サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0731)

東京喰種トーキョーグール 映画化記念! 集英社ポイント最大50倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. いま世界の哲学者が考えていること
いま世界の哲学者が考えていること

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/19
  • 販売開始日:2016/09/19
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-06702-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

いま世界の哲学者が考えていること

著者 岡本裕一朗

IT革命とBT革命が人類の未来を変える? 資本主義は21世紀でも通用するのか? 世界が再び宗教へと回帰していくのはなぜなのか? 21世紀最先端の哲学者が描き出す人類の明日...

もっと見る

いま世界の哲学者が考えていること

1,555 (税込)

ポイント :14pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

いま世界の哲学者が考えていること

1,728(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 19.0MB 無制限
Android EPUB 19.0MB 無制限
Win EPUB 19.0MB 無制限
Mac EPUB 19.0MB 無制限

電子書籍全品対象!
20%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月24日(月)~
2017年7月27日(木)23:59


電子書籍全品
ポイント最大50
キャンペーン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2017年7月1日(土)~
2017年7月31日(月)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

IT革命とBT革命が人類の未来を変える? 資本主義は21世紀でも通用するのか? 世界が再び宗教へと回帰していくのはなぜなのか? 21世紀最先端の哲学者が描き出す人類の明日とは。AI、遺伝子工学、フィンテック、格差社会、宗教対立、環境破壊……世界の難問がこの一冊でクリアに解ける

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

世界の課題

2016/12/15 19:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

IT、バイオテクノロジー、防犯カメラに対する抵抗感の喪失による監視社会など、私たちの世界の課題は増えている。人工知能はどうだろうか。哲学者はこれらの問題を発信し、私たちは考えなければならないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

タイトルから…

2016/11/26 19:48

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからどうなのかな…?と気になり、読んでみました…!(*^-^*)
なるほど…!と納得できることが多く、また、読んでて面白かったです!o(`^´*)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

哲学

2016/10/30 18:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

哲学の現在の状況をわかりやすく解説している。6つのカテゴリーに分けて主要テーマ、論点を紹介し、参考文献も示してくれる。世界の哲学者が考えていること、IT革命、バイオテクノロジー、資本主義の21世紀、宗教、地球環境問題の6つだ。
 現代生活のなかでは日常茶飯事に出てくる話題が多い。グローバル化し、発散していく社会の中で、個人としてどう生きるか、宗教や倫理学とも異なる哲学の必要性が浮かび上がってくるのだろう。新しい時代に新しい哲学の構築が求められるのだろうか。各テーマ毎にブックガイドが付いており、次の読むべき図書を選ぶ際に参考になる。
 しかし、こうした解説本がでないと世界の哲学者が考えていることがわからないようでは、一体、哲学するということは何なのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすいが、少し物足りないかも

2017/03/22 23:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題の本ということで、電子書籍で購入して通読。

まず、「哲学者が考えていること」を紹介する本であり、哲学書ではない。
人工知能(AI)や遺伝子工学、環境問題などの現代的な問題について、世界の哲学者(必ずしも哲学者でない人も含まれているが)が、どう論じているかを紹介してくれる。

文章は平易で読みやすい反面、文字通り考え方の紹介に過ぎないので、いわゆる哲学書のような深みはない。本書の中でも、テーマ別に、もっと詳しく知りたい人のための参考文献が掲載されている通り、さまざまな考え方の入り口を学ぶための本。

一読する価値はあったと思うが、もう少し重厚な内容を期待していたので、ちょっと物足りなさも感じたので、評点は3点。
ただ、軽めの概説書、というニーズには応える本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/04 02:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/16 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/16 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/01 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/25 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/21 08:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/01 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/18 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/22 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/25 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/03 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む