サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

【ポイント50倍】実用「美容・ダイエット」ジャンル商品 全品50倍CP(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済
財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/30
  • 販売開始日:2016/09/30
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • ISBN:978-4-06-272957-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済

著者 上念司

「日本のネットベースの国債は200兆円以下」「国には借金はあるが金融資産が大半の600兆円以上の資産を持つ」……なんでこんな常識を、新聞やテレビは伝えないのか? 消費税増...

もっと見る

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済

810 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 (講談社+α新書)

950(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.8MB 無制限
Android EPUB 10.8MB 無制限
Win EPUB 10.8MB 無制限
Mac EPUB 10.8MB 無制限
【先着18,000名様限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
 ※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月25日(日)23:59まで

※クーポンを取得されていても、利用者が18,000名様に達した時点で終了となります。

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「日本のネットベースの国債は200兆円以下」「国には借金はあるが金融資産が大半の600兆円以上の資産を持つ」……なんでこんな常識を、新聞やテレビは伝えないのか? 消費税増税や金融緩和では、財務省や日銀の思惑を忖度して「ヨイショ記事」ばかりを書いてきた。なぜ「官報複合体」は、かくも強固に結束しているのか? そのカラクリを全て満天下に!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

日本経済に関する教養として

2016/10/25 08:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

経済に関してほとんど学んでこなかったので、改めて学び直す意味で購入しました。巷の大多数意見が悲観論の中、それに対抗するような内容に興味を持ちました。正直書いてある内容がどこまで正しいのかはわからないのですが、一つの見方としては参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/15 10:08

投稿元:ブクログ

このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

2017/01/12 06:13

投稿元:ブクログ

財務省が、自分たちのポチである大新聞を使い、情報コントロール、プロパガンダし、自分たちの好きなように税金を使いたいというメカニズムが分かりやすく書かれている本です。
せめて経済学部出身者が、もっと深くきちんと経済メカニズムを知ったうえで、経済政策を実践していかなければならないのに、なぜか東大法学部出身のものがトップ。
また、きちんとした経済分析情報を流通させなければならないのに、思考停止し、ポチとしての機能だけ発揮する大新聞のていたらく。
しかしながら、財務省もさすがに経済活動上生じてしまう事実・データは改ざんできない。
自分たちに不都合な情報は、見えにくい状態で発信する。
笑ってしまったのは、ギリシャ危機と日本経済が同じだということの根拠である学説が、エクセルの操作を間違え、重大な計算ミスがあったということ。
こんなニュースが、絶対日本では流通しません(笑)。
また、国際金融のトリレンマをきちんと適用すれば、明らかにギリシャ経済の破たんは証明できるのです。
最後に内容を紹介しておきます。
第1章 日本経済の実力と官僚・記者の実力
第2章 日本国の財政の嘘
第3章 税と金利と社会保障の真実
第4章 日本と中国とEUの近未来
あとがき 日本経済を貶める行為の本質
頭の中がホントすっきりする本でした(大笑)。

2016/10/07 21:45

投稿元:ブクログ

経済学を学んだことがなかった自分でもわかりやすい例えと、根拠となるソースが明示されているので、難しい内容ではありませんでした。

もう少し理解したいと思うのでこの本に書かれている内容をノートにまとめてみたいと思いました。

2017/05/22 18:07

投稿元:ブクログ

「マスコミ情報をうのみにしないこと」
まさにその通りです。


しかし一般人には、
政府や大新聞が隠している「本当の日本経済」を見抜く眼力を持っていないため、
独自の判断をするのが難しいところでしょう。

何事もまずは疑ってかかり、
「違う見方はできないかな」
「立場を変えてみたらどうかな」
「他のデータと併せてみたらどうかな」
といった視点で考える癖をつけることでしょうね。

このスキルは、ビジネスマンのみならず、生きていくためにも今後ますます必要になっていくと思います。

2016/10/01 20:31

投稿元:ブクログ

この本はネットで見つけた本なのですが、タイトル名を構成している「本当は世界一の日本経済」という文言に目を惹かれました。この本の著者は今までに何冊か読んできているので、いい加減な内容ではないと信じて読みました。

