サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

小学館BOOK全品ポイント60倍(~6/2)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書
アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/30
  • 販売開始日:2016/11/30
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • ISBN:978-4-7973-8342-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

著者 スティーブンE.ルーカス,狩野みき

●ハーバード大学をはじめとする1000校以上のアメリカの大学で20年以上使い続けられているアメリカでもっとも定評のある教科書を初翻訳なぜ日本人は話すのが下手なのか、なぜテ...

もっと見る

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

1,620 (税込)

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

1,620(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 18.0MB 無制限
Android EPUB 18.0MB 無制限
Win EPUB 18.0MB 無制限
Mac EPUB 18.0MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

●ハーバード大学をはじめとする1000校以上のアメリカの大学で
20年以上使い続けられているアメリカでもっとも定評のある教科書を初翻訳

なぜ日本人は話すのが下手なのか、なぜテクニックを学んでもうまくいかないのか。それは、もう、子供のころから教えられていることが違うので、根本のところから違うのです。
「説得したいならこういう型」「アイデアに共感してほしいならこういう型」など、様々な型を自分のものにしていたり、また、そもそも「相手ありき」で伝えることを考えているので、話の内容も豊かになっていきます。

本書では、「伝え方」の基本エッセンスがしっかりつまった教科書として、自分の伝え方を根本的なところから劇的に変える「教科書」としてノウハウを紹介します。

目次

  • Part 1 パブリック・スピーキング(人前で話す・伝える)はエリートになるアメリカ人の必須スキルである
  • [Chapter 1] 「人前で話す」とは、どういうことか
  • [Chapter 2] 倫理とパブリック・スピーキング
  • Part 2 準備をしよう
  • [Chapter 3] 伝える「目的」は何か
  • [Chapter 4] 聞き手を分析する
  • Part 3 構成する・アウトラインを作る
  • [Chapter 5] 本論を組み立てる
  • [Chapter 6] スピーチのはじまりと終わり
  • [Chapter 7] プレゼンのアウトラインを作る

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/26 17:25

投稿元:ブクログ

本書はアメリカの大学であるハーバード大学をはじめとした1300校以上が教科書として採用している日本語版の伝え方を学ぶ書籍です。


日本ではプレゼンを体系的に学ぶ機会は殆どなく馴染みが薄いが、英語圏では「パブリック・スピーキング」とも呼ばれ、社会人はおろか学生や子どもまでもが必須のスキルとして広く知れ渡っています。


恐らくこの事だけが理由では無いと思うがアメリカをはじめとした外国人に比べ日本人はプレゼンを苦手とする人が非常に多く、少なからず学校教育の段階から差がついてきているように思う。


また訳者がまえがきで苦手の理由について分析しているが、これが非常に納得度が高かったので手にとって読んで欲しい。


プレゼンスキルについては多くの類似書籍が本屋に陳列されているが、今まで手にとって読んだものの中ではずば抜けて良書だと思う。


話し手のスキル云々以前の段階である、プレゼンなど人の前で自分の意見と伝える立場に立つ者は話す内容には責任があり高い倫理観を持ち合わせていなければならない事、伝わらないのは伝える側に責任がある事など、心構えの段階から非常に深く書かれている。


大小関わらず誠実に話し内容には公正を期す事、出典元は必ず明示し盗用は絶対に行わない事など聞き手に対して信頼に置ける人間で無ければ前に立って自分の意見を表明する資格を持ち得ないという至極当然だが、実際には守られていないことが多い現状を認識させられ、話す事に対して真剣に向き合わなければならないという事を身にしみて感じさせてくれる。


そこから、話す内容について詳細が書かれてくるのだが、これも細部にまで渡っていて実践に役立つ内容になっている。


誰に何を伝えたいのかという準備。
それもプレゼンの内容、目的、ゴールから始まり、各項目の要点、聞き手の情報量や性別など聞き手への配慮が非常に高いレベルで記されている。


得てして自分の言いたい事に重点を置き自分本位で今まで話していたので深く反省させられた。
内容だけでなく聞き手がどのような人でどのような内容を聞きにきているのかを調べる必要性を認識させて頂いた。


それが固まった後はどう伝えていくのか、ここでようやく本題に入っていく。
しかしここでも内容だけに捉われてはいけない。


聞き手に興味を持って頂くための導入部分はどうするのか?
聞き手を当事者として引き込む具体的な方法論や、面白いエピソードを交える手法など
多くの例題をあげて理解しやすく読者に披露してくれている。


どのような言葉を選ぶか?
論拠を示すための証拠をどう伝えるのか?
ストーリーをどのように紡いでいくのか?
はたまた間は?
リズムは?


など事細かに書かれているので一つずつクリアしていくことで着実にレベルアップできる内容になっている。
自分だけでも確認ができるように各項目にチェックリストまであるので、それを参考にすることで自信もつ���てくるのでは無いかと思う。


何気なく手にとって購入してみた本書だが非常に素晴らしい内容で、本当に読んで良かったと感じた。
私自身も非常に話す事が苦手で自分の頭の中では多くの意見を持っていたりよく考えていたりはするのだが、どうしても人に伝える事が苦手でうまく話せず、理解されなかったり誤解されて毎日失敗の連続である。
特に人の前でプレゼンをするとなると伝えたい事の10分の1も伝えられず、本当に悔しい思いをする。


ビジネスの場では様々なスキルがあるが、特に相手に伝えるスキルというのは非常に大切で、これがうまくできるかどうかで大きく評価が変わってくると見ていて思う。


勿論仕事だけではなく、人間は生きていく上で多くの人間と関わり内容如何に関わらず、毎日人に何かを伝えながら生きている。


それを思う通りにコントロールできるようになれば大げさでなく世界が変わると思う。
自分自身に自信がつき行動も大きく変わると思う。


過去人間は多くの困難に直面してきたが、重要な場面では人を動かす大変素晴らしいスピーチが偉人達によってなされてきた。


言葉には大きな力があり、この力を駆使出来るのは私たち人間だけです。
人を助ける事も、世の中を良くしていく事も。
ほんの少し生活を豊かにする事も、ほんの少し人々を幸せにしていく事も。


日々発している膨大な言葉の数々だが注意を払い誠実に、かつ力強く思いを込めて伝え届けるための情報が数多く詰まっている本だと思います。
http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む