガ論 ─三田紀房流マンガ論─ 』によると,背景は規則正しく能率的に働くアシスタントによるものだそうだが,確かに迫力のある景色が楽しめる。

戦艦に対する航空機の優位性は,当時のことを現在から推測すれば容易に想像できるが,その当時においてはまったく盲点であったはずだ。現在となってはイージス艦やミサイルもあり,個々の事態を想定した再評価が必要だろう。

あまり現実を考えないトップとはいつの時代にもいるものだなあ,と思える。なお,このマンガの見所である「巨額建造費」のウソを暴く証明については第2巻以降になっている。新国立競技場のザハ案が白紙化されたのは2015年7月17日なので,その事態をヒントにしたのだろうが,そこはさすがにプロで上質の作品になっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

三田漫画の新機軸に期待

2017/02/18 18:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回のテーマの着眼の奇抜さに興味をひいた。

三田漫画らしい味わいを期待させる1巻の滑り出し。
これから主人公がどのように活躍するのか期待大である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今までにない設定

2016/05/25 20:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:下町ボーイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は1930年代の大東亜戦争前。東京帝国大学の数学科の天才学生が戦艦大和の設計案の裏に隠された建設費の見積額の不正を暴き、超巨大戦艦の建設を阻止するとというあらすじだ。歴史的に見るとかなり脚色されているが、ストーリーや設定は今までにないものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

映画化

2019/07/31 23:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カツサンド - この投稿者のレビュー一覧を見る

菅田将暉主演で映画化というので、どういう話なのか、まったく前知識もなく読んでみました。
なんと、そういう話だったのですね。
歴史が好きで、第二次世界大戦のあれやこれやも割と詳しい方なので、この内容には心躍るものがありました。
これは本当の話なのかな?
いや~、続きが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

1巻!

2019/07/28 23:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラゴン桜など三田先生の作品は、いくつか読みましたが、この作品は、過去の作品に比べて、絵がとても綺麗です。
ストーリーも、変わった視点からの歴史モノですし、面白いです。
映画化もされるみたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

史実の結末なのか、架空世界なのか……

2017/03/15 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BlueSky - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品のストーリーが史実の通りの結末なのか、架空のお話なのか判りませんが、計算で戦う主人公というのは珍しい。舞台もよく描かれる戦前であり山本五十六などの歴史上の人物が出てくる。
なかなか興味深い作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

淡々と進んでいく

2019/06/30 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

この時代のものは やはり淡々とストーリーが展開してく方があっていると思うし 絵も含めてそのバランスが取れていると思える作品。途中からちょっと自分の望む展開と異なっていくので なんとも言い難いですし 賛否は分かれるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

リアル

2019/06/18 01:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めての作者さんでした。こういう感じの作品は普段はあまり読まないのですが、とてもリアルで面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

数学

2018/11/03 20:49

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
時代に逆行して巨大戦艦を作ろうとする派閥と空母を推す派閥。
勧善懲悪分かりやすい作品なので世界に入りやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

批判精神をどう持って行くか

2018/05/07 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hima - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作のタイトルは「数学」にまつわる何かを示唆しているらしく、数学に長じた主人公が戦前の帝国海軍の革新勢力に引きずり込まれ、技術士官となり数学的合理性を駆使して資源の浪費とひいては敗北を招く戦艦大和の建造阻止に向けて奔走する、というお話である。
作者はオリンピックスタジアム改築にまつわる諸問題を意識している、という話も伝わってくる。批判精神は常に重要だが、変な勢力に迎合し、あるいは利用されることだけは無いように願いたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

海軍

2019/05/01 16:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鎮文修 - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は1933年、新型建造艦船の設計を巡って、偽装の疑惑がもたらされる。海軍の派閥争いが絡み、限られた情報の中、帝大を中退した数学の天才、櫂直が計算で挑む。
当時の社会情勢や海軍の知識が巻末にあるので読みやすい。敵対派閥から監視員が追いかけてくるなどスリルもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/01 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/11 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/25 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/02 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史 ランキング

歴史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。