サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0118-20)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「明日をちょっと楽しく生きる本」ポイント5倍キャンペーン(~2/14)

グローバリズムが世界を滅ぼす(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/05/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-660974-1
一般書

電子書籍

グローバリズムが世界を滅ぼす

著者 エマニュエル・トッド,ハジュン・チャン,柴山桂太,中野剛志,藤井聡,堀茂樹

世界経済でいま何が起きているのか? 「雇用や産業を保護するのは間違いで、規制撤廃こそ唯一の成長戦略であり、経済のグローバル化は歴史の必然だ」と言われるが、現実はまったく逆...

もっと見る

グローバリズムが世界を滅ぼす

880 (税込)

ポイント :8pt / 紙の本より16おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.6MB 無制限
Android EPUB 7.6MB 無制限
Win EPUB 7.6MB 無制限
Mac EPUB 7.6MB 無制限

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

896(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界経済でいま何が起きているのか? 「雇用や産業を保護するのは間違いで、規制撤廃こそ唯一の成長戦略であり、経済のグローバル化は歴史の必然だ」と言われるが、現実はまったく逆。グローバリズムこそが経済危機、格差拡大、社会崩壊を招くという世界経済の真実に迫る。

【目次】
第1部 グローバリズムが世界を滅ぼす E・トッド H-J・チャン 藤井聡 柴山桂太 中野剛志
第2部 グローバル資本主義を超えて
トータリズム(全体主義)としてのグローバリズム 藤井聡
新自由主義の失敗と資本主義の未来 H-J・チャン
歴史は繰り返す?――第二次グローバル化の未来 柴山桂太
国家の多様性とグローバリゼーションの危機――社会人類学的視点から E・トッド
新自由主義と保守主義 中野剛志
第3部 自由貿易とエリートの劣化 E・トッド 中野剛志 堀茂樹

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

グローバリズムの危険性を指摘した1冊。

2015/07/26 14:19

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:命"ミコト" - この投稿者のレビュー一覧を見る

古今のグローバリズムが止められない理由としては本書の中野剛志さんが述べている通り世界のエリートが軒並み大劣化している事が原因であるとされているからです。
確かに安倍、モディ、メルケル、朴クネ、オバマ、オランド、キャメロン、チプラス、習近平などの顔ぶれを見ると皆が小物であり同時にグローバル資本の言いなりになってしまっている。
唯一、大物と言えるプーチンはそれに見事に対抗して自国経済の保護に走っているからその差は大きい。
そしてグローバリズムが先進国だけでなく、中国やインドにも負の恐怖が蝕まれている事への警告として☆を5つにする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

格差の拡大、民主主義の危機、エリートの無責任(by ローマ法王)

2014/07/06 12:27

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、国内外の6人の論者による、「反グローバリズム」にかかる対談と論評で構成されています。
 小泉の郵政改革に国民が熱狂していた頃は、本書のような論調への賛同者はほとんどいなかったと思います。ところが、小泉改革は雇用や社会福祉を破壊し、「国民総中流社会」から「格差社会」への転換点・起点となりました。さらに、中国をはじめとした帝国主義的かつ身勝手な国家の台頭に対し、媚を売っている欧米諸国の様を見ると、グローバリズム(新自由主義)の限界を感じますし、同意見の方も増えているのではないでしょうか。

 そうは言っても、「TPPは帝国主義である(110ページ)」「自由貿易を規制する方向で考えていかないと、民主主義はますます危機に陥る(204ページ)」とし、こうした危機を招いた原因はエリート官僚が劣化したからだという本書の結論は、半分理解できて半分理解できないというのが私の率直な感想です。
 また、散々グローバリズムの批判はしていますが、グローバリズムに替わる社会体制等について十分な提示がないどころか、「処方箋という課題は残っているにしても、大変有意義だった(240ページ)」と開き直った上での自己満足には、物足りなさを感じました。批判するだけなら簡単です。評論家としての高みの見物ではなく、創造的な学者としての本来の仕事をしてもらいたいと強く思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/22 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/04 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/22 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/31 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/14 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/09 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/27 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/21 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/08 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/08 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/27 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/30 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。