サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 文藝春秋
  6. 文春文庫
  7. 世にも奇妙な人体実験の歴史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/11/18
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790739-6
一般書

電子書籍

世にも奇妙な人体実験の歴史

著者 トレヴァー・ノートン,赤根洋子・訳

マッドサイエンティストの世界へ、ようこそ性病、コレラ、放射線、毒ガス……。人類の危機を救った偉大な科学者たちは、己の身を犠牲にして、果敢すぎる人体実験に挑んでいた!自身も...

もっと見る

世にも奇妙な人体実験の歴史

税込 1,019 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.6MB
Android EPUB 6.6MB
Win EPUB 6.6MB
Mac EPUB 6.6MB

世にも奇妙な人体実験の歴史 (文春文庫)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マッドサイエンティストの世界へ、ようこそ
性病、コレラ、放射線、毒ガス……。人類の危機を救った偉大な科学者たちは、己の身を犠牲にして、果敢すぎる人体実験に挑んでいた!

自身も科学者である著者は、自らの理論を信じて自分の肉体で危険な実験を行い、今日の安全な医療や便利な乗り物の礎を築いた科学者たちのエピソードを、ユーモアたっぷりに紹介します。
解剖学の祖である十八世紀の医師ジョン・ハンターは、淋病患者の膿を自分の性器に塗りつけて淋病と梅毒の感染経路を検証しました。十九世紀の医師ウィリアム・マレルは、ニトログリセリンを舐めて昏倒しそうになりますが、血管拡張剤に似た効果があると直感。自己投与を続けて、狭心症の治療薬として確立するもとになりました。二十世紀、ジャック・ホールデンは潜水方法を確立するために自ら加圧室で急激な加圧・減圧の実験を繰り返し、鼓膜は破れ、歯の詰め物が爆発したといいます。
その他にも放射能、麻酔薬、コレラ、ペストなどの危険性の解明に、自らの肉体で挑んだマッド・サイエンティストたちの奇想天外な物語が満載。その勇気と無茶さに抱腹絶倒するうち、彼らの真の科学精神に目を開かされる好著です。

解説・仲野徹

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

先人たちの勇気に感謝

2020/10/18 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛行白秋男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学者たちのの底なしの好奇心から病気の人の吐瀉物を飲んだり、性病患者の膿を自分のものに付着したり、真水を持たずに大海原に漕ぎ出したり等々。
私には信じられないことだらけでした。面白いやら気味悪いやら、ぜひ読んでみてください。当初は捕虜や奴隷に残酷な実験をしたのか思ったのですが、そうではなくて、自らの疑問を自らの体で実験した記録です。
多くの犠牲者のご冥福をお祈りいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人類の歴史そのものが人体実験の歴史

2020/09/17 10:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

原題は、”SMOKING EARS and SCREAMING TEETH”
(耳が煙を吐き、悲鳴を上げる歯)。

「第13章 ナチスドイツと闘った科学者たち――毒ガスと潜水艦」に登場する、
イギリス20世紀の生物学者ジャック・ホールデンのエピソードによるものです。
彼は、”プレッシャー・ポット”と呼ばれる鋼鉄製の加圧室で、気圧が人体に与える実験を繰り返しました。もちろん、自分の身をもって。

これを題名にもってくるあたり、海洋生物学が専門の著者は、同じく生物学者で海にかかわる実験をしたジャック・ホールデンに思い入れがあるのかもしれません。

ちなみにジャックの父、ジョン・スコット・ホールデンも自らの身をもって、有毒ガスの特定など空気の質が人間の健康に与える影響を生涯をかけて研究した愛すべき奇人変人博士です。
その”うっかり博士”ぶりを物語るエピソードに、わたしもこの人物が好きになりました。


過激な邦題ですが、興味本位なネタを並べたものではなく真面目な本です。
といっても、紹介される科学者たちの、その無謀とも思えるチャレンジ精神やどうにもとめられない好奇心の強さは、常人の理解が及ばないという点では、やはりイメージ通り”マッド・サイエンティスト”なのかもしれません。

全17章の本書のうち約3分の2は、医学の歴史といっていいでしょう。
今まであまり行われてこなかった人体解剖をしまくったジョン・ハンターに始まり、
外科手術を進歩させた麻酔、有毒物質と薬の線引き、未知の病原菌、感染症の特定など。
「現在おこなわれている全ての医療行為は、なんらかの形で人体実験を経て、その有効性と安全性が確認されてもの」と、解説にもあるように、
ある意味、人類の歴史そのものが、人体実験の歴史といえるかもしれません。

残り3分の1は、科学技術の発展にともなって行動範囲を深海から成層圏にまで拡大した人類の冒険的試みが楽しめます。

海で遭難したら海水は絶対飲んじゃいけないって言われてきたけど……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い!

2018/11/02 16:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リョウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖いもの見たさのような感覚で購入してしまいました。
人体実験を色々と分類分け?してみたりしていて、「なるほど〜」と思う部分が多々ありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/02/29 08:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/18 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/19 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/03 06:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/15 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/07 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/09 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/24 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/22 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/27 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/03 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/22 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。