このタイトルには、その前に枕詞があり、それが、「財務省と大新聞が隠す」とあります。最近の新聞は会社に置いてあるので見ますが、時々、誤解を招く表現やグラフが描かれているのを見ることがあり、筆者の上念氏は、あのような事を言っているのだなと思いました。

今までの本でも、日本経済は実質世界一である、と主張されていましたが、この本では、最近のデータに基づき、各国との比較で書かれて、面白かったです。誰かこの本の批判をしてくれると面白いのですが、誰か出てきませんかね。

以下は気になったポイントです。

・大新聞が財務省は日本銀行の見解を無批判に報道(日本経済の悲観論)するのは、財務省の記者クラブ、日銀クラブのキャップを経験しないと出世できないから(p5)

・物価上昇率が2%に届かない場合、むしろインフレの発生は好ましいので、日銀は2013年から国債買い入れを緩めていない。物価が上昇する気配を見せれば、買い入れを減らせばよい(p17)

・政府と日銀を「統合政府」を見れば、その財政状態は改善している。統合政府資産と負債の割合は、2012年の155%から2015年の130%となっている(p19)

・政府からの出資金や借入金の引き上げは、一部の既得権を持つ人にとっては迷惑な話なので抵抗する。これが日本の財政健全化を妨げている(p22)

・日本では素人でも記事が仕組みが整っている、それが記者クラブという制度である(p42)

・日本だけば唯一通貨量を増やさず、他の主要国は通貨量を増やしたので円高が発生した、日本が世界から信頼されるようになったわけではない(p60)

・デフレとは、物価の継続的な下落を意味するマクロ経済学の用語、物価とは世に出回る商品を加重平均して決まる、個別の商品価格の下落ではない(p77)

・外国から借金をすれば、海外から資金が流入するので、資本収支は黒字、日本から外国に投資すると赤字となる。また、経常収支(=貿易・サービス収支+所得収支)が黒字なら、資本収支は赤字、反対もその通り、という関係が必ず成り立つ。(p81)

・国際収支の発展段階、1)未成熟な初期:開国から明治時代、2)成熟した債務国:貿易サービス収支が黒字化した明治時代、3)債務返済国:高度経済成長時代、4)未成熟な政権国:2000年まで、5)成熟した債権国:2000年以降、6)債権取り崩し国(p84)

・2014年末の主要国の対外純資産は、1位:日本366兆円、2位:中国214兆円、3位:ドイツ154兆円、4位スイス・香港:99兆円(p90)

・日銀が国債を半分(新規160兆円の内)も買うので、民間銀行が割りをくっている(p97)

・日銀は国債を満期まで保有して借り換えをしない、手持ち国債を市場で売ることにより、��ンフレ率の上昇を防ぐことができる(p90)

・日銀の負債に発行銀行券:89兆円があるが、これは世に流通している日本銀行券(現金)のこと、流通価値を保証している点で負債となっているが、一般的な負債ではない(p107)

・プライマリーバランスは、前年の名目GDP成長率を強い相関があるので、財政再建をしたいのなら名目GDPをあげれば良い。名目GDP成長率=実質GDP成長率+物価上昇率なので、物価上昇率=インフレ目標を達成することが大事である(p111)

・ハイパーインフレの定義は、古典的定義(フィリップケーガン)では、年率1万3000%、国際会計基準では年率26%(p116)

・人口の減少は、むしろインフレの原因となる。死んだ人の財産は生き残った人が相続するので、お金の総量は変化なし。モノが減って、お金が現状維持なのでモノの値段が上がる(p123)

・日本全体で資産は7751兆円、負債は7748兆円、日銀の資産3兆円を加えるとバランスする。(p142)

・年収500万円、3000万円の住宅ローンを組むと、債務残高比率600%、政府債務はGDP比で200%超えたくらいでビビるのはダブルスタンダード。日本では中古住宅は価値がない、85%が新築物件。木造は22年で減価償却が終了し、建物価値がゼロになる。(p158)

