サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/07/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-111006-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

米内光政(新潮文庫)

著者 阿川弘之

「米内光政は国に事がなければ、或いは全く世人の眼につかないままで終る人であったかも知れない」(小泉信三)。海軍兵学校の席次は中以下、無口で鈍重と言われた人間が、日本の存亡...

もっと見る

米内光政(新潮文庫)

税込 924 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.2MB
Android EPUB 5.2MB
Win EPUB 5.2MB
Mac EPUB 5.2MB

米内光政 改版 (新潮文庫)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「米内光政は国に事がなければ、或いは全く世人の眼につかないままで終る人であったかも知れない」(小泉信三)。海軍兵学校の席次は中以下、無口で鈍重と言われた人間が、日本の存亡のときに当り、自らの手で帝国海軍七十余年の栄光を葬り去った。一億玉砕よりも、未来ある敗戦に賭けて……。最後の海相の人物と識見を描いて、危機に際しての真の指導者とは何かを問う、感動の記録文学。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (15件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この芒洋から何を汲み出せるか

2007/04/08 21:54

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

軍部特に海軍にも開戦反対の動きはあったという引き合いによく出されるのが米内光政。昭和12年から14年に海軍大臣。翌年総理大臣となるが半年で総辞職。それから間を置いて、小磯、鈴木貫太郎、東久邇宮、幣原内閣で海軍大臣。三国同盟に反対、開戦に反対、それで内閣は引きづり降ろされる。終戦のために動くが捗々しく進まずに、結局は無条件降伏。敗戦処理に働く。
見識としては、ベルリン滞在などの経験もあるが、山本五十六、井上成美などと足並みを揃えて協調したことを考えると、海軍の人材育成からはある程度当たり前のようでもある。ただ当時の陸軍の独走、強硬な論調、それに引きずられた世論になびかなかったのは、特異とも言える。結局日本を戦争から救ったかというと、破滅へ向かう道に相当に水を差した。これは相当に戦略的に行動しなければ難事だ。米内がいなければ相応の人物が代役をしたかもしれないが、まずは大きな功績ではある。分かりやすさから言えば、ある種つかみ所の無い人物のようでもあり、そういう人物像を資料を丹念にあたって、淡々と、しかし歴史上の位置付けを明確に照らしだしたのが本書だ。
乱世が来るべき時に、必要な、是非にいてもらいたい人物ではある。では我々の社会は再度このような人物(山本でも井上でも)を輩出することができるかというと、正直のところ自信が無い。あるいは生まれうるとしても、当時よりさらに強い世論(メディア)の力で圧殺されるのではないかという危惧もある。
一方では、米内のような人物の育て方、これは難題。美丈夫で女によくもてたという。自己実現のために、権力や愛国心を依りどころにする必要が少なかったとは言える。しかしそれは人間に取っては如何ともしがたい才能である。せめてそのような人物、あるいはその対極のような人物(玉音盤を奪おうとした陸軍軍人のような)を見分ける目も、我々は育てていない。
だからもう一方の、このような人材を活かす(殺さない)社会でありうるか、それにも自信を持てない。
もう八方塞がりである。一つの解は、一人の英雄に頼らない成熟した社会。実は戦後の(戦前も)日本はこれに近かったとは思うが、暴走するカリスマに対しては極めて脆弱でもあるのも現代史が示す通り(それは日本に限った話では無いが)。歴史を繰り返して、いつかは何かしら教訓を得る日が来るのだろうと、なんかそんな妄想を呼び起こされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/01/25 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/07 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/17 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/11 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/09 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/24 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/14 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/17 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/18 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/27 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/20 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/01 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。