サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

全商品20%OFFクーポン(1016-19)

平蔵狩り(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/12/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790744-0
一般書

電子書籍

平蔵狩り

著者 逢坂 剛

第49回吉川英治文学賞受賞作! シリーズ第二弾!父である「本所のへいぞう」を探すために、京から下ってきた女絵師。果たして、この女は平蔵の娘なのか。まったく新しい鬼平の貌。...

もっと見る

平蔵狩り

710 (税込)

ポイント :6pt / 紙の本より3おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

平蔵狩り (文春文庫)

713(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.8MB 無制限
Android EPUB 9.8MB 無制限
Win EPUB 9.8MB 無制限
Mac EPUB 9.8MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

電子書籍全品対象!
20%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

【リニューアル】新規会員30%OFF

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第49回吉川英治文学賞受賞作! シリーズ第二弾!
父である「本所のへいぞう」を探すために、京から下ってきた女絵師。
果たして、この女は平蔵の娘なのか。まったく新しい鬼平の貌。

人前には自らの顔を決して見せない火付盗賊改の頭領、長谷川平蔵。
オランダ渡りの秘薬の謎を探り、盗賊を率いる父娘を追う。
ある日、自分の父であるという「本所のへいぞう」を訪ね、京から若い女絵師が下ってきた……。
ハードボイルドの調べに乗せて描く、逢坂版平蔵シリーズ第二弾!
特別対談・諸田玲子
挿画・中一弥

【目次】
「寄場の女」
「刀の錆」
「仏の玄庵」
「平蔵狩り」
「鬼殺し」
「黒法師」

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

タクタク読み

2016/12/19 20:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たくちゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自らの顔を見せずに悪と対事する・長谷川平蔵。平蔵の対局的な思考で、解決されていくストーリー。

「本所のへいぞう」という父親を探す京からやって来た女絵師。意味深な笑いを浮かべる長谷川平蔵…謎が…誰が父親なのか…

逢坂氏、真骨頂の短編集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

推理小説としての面白さはこたえられない

2016/12/25 22:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

逢坂剛が描く火付盗賊改めの長官、長谷川平蔵の物語である。テレビでは中村吉右衛門が鬼平を演じる鬼平犯科帳が最後の幕を閉じてしまった。鬼平だけでなく、密偵や与力、同心いずれもが年を取ってしまい、痛々しい演技を見なければならなかった。時代劇が廃れてしまったこのご時世では主役を変えて再演することは難しいかもしれない。残念ではあるが、致し方ない。それにしても吉右衛門の鬼平は素晴らしかった。誰しも老いには勝てない。

 本編は逢坂剛が描く鬼平シリーズである。池波鬼平と同様に複数の短編から成っている。本書は六編の短編から構成されている。巻末に逢坂剛と諸田玲子の対談が収録されている。以前の『平蔵の首』でもそうであったが、平蔵はいつも編み笠を被っており、素顔を誰にも見せないということが前提となっている。素顔をさらすと狙われやすいと考えてのことであろうか。その説明はない。

 長編ももちろん悪くはないが、池波作品もそうであったが、短編に分かれているのは大変読みやすい。巻末の対談でも話は出ているのだが、池波は小説家であると同時に脚本家である。長谷川伸の弟子なので文体は簡潔で脚本調なのである。したがって、歯切れがよく、明快である。一方、逢坂の方は説明が書かれているので、事は調子よくは運ばないという特徴がある。どちらが良い悪いではないが、読後感の違いはそんなところかもしれない。

 本書の平蔵は池波の平蔵とは別人格のように感じる。密偵も与力、同心も池波鬼平とは共通していないのだから当たり前かもしれない。池波の鬼平とは全く異なる鬼平像が描かれているのだ。池波の馴染んだ読者はどうしても池波の鬼平をイメージしてしまうが、読み進むにしたがって全く異なる鬼平像を思い描くに至るのである。

 本書で登場する密偵も魅力的な脇役たちが揃っている。与力、同心も同様である。池波鬼平がテレビ化されて、鬼平や周りの脇役たちのイメージはもう役者によって明確になっている。それを逢坂の平蔵に当てはめるのは難しい。

 池波鬼平では、全体が舞台で演じられているような感覚であるが、逢坂平蔵では、本来は推理小説が平蔵や火盗改めという設定で展開されていると考えた方がよい。したがって、文中で説明調になるのはやむを得ないのである。現在は、続編『闇の平蔵』が単行本で出版されているが、是非とも続けてもらいたいものである。似て非なるものであるが、独自のエンターテイメントとして読者を楽しませてもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/24 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る