1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 学術文庫
  5. 講談社
  6. 講談社学術文庫
  7. 【期間限定価格】中世再考 列島の地域と社会
【期間限定価格】中世再考 列島の地域と社会(講談社学術文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/07/01
  • 販売終了日:2016/07/07
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • ISBN:978-4-06-159448-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】中世再考 列島の地域と社会

著者 網野善彦

日本中世史の諸説に様々な疑問を提出した小論集。「平民の自由」「民衆の生活史」「東国と西国」「百姓」「海民」など、著者が現在も徹底して追究し、多くの成果をあげている、数多く...

もっと見る

【期間限定価格】中世再考 列島の地域と社会

税込 578 5pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.5MB 無制限
Android EPUB 9.5MB 無制限
Win EPUB 9.5MB 無制限
Mac EPUB 9.5MB 無制限

中世再考 列島の地域と社会

税込 825 7pt

中世再考 列島の地域と社会

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.5MB 無制限
Android EPUB 9.5MB 無制限
Win EPUB 9.5MB 無制限
Mac EPUB 9.5MB 無制限

中世再考 列島の地域と社会 (講談社学術文庫)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本中世史の諸説に様々な疑問を提出した小論集。「平民の自由」「民衆の生活史」「東国と西国」「百姓」「海民」など、著者が現在も徹底して追究し、多くの成果をあげている、数多くの研究主題の原点が提示されている。常民文化研究所で著者に強い影響を与えた民俗学者、宮本常一に関する論考も収録。

目次

  • 学術文庫版まえがき
  • 序にかえて
  • I
  • II
  • III
  • IV
  • 原本あとがき
  • 初出一覧

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

中世の情報を、観点を変えて見直す

2017/02/18 09:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:馮富久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年読んだ『日本の歴史をよみなおす(全)』 をさらに深掘りしたいと思い、買った本。

ですが、買っていたことをすっかり忘れていて、1年後にようやく読了。

さて、今回は日本のいわゆる鎌倉時代~江戸時代に焦点を当て、当時の平民(日常的な人たち)について、資料をもとに考察されています。

以下、個人的に印象的だったところ。

- 自由という言葉の定義は東洋(中国)から入ってきた「専恣横暴な振舞をする」というマイナスの意味の語義が、徐々に「拘束を受けない」という西洋的なフリーダム、プラスの意味の言葉に変わった
- 上記に伴い、もともと貧困を意味する「無縁」という言葉も「自由」を表す意味になってきた

というように、まず言葉の変化を時代とともに考察し、このあたりはいつの時代でもあることなんだろうな、と。すると原理主義的なアプローチと革新主義的なアプローチのぶつかり合いは当時どうやって解決していたのかなどまでちょっと想像を膨らませたり。

あとは、前作でも強く書いていた、「日本の平民=農民」という固定観念に対して、日本は「海民」であり、近隣の島国と積極的に交流していた国民性を持っていたという考え方。

今回はそれについて、たとえば、これまで多くの検証で使われている資料は、あくまで一般人が将軍などのお上に提出する書類であり、その内容自体にある程度のバイアスがあったのでは、逆に、お上が一般人を罰するときに召し上げる財産目録のほうが正しいという考え方のもと、その目録から一般人の生活水準を考えていくという、これはなるほど、という考え方などが多々書かれていて、目からウロコでした。

また、日本の国民性に関する記述で、島々の交流があったという1つの仮説として、尾張(名古屋)を挟み、東西の違い、さらに東(鎌倉)と西(京都)との対立には、東は九州との交流が深かった、西は東北との交流が深かったという、地域性からの考察なども大変興味深かったです。

話が変わって、2020年の次期学習指導要領でさまざまな変更が加えられている今(2017年)、たとえば鎖国という表現もなくすとか。そのあたりについても、こういった考察からの裏付けを増やすことで、きちんと変更していくこは意味があるんじゃないかと思っています。

網野さんの本は気づきが多いのでまた別のものも読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/12/03 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/03 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/23 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。