・消費税の増税において、最初こそは税収は5兆円増えたが、二度目はマイナス、三度目は2.4兆円(p165)

・10年以下の満期国債は全体の75%、現在の国債利回りはマイナス、つまり、10年以内に借り換えによってマイナス金利の国債に入れ替わる、大半の国債が金利を払うものから貰う国債に変わることになる(p191)

・大東亜戦争により、国富の41%(1340億円)が被害を受けた、鉱工業生産力は1935年の2割強、軍人が360万人、従事者160万人、大陸・南方からの引揚者が650万人、合計1000万人以上が溢れた(p203)

・旧円から新円切り替え、預金封鎖が行われた。旧円は新円と交換しない限り、流通させることはできない。交換機間は2月25日から3月7日(1946)のみであった(p204)

・預金封鎖の目的は、インフレ抑制、闇市場から物資と資金をあぶり出すこと、現在の日本ではメリットがないだろう(p207)

・1945年9月=100として、1948年には600、1949年には800となった。インフレ率は月率で4.9%(p208)

・ハイパーインフレを発生させる要件は、1)生産設備の徹底的破壊、2)労働力の極端な不足、3)高額紙幣の大量発行(ゼネスト支援のための補助金=通貨発行を支給)、この要件を、ドイツやジンバブエは満たしていた(p214)

・日本は高度成長から低成長へと転換したが、その時に日本が行ったのは、投資から消費への経済構造の転換、さまざまな自由化による市場開放である(p227)

・ソ連が崩壊して始めたわかったことだが、GDPはその半分であった。1928-1985年までの国民所得は公式統計では90倍であるが、実際は6.5倍、平均成長率は8.3%(公式)に���して、実際は3.3%(p229)

・GDPと失業率の間には、オークンの法則という負の相関、物価と失業率には、フィリップス曲線で知られる逆相関がある。各政府機関が産出した値をこれらの法則にあてはめると、日本の場合はすべて整合する。中国の場合は整合できない(p232)

・日本が中国大陸で戦っていた相手は、主に蒋介石の国民党軍や、張学良が率いた大軍閥(p234)

・財政の壁の根拠となった論文には、政府債務が90%を超えると成長率はマイナス0.1%になるとしていたが、正しいデータを使うと、プラス2.2%であることがわかり、執筆者(ロゴフ・ラインハート)も認めざるを得なかった、つまり債務残高と経済成長には強い相関がないことがわかった(p244)

2016年10月1日作成

2017/01/16 02:15

投稿元:ブクログ

財政赤字の問題ばかりが強調されますが、実は財政再建にとって最も重要なのは物価上昇率を上げること、つまり、日銀がインフレ目標を達成することなのです

2016/11/28 12:13

投稿元:ブクログ

虎ノ門ニュース、ザ ボイスのニュース解説でお馴染みの上念司さんのエントリー本

マクロ経済リテラシーが高くない生活者を
想定読者層に捉えてそうで、
平易に分かりやすく 真実の解説に徹している。

藻谷浩介氏に対する記述など、たぶんに
disり口調になりがちですが、
それは個人を貶めたいので決して無く、
日本国が不幸になることを避けるために
敢えて強い調子で誤った言説を糾弾していると捉えた
日本のため、国益のために
誤った判断を下さぬよう真実を伝えたい作者を思いが詰まった良書でした

2017/03/12 23:03

投稿元:ブクログ

出版してすぐ面白そうだったので購入したが今頃通読。日本経済に関する巷の素朴な質問に筆者が回答している。「日本の借金は1000兆円以上だと危機を煽る財務官僚は、経済のプロなのですか?」「いいえ、ほとんどが法学部出身で、経済のプロとは言えない低学歴ばかりです。マスコミも経済専門紙である日経新聞であっても採用条件として学部・学科を問わないとされているので同様です。」増税不要、景気対策として国債乱発して日銀引受は間違いではない、日本でハイパーインフレなど起きるわけないというアベノミクス肯定派だ。結構挑戦的な口調でマスコミ受けする内容であったが、まあまあ面白かったかな。世間的な評価は別として。
P51
元財務官僚の髙橋洋一氏は次のように証言しています。
「私の国債課時代の経験でも、いい加減な事件があった。国債格付けは債券回号ごとに行われるのだが、資金調達不要になって休債したのに格付けされ、世界に配信されたのである。要するに格付け会社は何も見ないで格付けしているのだ。私が指摘してはじめてその醜態が明らかになった。」

