サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

最大50%OFFクーポン ~4/30

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/10/21
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-661099-0
一般書

電子書籍

昭和のことば

著者 鴨下信一

日本の言葉の大量死が始まった! 帰郷、大衆、あなた、かまう、しらじらしい、巴里、わが町、お前ら、出世、元気、叙情、もとい、ヱ・・・・・・。昭和の時代まで生き生きと使われた...

もっと見る

昭和のことば

税込 968 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.5MB
Android EPUB 6.5MB
Win EPUB 6.5MB
Mac EPUB 6.5MB

昭和のことば (文春新書)

税込 1,012 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の言葉の大量死が始まった!

帰郷、大衆、あなた、かまう、しらじらしい、巴里、わが町、お前ら、出世、元気、叙情、もとい、ヱ・・・・・・。

昭和の時代まで生き生きと使われたあの言葉、この言葉は、いったいどこへ消えたのか。
「岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」など、数々の名作ドラマを演出した名ディレクターが綴る、ささやかだが愛すべき言葉の記録。
『文藝春秋』の人気コラムが待望の新書化!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

昭和は遠くなりにけり

2019/05/09 00:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

消えゆく昭和の言葉のレッドデータブックといった感があります。使われなくなるのが惜しいものもあれば、次代の流れで消えていく必然性のあるものもあります。そもそも、平成後半生まれに人には、すでに理解できないものも結構あるように思います。唱和は遠くなりにけり。昭和世代の人の感傷が詰まった一冊でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古き良き昭和が大好き!

2019/02/27 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

積読本消化。
 普通の言葉のニュアンスの変遷を綴った内容。確かに、何でも「やばい」で済ませる言葉の貧困化に、日本語の危機感を覚えますが、本書は年寄り特有の「昔(昭和)は良かった」感が満載で、全くの期待外れでした。また偏見が酷く、例えば、友だちという言葉に女同士は想定していない、女の子をかまうなんて悪いこと、性の解放が女性の自立を導いた、玉音放送の天皇の声は混乱を鎮める偉大な力があった、いやいや節電します等々、私には理解不能でした。これ以上読むのは時間の無駄と思い、100ページを残し、読むのを止めました。

 ところで、老いると、昔が美化されると聞きますが、まさに本書は昭和の思い出とともに生きる一人の年老いた元テレビマンの繰り言でした。
 それにしても、タバコは場所を選ばず吸い放題、ゴミのポイ捨てや大人の立ち小便は日常の風景。学校の先生は偉そうでビンタ等の暴力も日常茶飯事。女の子に下半身を露出するような変質者も出没。泥棒も今よりいましたし、隣近所の付き合いは煩わしいほどでした。河川には下水が流入し臭く、海はヘドロだらけ。本当に昭和は良かったでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/03 07:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/07 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/27 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。