サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 集英社
  6. 集英社文庫
  7. 【期間限定価格】【電子特別版】オーパ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/09/16
  • 販売終了日:2016/09/29
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-750402-6
一般書

電子書籍

【期間限定価格】【電子特別版】オーパ!

著者 開高 健,高橋 昇(写真)

【オリジナル写真満載!】何かの事情があって野外へ出られない人、海外へいけない人、鳥獣虫魚の話の好きな人、人間や議論に絶望した人、雨の日の釣師……すべて書斎にいるときの私に...

もっと見る

【期間限定価格】【電子特別版】オーパ!

税込 880 8pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 71.5MB
Android EPUB 71.5MB
Win EPUB 71.5MB
Mac EPUB 71.5MB

【電子特別版】オーパ!

税込 1,100 10pt

【電子特別版】オーパ!

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 71.5MB
Android EPUB 71.5MB
Win EPUB 71.5MB
Mac EPUB 71.5MB

オーパ! (集英社文庫)

税込 1,056 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【オリジナル写真満載!】何かの事情があって野外へ出られない人、海外へいけない人、鳥獣虫魚の話の好きな人、人間や議論に絶望した人、雨の日の釣師……すべて書斎にいるときの私に似た人たちのために。──開高健は本書巻頭にそう書いた。南米の大河アマゾンの釣魚・冒険・文明論ノンフィクション。稀代の文章家の猛烈な表現力で記されたこの伝説の旅は、その驚き(オーパ!)の豊かさ、深さ、面白さで、また、その文明論の射程で、いまだ他の追随を許さない。追うのは巨大魚ピラルクー、肉食魚ピラニア、黄金のドラド、名魚トクナレ……。旅程はアマゾン河口の街・ベレン、冒険の基地・サンタレン、大湿原の入口・クイヤバ、砂漠の人工都市・ブラジリア……。その美、その食、その壮大。心躍る紀行文学の古典がオリジナル写真満載の電子特別版で登場。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

写真満載 臨場感たっぷり

2011/09/29 13:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pokhara - この投稿者のレビュー一覧を見る

多数のカラー写真と開高健の熱い文章で、まるで自分もアマゾン河で一緒に釣りをしているような気分に浸れる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつ読んでも、何度読んでも、オーパ!

2019/09/24 17:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近のワールドニュースで心配されるのが、アマゾンでの尽きることのない森林火災の問題だ。
 アマゾンでの火災は以前から行われていて、1977年にアマゾンを訪れた作家開高健はその様子をこの本の中でこう記している。
 「燃えつきたところでは黒焦げになってたったり、たおれたりしている無数の木の散乱が巨獣の集団墓地のように見えた。(中略)災厄の前兆宇としての業火なのか、豊産と健康のための浄火なのか、それとも業火にして浄火であるのか、私にはわからない」
 それはまるで開高の予言でもあるかのようだ。

 この作品はなかなか長編小説が書けないで倦んでいた開高がブラジルの友人からの誘いに歓喜し、自ら当時の「PLAYBOY」という雑誌の編集長の企画を持ち込み採用された、ブラジル・フィッシングの旅行記だ。
 だから、トクナレやピラルクー、ドラドといった珍魚怪魚の釣果を目指し奮戦する姿は当然描かれるが、先の森林火災の記述のように文明批評の目はさすがに確かで、そのあたりはノンフィクション作家としての開高を見ることになる。

 ブラジルの友人からの誘いの言葉に、開高の文体には「いい年をした大人衆をそそのかす要素があるらしい」という一文があったというが、まさに開高の文学を的確にとらえた評価といっていい。
 この本にはどこを切ってもそんな魅力のある要素が盛り込まれている。
 どこを読んでも、「オーパ!」(ブラジルで驚いたり感嘆したりする時口に出る言葉)なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

釣りに興味のない人も魅せてしまう1冊

2015/08/29 21:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらきら - この投稿者のレビュー一覧を見る

豪快な釣りの様子が迫力ある写真の数々と臨場感あふれる文章で描かれている。

表紙のピラニアの写真が内容を裏切らない。
読んでいて、本の中に宝物がちりばめられているような感覚がした。

正直自分は釣りには興味がない。
それなのに、読んでいくうちに正に引っかかってしまった釣り竿でぐいぐいを引き寄せられるように、この本には惹かれていった。
釣りがしたい、アマゾンへ行きたい、とど素人だから思うのか、とにかく読む人を釣りとアマゾンの世界に駆り立てる。

面白い。
この本を一言で表そうとすると、この陳腐な言葉に行きついてしまう自分の表現力の貧しさに恥ずかしくなるが、他にどう例えればいいのか。

釣り好きの人にも釣りに全く興味のない人にもおススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自然の中へ出たい人ならば。

2020/09/05 19:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨宮司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう何年前になるだろう。兄が買ってきたのを読ませてもらって、「開高健=釣りのおっちゃん」という刷り込みを私の脳に見事にしてのけた本だ。その後は「パニック・裸の王様」や「闇」シリーズを読んで、小説家としての真髄を思い知らされることになる。この釣り紀行は企画の勝利と言えるが、単なる見聞記には留まっていない。「自然と人間」という視点で、ジャングルの焼き畑を早々に断罪しないで「業火なのか、浄火なのか」と考えこむ。現地の人々の生活を、常に忘れずに視野に留めているのだ。今となってはさすがに古さはあるのだが、それでも味読に耐える作品に仕上がっている。釣れた場面よりも、釣れない場面、待つ場面の方が魅力的なのは何故だろう。読む価値のある紀行文の中に、間違いなく入ってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当に面白いと昔は思った

2018/07/07 13:48

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小谷野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読したが初めて読んだ時よりは少し感動しなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/24 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/30 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/18 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/14 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/06 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/12 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/04 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/03 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/18 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。