2016/11/03 09:35

投稿元:ブクログ

アベノミクスや黒田バズーカの強い賛同者の本。国家は個人と違い永久的なのだから大丈夫なのだと。莫大な借金してでも景気上昇を図るべきとし、財政緊縮は大誤りと断ずる。財務省と大新聞に悪態つく。私など後者の緊縮派だったから心配になっちゃう。結局ロジックは把握しきれなかったんだが、正しければ目から鱗ものだろう。為政者の皆さん宜しく御検討の程お願い申し上げます。

2017/01/13 13:20

投稿元:ブクログ

財政再建派の主張の胡散臭さを分かりやすく解説している。東大法学部出身者だらけの財務官僚は経済学の素人ばかりというのは面白い。やっと金融緩和が軌道に乗ってきたので、課題は実のある財政出動が出来るかどうか。

2017/04/09 22:23

投稿元:ブクログ

金融緩和推進派の中でも最端からの意見とみた。一般人にも分かりやすい解説で、ためになる部分も多いのだが、鵜呑みにしてはいけない。2%のインフレ目標を達成すればたちどころに今の財政問題は解決する、だからそれまでお金を刷りまくろう、と言っているのだが、そんなわけがないだろう。国が永遠に続くという学問的前提を元にするとそうなるらしいが、楽観的にも程がある。日本の人口が減り続けて1人になれば財政問題が解決するとも言ってるが、BSの問題以前にいろいろ問題があるわけで。

2016/10/23 18:56

投稿元:ブクログ

日本の経済はこの先どうなるか?悲観的に見ている方も多いかと思いますが、実情はこの書籍を読めば分かります。新聞やテレビから流れているニュースも鵜呑みにするのではなく、もう少し自分で考える必要性は当然の事、色々な書籍を読んで知識を得るのも大切。この書籍の内容も、経済に疎い人でも分かりやすく書かれていて、勉強になるのではないでしょうか。

2017/03/29 09:18

投稿元:ブクログ

個人的にはこの国の経済及び財政状態の先行きに、かなり悲観的である。であるからこの本を読んだのだが・・・
かなり意図的に楽観的に書かれた内容だ。

・日本の資産が増えていることを強調しているが、借金(国債)が増えれば、バランスシート上の資産が増えるのは当然。
・日銀は通貨発行できるので、いつでも国債を返済できると書かれているが、それが最もしてはいけないこと。
・ハイパーインフレは過去全て急速に収束した。それはそうだろうが同時に資産も急速に消失される。
・年金改革案の一押しが、年金受取返上者に勲章を渡すこと。森友学園的な人達しか希望しないだろう。
・中国の経済力を甘く見すぎ。なぜ安倍シンパ的な人達は彼の国の力を弱く評価することに一生懸命なのか?かえって対応を誤らせる事になると思う。アジア投資インフラ銀行にG7の中で参加していないのは日米のみ。これが何を意味するか考えて、これに対処する必要が有るのでは?
・Q外貨資産を持つべきか?に対しAがFXは危険でやるべきではない・・・など各所でQのAが歪められている。

これが安心派の考えでは、より不安感が増すだけなのですが。

2016/10/23 17:38

投稿元:ブクログ

財務省がイニシアチブを取りたいがために日本の財政や経済は悪いという誤った情報操作をしている。新聞やテレビは財務省の与える情報を鵜呑みにしている。という前提でデータを基に説明。非常に説得力があり、分かりやすい。日本はまだまだ沈んでないことがよくわかった。マスコミの言うことを信用し過ぎないことも大切だ。さすが上念司さん。ボイスでもよく聞いてるけど分かりやすい。財政再建はすでに終わりました、おめでとうございます。あっぱれだ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む