サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/08/19
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-114109-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

櫻守(新潮文庫)

著者 水上勉

丹波の山奥に大工の倅として生れ、若くして京の植木屋に奉公、以来、四十八歳でその生涯を終えるまで、ひたむきに桜を愛し、桜を守り育てることに情熱を傾けつくした庭師弥吉。その真...

もっと見る

櫻守(新潮文庫)

税込 781 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.9MB
Android EPUB 4.9MB
Win EPUB 4.9MB
Mac EPUB 4.9MB

櫻守 改版 (新潮文庫)

税込 825 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

丹波の山奥に大工の倅として生れ、若くして京の植木屋に奉公、以来、四十八歳でその生涯を終えるまで、ひたむきに桜を愛し、桜を守り育てることに情熱を傾けつくした庭師弥吉。その真情と面目を、滅びゆく自然への深い哀惜の念とともに、なつかしく美しい言葉で綴り上げた感動の名作『櫻守』。他に、木造建築の伝統を守って誇り高く生きる老宮大工を描いた長編『凩』を併せ収める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

櫻を愛するということ、それは日本を愛するという心。

2012/04/05 11:33

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本に出会えて良かったとか読んで大きな感銘を受けたという本はまま有るが、日本人で良かったと、こと櫻というただ一つのものにつけ、共感できる、心で感じることが出来ることにこれほど感動を覚えたことはなかった。
ひとことにサクラといっても、桜にはその時代、土地と人々により様々な意味と歴史とドラマが有り多くの日本人に愛でられ親しまれてきた。(戦中戦後を生きた方の中には櫻に涙する、死を連想する方もおられることだろう)
そして「残念なことに」といっておく、本作でも嘆かれているように今や日本のサクラはソメイヨシノばかりである。
花見客はござの上の酒と馳走を前に、上を見上げて青空に映えた白い鮮明なこの花を賞賛する。
いや、それはそれで良いのだ。ソメイヨシノも美しいしこれもまたサクラなのだから。

けれど、本作で一人の男を虜にしたのは、日本に古来から有る種、平安に歌にも詠まれていた山櫻である。
花をつけつつも侘び寂びをその茶色い葉とエンジ色のガクに残す、その濃淡はなんとも大人びていて艶っぽい山櫻。
華やかで暗がりひとつない真っ白のソメイヨシノは例えていうならまだうら若い生娘、舞妓のよう。
それに比べて山櫻は・・・芸妓か芸者か、はたまた太夫か。いずれ年増の円熟した影のある艶やかな女性を思わせる。

彼を捕え続けたのは、木挽の祖父と其の横で脚もあらわに戯れる母が妖艶なほど美しく、山櫻の下で睦み合っていたそのワンシーン。その光景は何度も何度も彼の脳裏をよぎり、初夜も櫻の下、生きるも死ぬも櫻の下と、彼を生涯離さない物となった。
本作のラスト。彼に劣らぬ櫻狂いの師匠も、彼の妻も息子も仕事仲間も誰もかも、彼がなぜそこまで櫻に執着し櫻を愛したのかが終ぞ理解できなかったというくだりがある。
けれど彼に生命を与えた母と、彼に人生も道を用立てた祖父とが美しき山櫻の下で混じり合うこのワンシーンがその疑問の答えと成ることを、読者である私たちだけは知ることが出来るだろう。
本作品に描かれるのはひたすらに一人の植木屋の櫻馬鹿な生涯、そして戦後次々と失われていく古き良き日本の櫻と自然の有り様であり、誰かが彼を思い出すかのように淡々と語られていく。

どうか隅から隅まで、それこそ一本の櫻の紹介ひとつひとつにまで目を向けてほしい。
この作品にはある男の真実と、日本の歴史と櫻の過去現実が克明に描かれている。
もうすぐ花見だ。

某冊子で「桜が好きか?」「桜といて思い浮かぶ物は?」というアンケートがあった。その結果は9割以上の日本人が「桜が好き&大好き」であり、たしか1/3以上が「青空」を思い浮かべたという。
この数字をみてきっと彼は苦笑するに違いない。あるいは落胆か。
この数字を支えるほとんどの桜はソメイヨシノに違いない。
青空に映える白い華やかな大振りの桜。賑やかな宴会と酒と歌と。

