サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【最大40%】大感謝祭クーポン祭り(~4/23)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

昭和芸人 七人の最期(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/06/17
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790625-2
一般書

電子書籍

昭和芸人 七人の最期

著者 笹山敬輔

絶頂に登りつめた後は、下っていくしかない・・・。笑わせることができなくなった芸人には逃げ道がないのである。エノケン、ロッパ、エンタツ、石田一松、シミキン、金語楼、トニー谷...

もっと見る

昭和芸人 七人の最期

税込 670 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.7MB 無制限
Android EPUB 12.7MB 無制限
Win EPUB 12.7MB 無制限
Mac EPUB 12.7MB 無制限

昭和芸人七人の最期 (文春文庫)

税込 670 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

絶頂に登りつめた後は、下っていくしかない・・・。笑わせることができなくなった芸人には逃げ道がないのである。

エノケン、ロッパ、エンタツ、石田一松、シミキン、金語楼、トニー谷。頂点をきわめた七人のお笑い芸人たちは、どのような晩年を生きたのか。「最後の喜劇人」伊東四朗の特別インタビューを収録。

「喜劇人は同情されたらおしまい」(エノケン)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悲劇の喜劇人

2016/11/20 01:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代でもそうだが、所謂喜劇人、コメディアンと呼ばれる人々は、テレビで面白いことを言っていても、実生活では気難しく、家庭では全然しゃべらないという。それは、人生そのものにも影を落とし、この作品で取り上げられているように、最期は悲劇的な結果となる人が多い。自らの幕引きは難しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者の想定する読者とは

2017/01/10 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k - この投稿者のレビュー一覧を見る

豊富な資料をもとに、こなれた日本語で書かれた文章はたいへん読みやすく
著者の「芸人」に対する愛(哀)情が感じ取れる
ところが、どうも納得できない点がある
著者が「昔のお笑い芸人について書こうと思ったのは、」
ダウンタウンやさんまの人気の凋落という姿を見ることが怖く、
「その不安を少しでも和らげるため」ということである
著者は自分より一回り以上若い
自分は50代半ばだが、本書に登場する「芸人」のうち、
トニー谷とその芸がかろうじて認識できる世代である
著者自身は本書に登場する「芸人」は伝聞と資料でしか知らない
それくらいの思い入れしかない「芸人」の人気の凋落を描くことで
著者の目的が果たして達成されるのであろうか
本書で紹介された「芸人」は最後まで本芸にこだわった
その本芸と時代とのミスマッチが彼らに「最後」をもたらした
この意味でも冒頭にダウンタウンやさんまを挙げるのは極めて不可解である
また何故これらの「七人」なのかも不明である
エノケンとロッパはしばしば対比的に書かれており、この意味で彼らの選択は理解できる
しかし、他の五名を含める上での主題は一体何なのか
本書を著す上で如何なる読者を想定したのだろうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/27 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/25 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。