サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

20%OFFクーポン(1015-18)

愚物語(講談社BOX)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/08/19
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • ISBN:978-4-06-283889-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

愚物語

著者 西尾維新,VOFAN

“それじゃあ、僕の勝利を祈っていて。この世界と、きみが愛する人達のために”阿良々木暦を監視する式神童女・斧乃木余接。死体の付喪神である彼女が挑む、命がけの死闘とは!?<物...

もっと見る

愚物語

1,404 (税込)

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 16.0MB 無制限
Android EPUB 16.0MB 無制限
Win EPUB 16.0MB 無制限
Mac EPUB 16.0MB 無制限

愚物語 (講談社BOX <物語>シリーズ)

1,404(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。
電子書籍ストア
2018年秋 映像化作品
ポイント5倍キャンペーン!
こちらは「2018年秋 映像化作品 ポイント5倍キャンペーン」対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年10月6日(土)~2018年10月19日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“それじゃあ、僕の勝利を祈っていて。この世界と、きみが愛する人達のために”
阿良々木暦を監視する式神童女・斧乃木余接。
死体の付喪神である彼女が挑む、命がけの死闘とは!?
<物語>は育ち、走り続けて燃え盛る!
<物語>シリーズ第20巻

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

待ちに待った…

2015/10/11 08:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ichibo - この投稿者のレビュー一覧を見る

来春に全ての始まりとなる「傷物語」の劇場公開を控え、物語シリーズの後日譚の始まり(1話はミッシングリンク)となる本巻がいよいよ刊行されました。
私のように待ち焦がれていた人達がどれだけいたのか、発売前週には予約販売数だけで売上げ総合2位にまでなっていましたね。
味わいながら読みながらも、ものの2時間で読み終えてしまいました。
期待通りの内容で、西尾作品としてはめずらしく、言葉のこねくり回しが少なく、爽快に読み進められます。
特に、一番ページ数が費やされた1話目が気に入りました。
続編が今から楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさかのシリーズ続投

2015/11/16 19:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウメタロウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

完結した物語シリーズからまたも新刊です。やや回りくどいですが、老倉育の阿良々木くんの嫌いようが微笑ましいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

萌える愚か者たち

2017/08/23 19:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hontoカスタマー - この投稿者のレビュー一覧を見る

終物語後に上梓されたスピンオフ作品3編。各作品、老倉育、神原駿河、斧乃木余接主観で展開される。上手くやろうとすればするほど、思い通りにいかずドツボにはまっていく様は傍から見ると、笑えたり、微笑ましかったりするものだが、人の思っていることが分からないで、どうして良いかわからなくなることは誰にでもあるのかもしれない。こんな風に人間関係に溺れている人を助けるセーフティネットはあるはずもなく、「自分で勝手に助かるしかない」のだろう。そうして少しづつ老獪な大人になるのだが、それが良いことなのかはわからない。
彼らは卓越した何かを持つ天才なのだが、天才も一つ間違えると飛んだ愚か者になってしまう。愚者を描いて天才を定義したかったのと、天才と愚者の境目を笑いながら読める作品を作者は描きたかったのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだまだ続きそう

2016/01/25 08:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

オフシーズン1作目は暦くん不在、老倉育の「そだちフィアスコ」、神原駿河の「するがボーンヘッド」、阿良々木月火(&斧乃木余接)の「つきひアンドゥ」、脇役ヒロインのスピンアウトもの。でも、他の2作はともかく「するがボーンヘッド」は、「海外で羽川先輩が大変なことになってて、暦くんもそっちにかかわっている」という伏線もあり、案外ここから膨らまして、暦くん卒業後の1年間を6冊くらい書いちゃうんじゃないのって気もします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待望の新作「愚物語」

2016/01/21 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:デュラッカーノ - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的に大好きな物語シリーズの最新作、「愚物語」ただ、今回はイマイチ…イマイチといっても物語シリーズの中ではイマイチ。登場人物少なめ、新しい話で過去の伏線の回収などはない。ただし、最初にもいったように、西尾維新、物語シリーズ自体がおもしろい。これもそのうちの一つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

完結した物語を続ける勇気!

2015/10/27 22:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:部頼安明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネクストシーズン「接物語」ではなかったが、オフシーズン第一弾として、完結したはずの物語シリーズが復活。本編の「完結」した世界を崩さない、いわばスピンオフ的なお話が3編。これはカバーにある、「100パーセント趣味で書かれた小説です。」という著者の言葉を、そのまま受け取って読むのが正解であろう。過剰な期待をしないで、といったら著者に失礼かもしれないが、肩の力を抜いて、物語シリーズを読み続けられる喜びに浸りながら読むのが一番楽しい。こうなったら、とことん続けてほしい。回収すべき、というか、回収できそうな「伏線」は既刊のなかでいくらでもあるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こじらせ女子老倉。

2016/01/10 10:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこまでいっても彼女の中心はこよみんなんだな、と思わせる『そだちフィアスコ』。
ぎちぎちに自分も他人も追い詰める老倉のキャラは、初出の時には「なんだこいつ」と思ったものだが、どこかで共感してしまうところがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/29 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/18 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/22 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/17 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/08 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/02 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/11 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/17 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る