古来日本で良しとされた彼の愛する風景、黒々とした山を背景にした櫻は、もう殆ど忘れ去られている。
ソメイヨシノが悪いとは言わない。大いに結構だ。がしかしどうか今一度、サクラが好きだというなら今一度、櫻についてもう少し深く思ってほしい。
櫻は日本の花、日本人におそらく最も広く愛される花。それを誇れるだけの礼儀を私は持ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

職人の日本

2018/09/08 06:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

「櫻守」は、植木屋に奉公に出て以来、桜に取り憑かれた男の一生。それはごく平凡な職人の生き様でもある。当たり前に腕を磨き、目利きの間では多少名も通るようにはなるが、なんの名誉も栄光も手にはしない。無数にいる職人たちの一人なのかもしれない。その仕事一筋の生活の中で、妻との出会いと生活も抒情的だが、昭和初期の戦前から戦後までの移り変わる時代は、芸能の分野でも大きな影響を受け、それらの不合理さへの戸惑い、批判的な視点もまた一つの柱となっている。この時代に成長した彼は、作者と同世代であり、世間を見る目、見られる目線とうところでは共通の基盤を持っているだろう。そしてもう一つは、主人公が師事する桜の研究の第一人者である植物学者の存在で、これは実在のモデルがあるという、分類学に耽る研究者ではなく木を植え、接ぎ木をする技術に生涯を捧げた人物であるという。この師匠と主人公のともどもに語るのは、接ぎ木が容易だというだけの理由でソメイヨシノばかりがもてはやされ、日本の山々で古来からの多くの桜の品種が消えていくことへの無念さだ。さらにその根底に、里山に手をかけて森林を守る仕事が忘れ去られていくことへの嘆きがある。そしてこの師匠は、ダム建設で水没する村の桜の名木を移植するという難事業を手がける。これら桜を巡る様々な思いが、一人の職人の目を通して語られるが、そのストーリーよりもなによりも、全編に現れる桜の花、それを映えさせる背景の山々の描写の美しさがやはり圧巻と言わざるを得ない。その美しさがあるからこそ個々の主張が説得力を持ち、職人の人生にも代え難い価値を見いだせる。また大局を見据えた確かな批評眼の上での美意識であるゆえに、描写に意味が生まれる、その相乗効果が、日本の美意識を際立たせているのだ。
「凩」は老年に差し掛かった宮大工の日常で、これもまた主人公の目に映る様々な建築物への批評がずんと重みを持つ。すでに仕事は隠退といってよく、娘がインテリアデザインとかいう奇妙な名前の仕事を持つ男と事務所を開くのだと、山間の土地は売って京都に住もうと言ってくるのに抵抗を感じるが、結局は家の土地は売ってしまう。だが都会に住んでビルやアパートを眺めていると、どれも安っぽく、とても住みやすいようには見えない。そりゃ宮大工が丹精込めた建物とは違って、安くてすぐ壊れるようにできているのだが、それが文明の進歩なのかと問われればたじろぎはしても、走り続けなければいけないのが現代だ。ここでも彼の手がけた建造物の精緻さ、現代建築との違いの描写が確かな説得力を生み、ただ価値観の違いと言って片付けられない力が感じられる。そして彼は最後の生き場所を求めて、山に残していた土地に帰っていくのだが。
どちらも京都周辺の柔らかげな言葉で語っているのだが、たぶんそれゆえに古い日本の美しさについての圧倒的な自信が際立つようで、関東育ちの僕にはそこで圧倒されたりするが、そこは割引きしようのない筆力なのだろう。なにも高踏な趣味論、芸術論をかざさなくとも、ただものの造作を語るだけで、厳しい文明論を現前させてしまう、弱々しく平凡な生活者の凄みがここにあるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/03/27 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/09 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/17 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/10 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/06 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/11 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/09 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/27 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/27 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/27 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/06 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/21 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。