サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(0325-28)

12時 修正:20%OFFクーポン(0325-28)

平蔵の首(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/12/02
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790186-8
一般書

電子書籍

平蔵の首

著者 逢坂 剛

まったく新しい「鬼平」。ハードボイルド時代小説!「平蔵の顔を見た者は、だれもいねぇのよ」。盗賊・黒蝦蟇の麓蔵は復讐を遂げるため、いまは平蔵の手先となった女に案内を頼む(「...

もっと見る

平蔵の首

税込 600 5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.2MB 無制限
Android EPUB 7.2MB 無制限
Win EPUB 7.2MB 無制限
Mac EPUB 7.2MB 無制限

平蔵の首 (文春文庫)

税込 605 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

まったく新しい「鬼平」。ハードボイルド時代小説!

「平蔵の顔を見た者は、だれもいねぇのよ」。
盗賊・黒蝦蟇の麓蔵は復讐を遂げるため、いまは平蔵の手先となった女に案内を頼む(「平蔵の顔」)。
両国橋の界隈で、掏摸を働いていた姉弟に目をつけたところ、思わぬ大事件に巻き込まれる(「繭玉おりん」)。
火付盗賊改・長谷川平蔵のまったく新しい魅力を引き出した六編。
特別対談・佐々木譲
挿絵・中一弥

【目次】
「平蔵の顔」
「平蔵の首」
「お役者菊松」
「繭玉おりん」
「風雷小僧」
「野火止」

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

新感覚の長谷川平蔵像

2014/12/06 21:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

池波正太郎ですっかり名が知られるようになった鬼平犯科帳である。その中の長谷川平蔵が主人公である。鬼平は鬼の平蔵の略であるが、本書では鬼平という言葉は出てこない。大抵が平蔵である。池波の長谷川平蔵は、いかにも人情家で部下の尊敬や人望を一身に集めている。部下ばかりではない。元盗賊の密偵も大半が平蔵の人柄に惚れて密偵になったといっても過言ではない。

 本書も基本的には同じなのだが、読み進んでいくに従ってやはり池波の鬼平犯科帳とは違うことがよくわかってくるのである。登場人物には池波鬼平と同じ人物は出てこないので、やや違和感があるのだが、これはむしろ当然のことである。

 違和感もあり、登場人物も異なっているのだが、ぐいぐいと引き込まれていく。構成は池波鬼平と同じように短編が6編並べられている。これは池波の鬼平同様大変読みやすい。
さて、何が異なるというのであろうか。

 冒頭にも述べたように池波鬼平は、事件を通じて、盗賊を通じて鬼平と部下、密偵との交流が描かれ、読者、ファンはこれに惹かれていくのであろう。本編ではこれは主流ではない。本編の主流は探偵小説なのである。あるいは推理小説である。盗賊の仕掛けた陰謀を解き明かしていく面白さを描いているといっても良い。

 推理小説の舞台を鬼平に借りているといってもよい。池波版に読み慣れていると、そこが曖昧にしてあったり、瑣末なこととして放置されている場合も多いのだが、逢坂版はむしろそちらに重点を置いて、悪党どもの巧妙な悪だくみが描かれているのである。

 こちらはテレビの長谷川平蔵をよく見ているせいか、最初に出ている「平蔵の顔」を読むと、さらなる違和感を味わうことになる。平蔵は市中見回りの際には笠で顔を隠しているので、誰もまともに平蔵の顔を見たことがなく、誰が平蔵なのか分からないという前提である。

 中村吉右衛門、松本白鸚、丹波哲郎、萬屋錦之助の顔が嫌でも思い浮かぶ私としては、なかなか面白いアイデアだと思った。それがこの短編にうまく利用されているのもこの作家の実力かもしれない。是非、続編を書き続けて欲しい。作家の父親である中一弥の表紙絵、挿絵もこの平蔵によく似合っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無理をしたみたいですけど

2014/09/30 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竜生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

鬼平と云えば、池波正太郎の長谷川平蔵物の一連の話が思い浮かぶほど人口に膾炙した話である。その意味では、『平蔵の首』で、長谷川平蔵を主人公にした小説を書くと決意したことは、いい度胸だと云うことになるが、池波さんの平蔵が歌舞伎だとすると、逢坂さんの平蔵は新国劇である。些か乱暴な話の組み立てで、第1話の『平蔵の顔』あたりはややかったるいというのが正直なところである。ただ、第6話の『野火止』は、人の出入りが激しいところはあるが、作者の個性が発露されているということが出来る。
このシリーズは次に続くようであるから、何とか逢坂さんの平蔵が見えてくるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/21 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/25 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/04 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/24 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。