サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

全商品20%OFFクーポン(0323-29)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. 大きな鳥にさらわれないよう
大きな鳥にさらわれないよう

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 60件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/05/27
  • 販売開始日:2016/05/27
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-219965-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

大きな鳥にさらわれないよう

著者 川上弘美

遠く遙かな未来、滅亡の危機に瀕した人類は、小さなグループに分かれて暮らしていた。異なるグループの人間が交雑したときに、、新しい遺伝子を持つ人間──いわば進化する可能性のあ...

もっと見る

大きな鳥にさらわれないよう

1,296(税込)

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

大きな鳥にさらわれないよう

1,620(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.2MB 無制限
Android EPUB 7.2MB 無制限
Win EPUB 7.2MB 無制限
Mac EPUB 7.2MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

遠く遙かな未来、滅亡の危機に瀕した人類は、小さなグループに分かれて暮らしていた。異なるグループの人間が交雑したときに、、新しい遺伝子を持つ人間──いわば進化する可能性のある人間の誕生を願って。彼らは、進化を期待し、それによって種の存続を目指したのだった。しかし、それは、本当に人類が選びとった世界だったのだろうか? かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」

目次

  • 形見/水仙/緑の庭/踊る子供/大きな鳥にさらわれないよう/Remember/みずうみ/漂泊/Interview/奇跡/愛/変化/運命/なぜなの、あたしのかみさま/

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー60件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

なぜなの、あたしのかみさま

2016/06/09 20:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

傲慢な言い方に聞こえるでしょうが、作家とは神でもあるのです。
 何故なら、作家の作品に登場する人物たちはその出自を作家自身にゆだねているからで、
 昭和に生まれたのか平成生まれなのか、東京生まれなのか沖縄育ちなのか、作家が決めていく。
 どういう親で、何人きょうだいがいて、どういう学校に進んだのか。そういうことまで作家が決める。そして、その物語の舞台に作家が生み出した者たちを配置する。
 それは神といわずして何と呼べばいいでしょう。
 創造の神。想像の神。
 同時に作家は破壊の神でもある。物語の途中で失恋や離婚、別離は当たり前、登場人物を殺してしまうこともできる。
 最後にはこの世界を滅ぼすことだって、この作品のように、できてしまう。
 なんともやっかいな職業である。

 川上弘美のこの連作長編は人口が増大し破壊へと続く未来の世界を描いた作品である。
 川上弘美はもともと異界にあこがれをもった作家で、こういう作品の方が川上らしいといえるし、おそらく川上自身好きな世界観なのだと思う。
 けれど、読者としてはシンドイ世界でもある。
 作者が作った世界に何かテーマを求めようとしてもそこにはどんな意味付けもないかもしれない。
 読者がそこに何かを語ったとしても、きっと飲み込まれていくような気がする。

 もし、途中でわけがわからなくなったら、最後の2篇「運命」と「なぜなの、あたしのかみさま」を読むことを奨める。
 別に犯人とかがわかるわけではないが、少なくともこの2篇を読めば、川上が作ろうとした世界全体が時間的空間的にも把握できるだろう。年表を、破滅の年表を作るようなものだ。
 その年表に作品の一つひとつをはめていく。
 そうして、冒頭の「形見」と最後の「なぜなの、あたしのかみさま」に戻っていくと、より川上の世界観が見えてくるのではないだろうか。

 それにしても、どうしてこの作品のタイトルが「大きな鳥にさらわれないように」となったのだろう。
 やはり、最後の「なぜなの、あたしのかみさま」がふさわしいように思うが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昔の未来のはなし

2016/05/01 16:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

何千年も未来の話なのに、太古の昔といまあるどこか遠い国の雰囲気が漂う。人間が自らの手で知らず知らず絶滅への道を開拓し、それを防ごうとした人工知能搭載クローン、母。物語は常に視点が変わるが普遍的でもある。なんとか人間の内面に潜り込もうと少しだけ歩み寄ろうとするクローン。でもうまくいかない。クローン同士でも淘汰はある。名前があったりなかったり、でも生み出された物体はそれが純正人間であろうがなかろうが、なんとか集団を保とうする努力はみられた。実際こんな未来になるかもね。私はすでに土に還って原子に戻ってはいるが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人類の「遠く遙かな未来」の世界なのか、人類誕生以前の「神話の世界」なのか?

