サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術(幻冬舎新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/11/29
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • ISBN:978-4-344-98444-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術

著者 原田マハ

印象派の画家といえばルノアール、ゴッホ、セザンヌ。今や作品が破格の値段で取引されるようになった彼らも、かつてはフランスアカデミーの反逆児だった。その嚆矢【ルビこうし】とも...

もっと見る

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術

780 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より41おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)

821(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 21.3MB 無制限
Android EPUB 21.3MB 無制限
Win EPUB 21.3MB 無制限
Mac EPUB 21.3MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年6月15日(金)~2018年6月24日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

印象派の画家といえばルノアール、ゴッホ、セザンヌ。今や作品が破格の値段で取引されるようになった彼らも、かつてはフランスアカデミーの反逆児だった。その嚆矢【ルビこうし】ともいうべき画家が、クロード・モネ(一八四〇~一九二六)である。彼が一八七三年に発表した《印象―日の出》が「印象のままに描いた落書き」と酷評されたのが「印象派」のはじまりである。風景の一部を切り取る構図、筆跡を残す絵筆の使い方、モチーフの極端な抽象化は、実は日本美術の影響を受けている。アート界の第一人者がモネのミステリアスな人生と印象派の潮流を徹底解説。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

原田マハさんはポスト・マン

2017/02/04 08:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の原田マハさんの活躍は目を見張るものがあります。
 旧作もブレークしているようだし、新作も次から次へと出版されています。
 『楽園のカンヴァス』以降、自身のアートについてのキャリアを生かしてアート小説という分野を確立した気配さえあります。
 この新書は小説ではありませんが、原田マハさんが愛してやまないクロード・モネ(1840~1926)の生涯と作品、そして原田さんが書いた小説『ジヴェルニーの食卓』に込めた思いなどがまとめられています。
 原田さんが日本で開催されたモネ展で行った講演がもとになっていますから、とても読みやすい内容です。
 しかも、モネだけでなく印象派の作品ができるまでの美術界の動きといった美術の概要はつかめます。
 何しろモネは印象派が生まれるきっかけとなった「印象―日の出」の作者でもあります。

 面白いのは日本人が印象派の作品をとても好きなことです。
 そのことの理由を原田さんは「印象派の作品の中には、日本美術が生かされているので、私たちが見ても親しみを感じ、また安心感を覚える」と分析しています。
 つまり、「心で感じる」絵画だと。

 もちろん印象派だけが美術ではありません。
 「美術作品とは、時間と記憶がすべてパッケージされた、アーティストからのメッセージ・ボックス、いわば過去からの手紙のようなもの」と原田さんは書いています。
 だとすれば原田マハさんはそんな手紙を私たちに届けてくれるポスト・マンなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

モネ

2017/02/25 10:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハのモネへの憧れが読み取れる。特に「私とモネとの出会い」の強烈な体験は知りえなかったエピソードで面白かった。読後に、作者の小説である「ジヴェルニーの食卓」を再読したくなった。惜しむらくは、講演ののまとめだけでなく、原田マハの書き下ろしの一遍も掲載してほしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本人の美意識が印象派作品の中に見るもの

2016/12/09 14:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

印象派画家、クロード・モネの足跡をマハさんが解説する本です。
印象派の作品はなぜ日本でこれほど愛されるのか、
マハさんが唱える理由にとてと納得がいきました。
日本人の美意識は、睡蓮の絵に西洋人と違ったモノをみているんでしょう。

フランスで実際にモネのあしどりをたどるための案内も書かれています。
この本を片手にモネの愛した庭があるジヴェルニーへ行ってみたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっとばかり不満

2017/12/06 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハさんの語るモネの鑑賞法は面白く読みました。ただ、モネのやらかした妻との暮らしに愛人を同居させたくだりは綺麗事が過ぎたのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/22 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/31 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/04 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/25 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/30 02:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/10 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/07 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/05 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/10 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/30 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/22 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む