サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

刀語 第二話 斬刀・鈍(講談社BOX)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 63件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/09/30
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • ISBN:978-4-06-283604-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

刀語 第二話 斬刀・鈍

著者 西尾維新,

「あんたはまだその程度にしか虚刀流を知らないということだ」無刀の剣士・鑢七花(やすりしちか)と野心を秘めた謎の奇策士・とがめは、一路、西へ!伝説の刀鍛冶・四季崎記紀(しき...

もっと見る

刀語 第二話 斬刀・鈍

1,188 (税込)

ポイント :11pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 14.6MB 無制限
Android EPUB 14.6MB 無制限
Win EPUB 14.6MB 無制限
Mac EPUB 14.6MB 無制限

刀語 第2話 斬刀・鈍 (講談社BOX)

1,188(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あんたはまだその程度にしか虚刀流を知らないということだ」
無刀の剣士・鑢七花(やすりしちか)と野心を秘めた謎の奇策士・とがめは、一路、西へ!
伝説の刀鍛冶・四季崎記紀(しきざききき)が完成させた“刀”は12本――残る11本は誰が? 何処に?
刀語、第2話の対戦相手は、因幡砂漠に聳え立つ下酷城・孤高の城主、宇練(うねり)銀閣!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー63件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

まにわに、っていう言葉で遊んでる、そのセンスに震えますねえ。これで『化物語』のレベルに急接近。勿論、合格です

2007/04/28 22:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ま、第二話になってリズムが出てきたな、とは思います。特に、冒頭であっさり真庭忍軍の一人通称『逆さ喋りの白鷺』が殺されてしまうあたりは、圧巻というか想定外というか。こういうキャラは、さすが山田風太郎も書かなかった。ま、バカバカしいと斬り捨てることは簡単ですが、面白い。
画・竹う
筆:平田弘史
本及び箱装幀:ヴェイア
版面構成:紺野慎一(凸版印刷)
本文使用書体:FOT-筑紫明朝 Pro L
序章
一章 因幡砂漠
二章 宇練銀閣
三章 落花狼藉
終章
で、やはり維新の語り口がいいのですが、特に24頁
「て言うか・・・・・・とがめ、個性競争に限らず、その基準が何であっても、おれは個人的に、まにわにの連中と較べるのはやめて欲しいぞ」
まにわに。
暗殺専門集団真庭忍軍が、えらく萌え系の略称になってしまった。
むろん七花に自覚はないし、時代的にとがめもそれに気付かず、「まにわに。うん、なんだか呼びやすくていいな、それ」と、積極的に採用してしまう有様だった。
哀れなり。
それから、今回の巻で最も魅力的な存在、「秘剣、零閃」を使う、四季崎記紀の作りし変体刀千本のうち、その完成形12本の1本——斬刀『鈍』の持ち主で、因幡砂漠に聳え立つ下酷城・孤高の城主、宇練銀閣がいいです。冒頭の鑢七花ととがめの決め台詞問答がラストに繋がるのも、合格。
ま、「チェスト」が「チェリオ」になるのは愛嬌でしょう。ともかく、口癖になりそう、まにわに。うーん、維新くん、好きですよ、これなら先が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神速の居合い

2015/03/21 06:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

一刀両断できないものは無いというほどの切れ味を持つ斬刀「鈍」を使うは神速の居合いを受け継ぐ宇練一族の十代目、宇練銀閣。刀を持たない虚刀流 鑢七花と奇策師とがめはいかに神速を破るのか。一気読みしたら八つ裂きになってるかもしれないのでご注意を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/20 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/26 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/05 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/31 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/26 08:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/17 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/26 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/03 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/03 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/06 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/02 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/05 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/31 03:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社BOX ランキング

講談社BOXのランキングをご紹介します一覧を見る