サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:続刊予約キャンペーン(0907-30)

TVピープル(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 164件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/10/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-750202-7
一般書

電子書籍

TVピープル

著者 村上春樹

ある日曜日の夕方、「僕」の部屋にTVピープルたちがテレビを持ち込んできたことで、すべては始まった――表題作「TVピープル」。男にとても犯されやすいという特性を持つ美しい女...

もっと見る

ポイント40倍

TVピープル

500 (税込)

09/27まで ポイント :4pt185pt / 紙の本より40おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.4MB 無制限
Android EPUB 5.4MB 無制限
Win EPUB 5.4MB 無制限
Mac EPUB 5.4MB 無制限

TVピープル (文春文庫)

540(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある日曜日の夕方、「僕」の部屋にTVピープルたちがテレビを持ち込んできたことで、すべては始まった――表題作「TVピープル」。男にとても犯されやすいという特性を持つ美しい女性建築家の話「加納クレタ」。17日間一睡もできず、さらに目が冴えている女「「眠り」。それぞれが謎をかけてくるような、怖くて、奇妙な世界をつくりだす。作家の新しい到達点を示す、魅惑に満ちた6つの短篇を収録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー164件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

TVピープル

2002/01/08 19:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:7777777 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 透明感のある短篇集。すべての短篇は現実を描いているのだが、そこに描かれる非現実との対比が絶妙。主人公はみな非現実的な現実に生きている。
 現実と非現実。現実と非現実。現実と非現実。そんなことを唱えながら読んでいると、いつしか自分まで非現実の世界に潜り込んでしまいそうな短篇集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えることをしたくなる

2016/07/26 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上さんの著作を読むと、考えること、深く深く井戸を掘るように自分を探っていくことをしたくなる、というかしなくちゃという気になります。なぜ、二人は破局なの?なぜ今の生活に満足できないの?そういう問いがこの短編集からあふれているかのようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変な本

2002/07/23 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ノルウェイの森」で大量についたミーハー読者を切り捨てる目的で書かれた、などという批評家も当時いたほど、奇妙な話ばかりを集めた短編集。一応、判り易い寓意に満ちているのだが、あまりに判り易いので、かえって別の意味を探したくなる。これぞノンセンスのきわみ。その後の作風のシリアス社会派への変化を見ると、重要な転機だった様な気もしますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/03 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/30 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/23 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/08 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/25 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/10 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/10 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/18 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/19 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/27 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/07 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る