サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

SS 双葉社 ポイント50倍CP(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論
問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/23
  • 販売開始日:2016/09/23
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-661093-8
一般書

電子書籍

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論

著者 エマニュエル・トッド,堀茂樹・訳

大ベストセラー『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』に続く第2弾! 現代最高の知識人、トッドの最新見解を集めた“切れ味抜群”の時事論集。テロ、移民、難民、人種差別、経済危機...

もっと見る

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論

880(税込)

ポイント :8pt / 紙の本より16おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)

896(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.4MB 無制限
Android EPUB 7.4MB 無制限
Win EPUB 7.4MB 無制限
Mac EPUB 7.4MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大ベストセラー『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』に続く第2弾!
現代最高の知識人、トッドの最新見解を集めた“切れ味抜群”の時事論集。
テロ、移民、難民、人種差別、経済危機、格差拡大、ポピュリズムなど
テーマは多岐にわたるが、いずれも「グローバリズムの限界」という問題に
つながっている。英国EU離脱、トランプ旋風も、サッチャー、レーガン以来の
英米発祥のネオリベラリズムの歴史から、初めてその意味が見えてくる。

本書は「最良のトッド入門」でもある。知的遍歴を存分に語る第3章「トッドの
歴史の方法」は、他の著作では決して読めない話が満載。
「トッドの予言」はいかにして可能なのか? その謎に迫る 日本オリジナル版。

「一部を例外として本書に収録されたインタビューと講演はすべて日本で
おこなわれました。その意味で、これは私が本当の意味で初めて日本で
作った本なのです」(「日本の読者へ」より)

【目次】
日本の読者へ――新たな歴史的転換をどう見るか?
1 なぜ英国はEU離脱を選んだのか?
2 「グローバリゼーション・ファティーグ」と英国の「目覚め」
3 トッドの歴史の方法――「予言」はいかにして可能なのか?
4 人口学から見た2030年の世界――安定化する米・露と不安定化する欧・中
5 中国の未来を「予言」する――幻想の大国を恐れるな
6 パリ同時テロについて――世界の敵はイスラム恐怖症だ
7 宗教的危機とヨーロッパの近代史――自己解説『シャルリとは誰か?』

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

日本について

2017/02/07 23:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本に関係する言及がたくさんあります。特に少子化は日本の最大の課題と言っています。中でも、「子供という存在は、そもそも無秩序なものです。そして、外国人、移民も、社会にある種の無秩序をもたらします。日本人は日本が存続し続けるために、こうした一定の無秩序、混乱、完璧でないことを受け入れる必要がある。」という言葉に、日本に対する深い理解を感じました。ぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絶望と希望を示してくれる!

2016/12/05 22:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dig - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本的に分かりやすい本は読者に短絡的な発想を植えつけるので危険だなと思うのですが、彼の著者はとても理論的で納得させられる部分が多いです。政治・経済の問題をそれぞれの国の家族的な価値観などから分析する点は非常に興味深いです。読んでいて今私達が生きているこの時代が大きな転換期であることを認識しつつ、しっかり地に足を着けて色んな状況に対応していかなければと考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

世界の見方が変わる

2016/11/28 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キートン - この投稿者のレビュー一覧を見る

人口動態や家族構成をつぶさに調べ世界の流れを読む著者の視点が面白い。
今まで考えたこともない視点で見ているのは新鮮。
ロシア、中国、EU、イギリスを明快にそして母国への愛情からの辛辣にして鋭く考察した意見の数々に納得。
今後の世界の流れを知りたい方には一読の価値ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中国は危うい国という意味で脅威だ!

2016/10/15 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソ連崩壊、リーマンショック、アラブの春、ユーロ危機、EU離脱を予見したトッド氏の最新刊。即買いました。
 今回は、ヨーロッパ周辺の現状と未来にとどまらず、米国・ロシア・中国・中東、そして日本の近未来にまで言及しています。
 通常、この手の本は政治・経済からのアプローチというのが一般的ですが、トッド氏は人口学的・家族構造的・社会学的視点から世界各国にアプローチします。このアプローチが有効なのは、上記の通り、世界で起きる事象を誰よりも早くに予見したことで証明されます。
 本書では、日本に対する暖かい眼差しが印象に残りました。また中国は歪な人口構成と過剰な設備投資で悲観的シナリオしか考えられないことや、中国を過大評価する欧州エリート層の思惑が語られ、ナショナリズムに固執する危うさに言及。その鋭い分析に関心しました。
 とにかくお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/05 20:15

投稿元:ブクログ

新たな歴史的転換をどう見るか?
人口論からの解析、トッド氏の独自の言説をまとめた本でした。
1 なぜ英国はEU離脱を選んだのか?
2 「グローバリゼーション・ファティーグ」と英国の
  「目覚め」
3 トッドの歴史の方法――「予言」はいかにして可能
  なのか?
  歴史家トッドはいかにして誕生したか?
  国家を再評価せよ
  国家の崩壊としての中東危機
4 人口学から見た2030年の世界
  ――安定化する米・露と不安定化する欧・中
5 中国の未来を「予言」する――幻想の大国を恐れるな
6 パリ同時多発テロについて――世界の敵はイスラム
                恐怖症だ
7 宗教的危機とヨーロッパの近代史
  ――自己解説『シャルリとは何か?』

という内容ですが、経済学的解析の限界性があり、人口論からのアプローチは、説得力があります。
フランス人でありながら、フランス国内では評価されないトッドさん、日本との親和性はいいようであります。
彼の言っていることには、賛同できる部分が多々ありまして、楽しく読むことができました。

