サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 児童書・絵本
  4. IQ探偵ムー
  5. IQ探偵ムー 15 ムーVSタクト! 江戸の夜に猫が鳴く<上>
IQ探偵ムー 15 ムーVSタクト! 江戸の夜に猫が鳴く<上>
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発売日:2016/05/13
  • 販売開始日:2016/05/13
  • 出版社: ポプラ社
  • ISBN:978-4-591-11965-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

IQ探偵ムー 15 ムーVSタクト! 江戸の夜に猫が鳴く<上>

著者 深沢美潮(著),山田J太(絵)

今から300年以上も前、江戸では謎の少女盗賊『猫小僧』が出没していた――。そして現代。元たちが社会科見学で訪れた歴史博物館から書簡が盗まれる事件が!?

IQ探偵ムー 15 ムーVSタクト! 江戸の夜に猫が鳴く<上>

821 (税込)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

IQ探偵ムー ムーVSタクト!江戸の夜に猫が鳴く 上 (ポプラカラフル文庫)

821(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 20.6MB 無制限
Android EPUB 20.6MB 無制限
Win EPUB 20.6MB 無制限
Mac EPUB 20.6MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/08/16 19:18

投稿元:ブクログ

“それにしても、なんであのふたりは、今日みたいな平日に、学校にも行かず、こんなところに来てるんだろうか!?
もしかして、学校サボってデートか!?
まさかなぁ……。
首をかしげていると、隣で大木も同じことが気になったらしい。
「あのふたり、どうしてここにいるんだろう。休みでもないのに」
「うんうん、そうだよな」
「も、もしかして、つきあってんのかな……」
大木は真っ赤な顔をして、汗までかいている。
よっぽどあの女の子が気に入ったんだろうなぁ。
でも、大木よ、無理だ。あきらめろ。
これがもうちょっと……普通の男子が相手なら、
「いや、大木だっていい男なんだから、負けるな。がんばれ!」
と言って励ますんだが、拓斗相手に、それはあまりにそらぞらしい。
傷は浅いうちのほうが治りも早い。大木よ、男子は傷つきながら、大きくなるんだ!
まぁ、おまえはこれ以上大きくならなくていいだろうがな。”

ムーとタクト、両方の出番がある作品が出たと思いきや下巻に持ち越し。
現代と江戸時代の繋がりはいかに。

“いつも通り、リーダーは瑠香である。
なんでこう全部仕切りたがるかなぁ?と、元はいやになってくることもあるけれど。
最近はちょっとそれが楽ちんだったりもする。いちいち考えなくていいからだ。
それぞれ、家に向かって歩き出した時……。

「人間、考えなくなったらおしまいだぞ」

誰かが後ろでそう言ったような気がして、ハッと振り返った。
後ろには、家のブロック塀があるだけ。
でも、塀の上には白黒のブチ猫が一匹座って、こっちを見ていた。
ま、まさかな……と、首を振る。
かん違いだ、きっと。”

2010/08/13 23:17

投稿元:ブクログ

まちに待っていたムーVSタクトが出た。           読んでいたらタクトとムーはにているようだなぁと感じる。江戸時代のムーたちの活躍も気になりながら、やはり事件の真相が楽しみだ。

2013/05/18 13:52

投稿元:ブクログ

ムー15巻目。
タクトのほうはまだ読んでいない。
ムーのシリーズを先に読んでからと思っています。