2017/03/19 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とある地方の公務員 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「運命」の章で、「母」の視点から本書の世界観が明かされ、それ以外の各章は、ある特定の人類(人間)や観察者の視点から、それぞれが属する小さなグループの日常の生活が語られます。
 「滅亡の危機に瀕した人類」の「遠く遥かな未来」の世界なのか、それとも人類誕生以前の「新しい神話」の世界なのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遠い未来か、はたまた古の神々の時代か。

2017/01/15 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

14章の連作短篇集です。
川上弘美さんの作品には、現実世界を描いているようで少し
浮世離れしたものがあります。それでいて不思議な調和を
保っています。パラレルワールドとでもいいましょうか。
芥川賞受賞の蛇を踏むも、同じ印象を持っています。
この作品も、まさにその系列でした。

今日は湯浴みにゆきましょう、と行子さんが言ったので、みんなで
したくをします。川に向かうと湯気が見えます。
天然の湯場で、子どもたちと母たちが湯につかります。
夫のこと、子どものこと、結婚のこと、ぽつぽつとわたしは語ります。

違和感があるのです。

みんな何回も結婚をしているのです。
だから子どもも何人も育てたのです。
名前を覚えている子どもだけで十五人、覚えていない子どもを
入れると五十人は育てたはずなのです。五十人?

子どもたちの成長は早いのです。
幼稚園に上がるのに二年・三年かかる子はまれで、短い子は
生後三カ月で充分通えるようになります。
通える? あずけに行くではなく?

産後数カ月で職場復帰する人もいるのでしょうが、それにしても
五十人はあり得ないですし、三カ月の子が幼稚園に通える
はずもないですし。
ああ、別の生き物の話なのかとも思いましたが、やはり人間の
ようなのです。

夫に頼んだら、これまでの妻の形見を持ってきてくれました。
最初の妻はネズミ由来、次の妻は馬由来、三番目は
カンガルー由来。お骨から拾える相似骨で分かるのです。

ということは、SFでしょうか。それにしては、あまりにも普通に
時間が流れています。不思議な世界を、時間を替え、
人を替え、立場を替えて綴っていきます。
脈々と続く、生きとし生ける者の終わりと始まりを描いた
作品です。
いつの時代でも、どんな風貌をしていても、こころはゆったりと
流れているのでした。

やや難なので、再読すると違う世界が見えてくるかも
しれません。また会える日を楽しみにしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かなり不思議な話

2016/12/20 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり不思議な話で、読み通すのがちょっとしんどかった。部分的には小川洋子のようなのだが、全体的に見るとやはり違う。何百年、何千年後かに滅亡の危機に瀕した人類は、一体どういう道を辿るんだろうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/01 18:45

投稿元:ブクログ

+++
遠く遙かな未来、滅亡の危機に瀕した人類は、「母」のもと小さなグループに分かれて暮らしていた。異なるグループの人間が交雑したときに、、新しい遺伝子を持つ人間──いわば進化する可能性のある人間の誕生を願って。彼らは、進化を期待し、それによって種の存続を目指したのだった。
しかし、それは、本当に人類が選びとった世界だったのだろうか?
絶望的ながら、どこかなつかしく牧歌的な未来世界。かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」
+++

遠い未来の物語、ということなのだが、遥か太古から絶えず繰り返してきた生命の営みのようにも思われて、他人事とは思えず、味わい深い。人は、同じようなことを繰り返していると思っているが、実は少しずつ、大きな力に操られるように道を逸れて違う世界に足を踏み入れているのかもしれない。そして、最初の内こそ抱いていた違和感をも呑み込んで、何事もなかったように別の生き方を始めるのである。それさえもいま現在の人間社会を見せられているようで、背筋が寒くなる心地でもある。誰もが諍いなく平和に穏やかに暮らしたいと願っているわけでもなさそうである。含むところが深い一冊である。

2017/03/07 14:12

投稿元:ブクログ

久しぶりに川上弘美さんを読んだ。
「神様」や「龍宮」のように雷に打たれるような
嬉しいショックが最近の作品にはなかったので
正直 さほど期待していなかったのだが...

