サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0731)

全商品10%OFFクーポン(0721-23)

はじめての言語ゲーム(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/01
  • 販売開始日:2016/07/01
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • ISBN:978-4-06-288004-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

はじめての言語ゲーム

著者 著:橋爪大三郎

もっともわかりやすいヴィトゲンシュタイン入門書。世界のあらゆるふるまいを説明しつくそうとしたヴィトゲンシュタインの言語ゲーム論はいかに生まれ、どんな思想か? 『はじめての...

もっと見る

はじめての言語ゲーム

702 (税込)

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

はじめての言語ゲーム (講談社現代新書)

864(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.4MB 無制限
Android EPUB 7.4MB 無制限
Win EPUB 7.4MB 無制限
Mac EPUB 7.4MB 無制限
電子書籍全品
10%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!10%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月21日(金)~
2017年7月23日(日)23:59

電子書籍全品
ポイント最大50
キャンペーン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2017年7月1日(土)~
2017年7月31日(月)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

もっともわかりやすいヴィトゲンシュタイン入門書。世界のあらゆるふるまいを説明しつくそうとしたヴィトゲンシュタインの言語ゲーム論はいかに生まれ、どんな思想か? 『はじめての構造主義』著者による、きわめて平易な哲学入門です。(講談社現代新書)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

世界は事実の総体である

2009/09/29 14:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヴィトゲンシュタインの一生から、彼が「言語ゲーム」に辿り着くまでを書き、さらにプラスアルファと、新書でありながらかなり奥行きのある一冊。有名な『論理哲学論考』の冒頭の意味が、ようやくわかり、なんだかうるうるしてしまった。ここ。

「1   世界は成立していることがらの相対である。 
 1.1  世界は事実の総体であり、ものの総体ではない」

何度か読み返しているのに、まったく新鮮、驚きで受け止めてしまった。保坂和志や磯崎憲一郎の小説にも通じるものがある。

「ヴィトゲンシュタインが、言語ゲームのアイデアを通じて言いたかったのは、この世界の意味や価値は、権力などによらなくても、人びとのふるまいの一致によって、ちゃんと支えられているということだ」

第一次世界大戦の惨状を最前線で体験したヴィトゲンシュタインは、政治家の演説の修辞なぞは最も嫌うんだろうな。

「法のルール説は、国家権力に反対しない。そのかわりに、国家権力も、ルールに従うべきだとする。法や権力は、強制力(暴力)の裏付けがある」そしてそれは「人びとの承認にもとづく」と。

「人びとの承認」って闇金かなんかの金銭消費貸借契約証書をろくに読まないでハンコつくようなもんだ。「利息がベラボウじゃないかあ」と言うと、
「ほら、認めたじゃないっすか」ぺらぺら(証書をなびかせる音)

「ポストモダン思想は、「大きな物語は終わった」と宣言する」
すると、
「この世界(自由主義社会、資本主義経済)に、いやおうなしに閉じ込められている、という感覚になる」

仮想敵が喪失すると閉塞感を感じるのかも。で、作者のポストモダン思想批判。まんま「セカイ系」で括れちゃう。

「批判のやり方がどれだけ、目新しいか。-略-批判のやり方が、どれだけ洗練されているか。批判がファッションになったので、ポストモダン思想は、消費社会に受け入れられた」

いま思うと、ニューアカ以降こうだった。いまもか。おもしろ表現主義というのか。「コミット」することは、ダサイ、クサイって風潮が。作者はひょっとしていわゆるゼロ年代の批評あたりを批判していると思うのは、深読みし過ぎか。

「ヴィトゲンシュタインは、意味や価値の生まれる土台、言語ゲームを発見した」

フーコーの唱えたエピステーメーの土台、土台の土台。そう理解していいのだろうか。ヴィトゲンシュタインLoveを感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/08 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/26 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/27 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/13 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/11 05:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/02 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/10 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/25 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/11 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/08 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/03 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/30 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 06:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/25 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む