サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

KADOKAWA ライトノベル全品ポイント50倍(~5/5)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. [図解]大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
[図解]大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/25
  • 販売開始日:2016/08/25
  • 出版社: KADOKAWA/中経出版
  • ISBN:978-4-04-601754-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

[図解]大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

著者 著者:井堀 利宏

20万部を突破したベストセラーの図解版。おさえておきたい大切なポイントだけを集め、豊富な図解でやさしく経済学の知識を身につけることができるようになる一冊です。

[図解]大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

999 (税込)

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

〈図解〉大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

999(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 31.5MB 無制限
Android EPUB 31.5MB 無制限
Win EPUB 31.5MB 無制限
Mac EPUB 31.5MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

確かにざっと学べます。

2017/01/15 15:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Herose - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル通りざっと学べたように思います。図が単純でわかりやすく、簡単な内容のものは説明をおろそかに読んでも図だけ眺めていれば理解できそうです。いったん読み終えた部分で忘れてしまった内容も図をみればすぐに思い出せます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

経済学

2017/03/30 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カツヒコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

約一週間で読めて良かった!
が、理解するために、もう一度読み直したい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/23 18:30

投稿元:ブクログ

元の本よりもさらにコンパクト
同じ図表でも、カラーで大きい方がわかりやすいな。
でも、どちらか一冊でいいか。

2016/12/03 10:06

投稿元:ブクログ

[読んだ理由]
テレビで経済学が心理学的な要素を含んでいて興味深く、経済学自体にはあまり興味がないため、上辺だけでもさらっとわかるような本を探していたら合致したタイトルがあったため

[メモ]
経済学:様々な人や組織が市場でモノやお金を行動しあう行動を、ある仮定の下でモデル化し、シンプルかつ理論的に説明しようという学問

合理的な行動(最適化行動):ある経済学的な目的を達成するために、与えられた制約の中でもっとも望ましい行為を選択する行動

限界:増加分のこと(例えば、限界コスト、限界メリット)
限界コスト:1単位だけ余計にその財を購入するときにかかる総コストの増加分
限界メリット:財を一つ買うことで得られる満足度を金銭的な大きさに置き換えたもの
例:リンゴを1個買うときの満足度は200円、2個目買うときには180円、3個目買うときには160円と満足度は下がる

市場:財・サービスの売り手と買い手が価格を仲立ちにして売買が行われる場所

ゲーム理論:寡占市場での戦略的意思決定に関する理論
[考え方]
ある主体が意思決定する際に、ほかの主体が自分の行動にどう対応してくるか予想した上で、自分にとって最も有利となる行動を決定する
戦略:主体が選択できる行動
ペイオフ:それぞれの戦略を選択した結果、各主体が手にできる利益
ナッシュ均衡:お互いの戦略を前提に、最適な戦略を選択している状態
囚人のジレンマ:お互いが協力し合えば双方に利益となるにもかかわらず、損することを恐れてお互いが裏切りあい、結果として双方が損することと言う状況を論理的に説明したもの
囚人のジレンマの前提:ゲームが1回限りである
繰り返しゲーム:たった一回のゲームなら非協力しか考えない主体であっても、何度も同じゲームを同じ相手と繰り返す場合には、お互いに協力し合って、相手と利益を分かち合おうとする誘因が生まれる場合がある(カルテルとか)
フォークの定理:1回目はナッシュ不均衡になるが、2回目以降協力関係を築き、ペイオフが最大になるナッシュ均衡になる命題