すばらしい作品である。

どこまでも透明な川上ワールドが
これまで以上の深みをもって
繰り広げられている。
筒井康隆大先生に「うちのめされた」
と言わしめた理由がよくわかった。

川上さん初のSFファンタジーだが
そんなジャンルには
到底くくりきれない大きさがある。
創世記であり神話であり
哲学書でもある。

のぞいてみたかった未来の一つの姿が
14の物語で構成されている。
「世界」はホビット庄のように
どこまでものどかなのだが
読み進むうち 「箱庭」のような世界を
高いところから俯瞰する眼があるのに気づく。
「大きな鳥」の
冷たい「視線」を感じるようになる。
うすら寒くなってくる。

この世界は誰が作ったのか
古代から人間はずっと考えてきた。
だが人間の知恵では答えは出せない。
「神」という存在を設けるしかない。

「神」は自然であり宇宙でもあり
時々「大きな鳥」になって人間をさらい
大きな羽ばたきで人間の世界を消し去る。
人間はどこまでも小さく弱く儚い存在だ。

読み終えた後 胸の奥には寂寥感が残る。
なのに その「世界」が
無性に恋しくなるのはなぜだろう。
身体の細胞がすでに
そんな未来が来ることを
感じとっているのかもしれない。

川上さんの描く未来が
もっともっと見たい。

【小ネタ】
*川上さんは大学の時SF研究会に入っていた。
*ブラッドベリの短編のようなタイトルにしたくて
 このタイトルにした。

2016/09/03 10:56

投稿元:ブクログ

種としての人類、個としての人間、人工知能。

それらの過去、未来?

あぁ・・・と思ったり、夢物語と思ったり。
不思議なストーリーでした。

2016/08/29 01:22

投稿元:ブクログ

これは。。
なかなかすごい本のような気がする。
とても深い。
川上弘美さんの本のなかでも、特殊よりになるんじゃないのかな?
引き込まれるように読みました。
読み心地もよく。
あえていま感想は述べません。
また歳を重ねたときに読みたいと思います。

2016/07/13 14:51

投稿元:ブクログ

川上さんは短編集の方が好きだな_(┐「ε:)_

謎の未来の話。人間だけれど、人間ではない人々。徐々に明かされる母と見守りの正体。人の歴史は結局繰り返すものなのか?

2016/08/18 23:40

投稿元:ブクログ

『「それは、カイラが特別だからよ」「特別?」「あなたは、ほんとうに人間らしい人間なのよ。あなたは何かを生みだす。そして、生みだすものより多くのものを破壊する」「ほんとうに人間らしい人間」って何だろう』ー『変化』

川上弘美のメッセージ性をほとんど意識したことがない。川上弘美の特徴はと言えば、意識の表面に浮き上がるか上がらないかのぎりぎりで形造る泡沫のように慎重に言葉の内に押し留められている思い、ということになるだろうか。それ故、川上弘美を読む時、決して急いで読み飛ばしたりしてはいけない。泡沫は呆気なくこわれる。理屈で解るのではなく、言葉の指し示す先をそっと観察するように、慎重に辿らなければならない。光と影の淡いを見極めようとすれば境はただ曖昧になるばかり。しかしこの作品は言葉が強く何かを示唆する。そのベクトルの大きさに作家の思いの強さを見る。

冒頭に置かれた作品を岸本佐知子編「変愛小説集ー日本作家編」で読んだ時、これはいわゆる核の冬後の話だなとは思ったけれど、そんなことより、作家の初期の作品の雰囲気に似た、固有名詞のない世界観を懐かしく思いながら読んでしまった。もっと大きな物語が背後にあったとしても、一瞬だけすれ違いざまに垣間見たパラレルワールドのごく短く切り取られた物語を読むように、その起承転結は想像の地平の彼岸にあって知るすべがない。そんな風に投げ出された空想科学小説的な趣は、まさに踏んだ蛇が人になって部屋に居着く小説でデビューした川上弘美らしい、とすら思ってしまっていた。まさか、この短篇からこんな風に発展するとは、いや、発展させるとは思いもよらなかった。

