サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~2/21)

【OP】KADOKAWAコミックで使える25%OFFクーポン(~2/21)

ペルシャの幻術師(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/05/13
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-710592-1
一般書

電子書籍

ペルシャの幻術師

著者 司馬遼太郎

十三世紀、モンゴル軍に占領されたペルシャ高原の街メナム。そこにはモンゴル軍の司令官、大鷹汗ボルトルからの求愛に悩む美姫、ナンの姿があった。ある日、ナンは市場で青い衣をまと...

もっと見る

ペルシャの幻術師

税込 680 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.7MB 無制限
Android EPUB 6.7MB 無制限
Win EPUB 6.7MB 無制限
Mac EPUB 6.7MB 無制限

ペルシャの幻術師 (文春文庫)

税込 680 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

十三世紀、モンゴル軍に占領されたペルシャ高原の街メナム。そこにはモンゴル軍の司令官、大鷹汗ボルトルからの求愛に悩む美姫、ナンの姿があった。ある日、ナンは市場で青い衣をまとった不思議な人物、アッサムに出会った。アッサムは幻術によって、ナンにこれまでにない快楽を味あわせ、さらにボルトルをもその術中に陥れていく。初めて司馬遼太郎の筆名で書かれた幻のデビュー作である表題作など初期の作品全八篇を集めた短篇集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

最後の新刊?

2001/10/20 04:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 没後6年目にしてでた久しぶりの文庫、かつ、初めて文庫化されたデビュー作。例えば漫画の場合だと、熟練した漫画家でも長期連載では連載の最初と最後で画調が異なることが多い。しかし、司馬遼太郎の場合、これがデビュー作だといわれなければわからない。そういわれて読むと確かに、と思い当たる点はあるが、特に鼻につくでもない。初期からある程度の完成をしていたのだということを思い知らされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

当時の短編作品群で司馬遼太郎の将来を窺わせる一冊である

2009/11/01 21:41

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

司馬遼太郎が昭和30年代に書いた短編を集めたものである。このタイトルにある短編「ペルシャの幻術師」が司馬の最初の小説という説もある。「ペルシャの幻術師」は小品であるし、ごく初期の作品なので、全集には収録されているものの、単独では初めて文庫本に搭乗したと腰巻に書いてあった。いずれも幻術がらみの作品である。現実離れしている点で、珍しいものであり、歴史小説の構えを見せているものである。この中で注目すべき作品を上げてみる。

 まず「ペルシャの幻術師」であるが、ときは西暦1253年、場所はペルシャ高原のとある町である。蒙古兵に蹂躙された街である。占領軍の大将はチンギスハンの孫である。幻術師アッサムとの駆け引きと街の運命が面白い。

 「兜率天の巡礼」は、学者とその妻に関わる運命と宗教的な歴史を紐解いている。ストーリーが複雑でとても娯楽作品とは言い難い。また、宗教的な歴史が主題となっているので難解でもある。この辺りの作品は司馬が研究した成果の一端が開陳されているようだ。

 エンターテイメントとしては、「飛び加藤」が最も結構な一品であった。 飛び加藤とはもちろん綽名である。加藤は忍者である。越後上杉家に仕官したい加藤は、京にきていた上杉家の家来に幻術を見せつける。その家来は早速上杉に報告し、面接のうえとうとう仕えることになった。上杉家の家臣となった飛び加藤と上杉謙信とのやりとりが面白い。

 「牛黄加持」は、僧侶の話である。洛内の屋敷にいた僧侶は、幼馴染みの公家の娘がいた。この娘は藤原家の娘で入代して、鳥羽上皇の女御になったという。僧侶がその幼馴染みと再会したのは、この牛黄加持の場であった。この加持儀式の薄気味悪い様子の描写が何ともいえず、生々しい。

 司馬遼太郎のこの種の作品は、以前『』を読んだことがあるが、それはまた洗練されていて、なかなか面白く読んだことがあった。本書はその皮切りとなる作品かも知れない。司馬遼太郎の若き日の作品で、この種の一種独特の雰囲気と描写が単なる歴史小説にはとどまらないジャンルを創り上げているといっても良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/03 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/04 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/12 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/14 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/25 07:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/02 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/13 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/17 07:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/17 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/14 07:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/07 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/16 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。