2016/10/27 10:51

投稿元:ブクログ

最近、著作がいろいろ出たり、雑誌に書いていたりするのは知っていたが読むのは初めて。家族のあり方と国家を結びつけるというおもしろいアプローチ。それで、ソ連崩壊とかアラブの春とかを予言し、今回のイギリスのEU離脱も。多少難しく書かれている部分もあるが、インタビューの採録などはわかりやすい。いろいろと考えさせられる一冊。

2016/11/13 17:59

投稿元:ブクログ

グローバリゼーションの崩壊から未来世界について、人口動態、家族形態、教育、宗教観など多彩な指標からデータを分析して解説すると共に、著者自身の学問的背景についても語り、世界を経済だけではなく広い視野で観る重要性を説きます。
地域に根付く家族構造によって、共産主義になったり、教育水準が高くなったりするなどとても興味深い考察が詰まっている好著です。

2016/10/16 23:04

投稿元:ブクログ

ウクライナ問題やトランプ現象等、昨今の大国は「グローバル」から「ネイション」へ回帰しつつある。言うなれば「ソフトナショナリズム」とでも言おうか。かりにそこまで大げさじゃなくとも、主権を守るためにEU離脱を決断した英国の姿勢はなんら不思議ではない。むしろ連合という名のドイツ支配圏と化してしまっているEUこそ危うく、国家的アイデンティティの見えない構成国こそ危険であると著者は説く。人口学という視点からソ連崩壊、リーマン・ショック等を予言し的中してきたからこそ、その説得力に鳥肌がたつ。だが一方で、ナショナリズムが善というわけではなく、むしろ暴走の危険をはらむことを忘れてはならない。そして著者がこのタイトルから本当に言いたかったのはおそらく「問題はISではない、フランスなのだ」。他人を侮辱することと報道の自由とを履き違えるフランスはいま、経済危機と宗教の空白を同時に迎えている。これはナチス台頭を許したかつてのドイツとオーバーラップする。そしてアジアでは中国による挑発行為の連続。ふたたび全体主義が台頭する暗黒の時代がやってくるのだろうか?

2016/12/27 17:32

投稿元:ブクログ

歴史人口学者エマニュエル・トッド氏の来日公演の内容等を本にまとめたもの。

グローバリゼーションをけん引してきた張本人である英米が逆方向へ舵を切ろうとしている昨今の国際情勢を、社会科学と歴史的考察で分析しています。

ここ数年、マスメディアといわゆる知識人の思考パターンは、リベラリズム、グローバリゼーション、ポリティカルコレクトネス等を「絶対正」として繰り広げられてきました。
しかし、歴史や文化、教育、芸術、宗教の観点がごっそりぬけおちているのです。

トッドは、Brexitはマスコミが言うような大衆の気まぐれな失敗などではなく、これまでも歴史を切り開いてきた英国の目覚めであるとしている。

また「私はシャルリ」は、下位の社会階級の人々に対して利己的な態度をとる中・上位階級の人々による無自覚な差別主義の発露であるとしている。

ドイツ率いるEUの行き先は?

先の見えない歴史的転換点で、はたして日本はどうすればいいのか。

マスコミ等が拡散させている言説では何かしっくりこないモヤモヤを感じてしまう人は、ぜひ読むべき本であると言えます。
※ちなみに、トッド氏はフランス人です

2016/10/30 18:28

投稿元:ブクログ

前作に続いて独自の視点で欧州を中心とする世界の動向を解説している。
ただ簡単な本ではないと感じた。欧州のことについての基礎知識を積み上げてから、再び読んでみたい。

2017/01/08 22:53

投稿元:ブクログ

20170106〜0118 アラブの春、ユーロ危機といった事象を予言していったエマニュエル.トッド氏の時事論集。ドイツの頑なな財成規律主義が、他のユーロ諸国を危機に陥らせていること、氏の母国フランスは中央部と周縁部の二つに分かれていること、などが示されている。この議論を読むと、日本人は実に宗教的な国民なのだと考えさせられた。

2016/09/01 17:15

投稿元:ブクログ

【現代最高の知識人の最新作。日本オリジナル版】ソ連崩壊から英国のEU離脱まで、数々の「予言」を的中させた歴史家が、その独自の分析の秘訣を明かし、混迷する世界の未来を語る。

2017/01/30 23:24

投稿元:ブクログ

グローバリゼーションの崩壊から、
『多様性の共生』へ。

人類学的見地からの、家族構成、家族システムによる相違を言及した視点は、非常に感心させられた。

コチラの本は、これまでのと違って、非常に読みやすく、個人的にはほぼ納得がいくものであった。

2017/01/09 19:20

投稿元:ブクログ

トッド氏の著作3作目にして一番わかりやすく
あっという間に読むことが出来た。

個人的な難易度としては

本作<「ドイツ帝国」が…<シャルリとは…

トッド氏の著作は毎度だが
客観的な数字、統計を基にしており
大変説得力があった。

盲信することというのは危険だと思うが
トッド氏の言っていることは非常に確からしいことと思う。

予言していた!などという帯に違和感はあるが
まぁ手に取るためのふれこみとしては仕方ないのかしら。

とにかくまぁ面白かったし為になった。

2016/12/19 23:46

投稿元:ブクログ

伝統的家族形態の延長線上に今日の国際関係論の帰結を求める論はスリリングに感じた
政治学を実証科学的に検証していった結果、宗教学の結論と同じものに至る面白さ

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む