最近の「東京日記」で作家が嘆くのを見て更に思いを強くするのだけれど、川上弘美はついに人というものに対する根本的な信頼を失ったのかなと思ったりする。この作品でもそうだけれど、作家の人に対する視線は、互いに干渉し合うものに対する視線というより、生物学者が観察対象に対して投げ掛けるそれに近いのじゃないだろうか。更に言うならば、その視線は冷静さを通り越して冷酷さの温度感がある。作中に登場する母の視線は、育むもののそれのようでいて冷静な観察者の視線のよう。それが川上弘美の立ち位置なのだろう、と自然に得心する。

メッセージ性ということをほとんど感じたことはないと言ったけれど、ほぼ唯一の例外は「神様2011」だ。デビュー作品を改変してまで訴えたい川上弘美の怒りがその作品からは放射されていた。それ故、その残存放射線が本書の隅々にまで伝播するのを感じる。遺伝子を変えてしまうほどの危うい環境。それを正面から受け止めるそんな世界が展開するのだなと読んでしまう。しかし終盤に向かうに従って、ことはそれ程に単純ではないということが見えてくる。核の冬はあったのかも知れないが、それを作り出した兵器ではなく、それを使用してしまった人間が凶弾されているのだと。作家の絶望感が伝わってくるかのような錯覚を覚える。

とは言え、そう言う自分だって世の中を信じていたりはしない。自分のバイオリズムと完全に切り放されたものとして、世の中を、そして其所に巣食う人間を捉えていることもあるし、怒りを覚えることもある。でもどこかできっと信じてもいるのだろう。そんな風にねじ曲がった思いが時を越え昨日の自分に語りかける。選び取れたかも知れない自分の知らない空間での自分らしさに。エピローグが隠喩的に示す創造主と人の関係の入れ子の連鎖が、どこか「マトリックス」を彷彿とさせ、無数の可能性の具現化した並行する自分をイメージさせられる。それを見つめる自分の視線は、冷めた視線なのか、あるいはわずかな希望に賭ける視線なのか。作家のオープンエンドな問い掛けを重く受け止める。

2016/12/30 21:24

投稿元:ブクログ

よくわからないまま手探りで読み、
途中からぐぐっとつながり、
それでも謎を残したまま、
もう1回最初から読み返したくなる感じ。

想像力をフル回転させないとおいて行かれそう。
ビジュアルに頼らない。
これが小説のチカラなのでしょうか。

2016/06/05 11:37

投稿元:ブクログ

大好きな川上さんの新刊♪・・・とホクホクと読み始める。

が、・・・ん?短編集じゃないの?連作短編??ってことは、まさかこのトーンでずっと行くわけ!?

Σ( ̄ロ ̄lll)ガビーン!! これって、川上ワールド的ファンタジーだけど、めっちゃSFじゃん~~!!!

うーん、でも、ところどころ、やっぱりめっちゃ好きな部分もあるし~、うーん、うーん、うーん・・・評価は~~3.5くらいか!?

でもね、一気読みできちゃうエンタメ小説(もちろん大好きなんだけど)よりも、こういう小説こそ読み返してみたくなるんですよね~www

2016/09/06 00:07

投稿元:ブクログ

未来の地球の話。
でもこれは未来ではく過去にあった話なのかも・・・
と思ったりするとまた違う世界観が見えてきてとても想像力を掻き立てられる。
いつかはこう言う時代がくるのか、それとも実は今の世界はこの話にある過去を超えた未来の今なのか。
なんとも不思議な世界観のある本だった。

2016/08/27 21:18

投稿元:ブクログ

文芸は嫌いではないけれど、これはどうしても好きになれなかった。
好みの問題。
あまりにも置いていかれているような気がした。

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む