サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

全商品10%OFFクーポン(0524-28)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 守り人シリーズ電子版
  5. 守り人シリーズ電子版 8.天と地の守り人 第一部
守り人シリーズ電子版 8.天と地の守り人 第一部

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2016/12/12
  • 販売開始日:2016/12/12
  • 出版社: 偕成社
  • ISBN:978-4-03-750090-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

守り人シリーズ電子版 8.天と地の守り人 第一部

著者 作:上橋菜穂子,絵:二木真希子

タルシュ帝国からの航海の途中で、行方不明となった皇子チャグムを探すため、バルサはロタ王国へむかう。一方、北の大陸には、タルシュ帝国の侵攻がせまっていた。

守り人シリーズ電子版 8.天と地の守り人 第一部

972 (税込)

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

天と地の守り人 第1部 (軽装版偕成社ポッシュ 「守り人」シリーズ)

972(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 32.4MB 無制限
Android EPUB 32.4MB 無制限
Win EPUB 32.4MB 無制限
Mac EPUB 32.4MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (18件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

守り人シリーズ、大団円に向けて

2008/12/08 14:33

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菊理媛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

天と地の守り人 第一部

 「この作者の作品が、一番好きだ!」と、上橋菜穂子作品を読み終えたとき必ず思う。とはいえ、薄情なもので、他の作者の本を読んでいるときは、あっさり忘れて、その時読んでいる本に肩入れしていたりもするのだけれど。

 上橋菜穂子の作品は、総じて全身をすっぽりと包み込んでくれるほどの深みがある。読んでいるとき、読者は俯瞰して物語を楽しんでいる身ではなく、どっぷりと作品の世界にはまりこみ、登場人物に憑依して物語の進行に身をゆだねざるを得ないような一体感で、喜びも悲しみも、痛みも癒しも体感するのだ。
 主役が女性用心棒であるあたりがすでに珍しいが、その女性が実はお姫様であったり、絶世の美女というわけでもない。アニメではかなり美人で若く描かれていたが、本の中では三十路の短槍使いの女性としか表現されていない。その主役、バルサと不遇の太子チャグムの馴れ初めで始まった「守り人」シリーズ。この人気シリーズの説明は、今さらなので必要もないだろう。
 本作品は、守り人シリーズに、(当時は幼かった)皇太子チャグムを主役として派生した別流「旅人」シリーズが合流し、シリーズの集大成として壮大な物語となっている。
 個人の意志などではどうにもならないかのような、国と国との攻防のはざ間で、己の力なさを骨身の真まで思い知らされながらも、歯を食いしばって愛する故国のため、民のために自分のできることを成し遂げようとするチャグム。「精霊の守り人」で登場した、守られるばかりだった少年が、ここまで成長したのかと思うと、読んでいるこちらも感慨深いものがある。まして、バルサはどう思うだろうと考えるに、雛が翼の下から飛び立ってしまったような寂しさもあるのだろうなと旧知の友の心情を探るかのようにしみじみ思ってしまう。
 ちょうどこの本を読み終える2日前に、「天と地の守り人 第二部」が届いた。早く続きを読みたくてうずうずしてはいるのだが、せめて第三部の発売予告が出るまでは、「お預け!」と自分に禁を課した。そうでもしないと、第三部が待ちきれなくて、禁断症状を起こすだろうと本気で思うからだ。
 幼い自分を守るために命をかけてくれたバルサ。青年となったチャグムは、そのバルサに再び自分のために危険に身をさらして欲しいと、自らはとても言えないし、言いたくはないのだ。そんなチャグムを頼もしく思いながらも、わが子のことのように放っておけないバルサ。自分の知らないところでチャグムが危険にさらされるよりは、自分の体を張ってでもチャグムを守る方が気が休まるのだろう。缶バルへ向かうチャグムに随行を買って出た時、拒否しようとするチャグムに「私のことは私が決めるよ」と言い放つバルサ。バルサに再開できて嬉しいのは事実、ともに来て欲しいのも事実。それでも今の自分には、バルサのその行為に報いられる何も無い。その上、今回の道行きの危険度は前回の否ではない。
 成長したチャグムは、それがわかるゆえに、バルサに自分とともに来て欲しいとはとても言えなかったのだろう。けれど、やはりバルサはともに行くのだ。「守り人シリーズ」の主役である短槍使いのバルサは、やはり「守り人」なのだから。
 守る女槍使いバルサ。守られる運命の皇太子チャグム。バルサが帰る故郷はタンダ。シリーズでお馴染みのメンバーも、それぞれ自分の持ち場で危険と隣り合わせに頑張っている。みんながみんな頑張っているから、読者も必死に付いていこうという気持ちで、上橋ワールドの存亡を守り、旅するのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

全てのものがたりが一つに

2017/01/25 10:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までのバルサ・チャグムその他の多くの人々の物語が今ひとつの流れに繋がっていきます。
チャグムをはじめ、登場人物たちの成長した姿に胸が熱くなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読めます。

2016/10/05 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついつい一気に読んでしまう物語です。こういう人間だ、と一言では済ませることのない人々の描き方に圧倒されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/22 11:48

投稿元:ブクログ

良かった!  とにかく良かった!!  全巻読み通してみて、あまりにも陳腐な感想だけど、今は良かった!という以上の言葉が見つかりません・・・・ ^^;  この作品を読んでいる間の没頭の仕方と言い、世界観に対する共感と言い、KiKi のこれまでの読書の No.1 だった「指環物語」とあっさり肩を並べてくれちゃいました。

3巻という膨大な物語の感想をこんなチャチなブログの1日の記録に書けるものではありません。  でもチャグムの成長も、バルサとタンダの結末も(ちょっぴり胸が痛いこともあるけれど)、トロガイの活躍も、シュガの立ち回りも全てが彼ららしい生き方で「うんうん、そうだよね。  ○○は絶対こうでなくちゃ!」と頷ける、ものすごい大河ドラマでした。

(全文はブログにて)

2010/08/22 00:29

投稿元:ブクログ

守り人シリーズも大詰め。
前作で、新ヨゴ皇国の皇太子チャグムは、好戦的なタルシュ帝国の虜囚となった。
皇太子が海で死んだという噂に、苦しむバルサのもとへ、思わぬ使者が訪れる。
新ヨゴ皇国は1年前から鎖国に入っていた。
チャグムを助けられるのは自由に動けるバルサだけというジンの手紙の内容に、チャグムを探して旅をするバルサ。
一方、あちこちで天候の変動が起き、タンダとトロガイは様子を探っていた。
ナユグに春が来て、あちらの川が増水、その影響がこの世界にも重なって起きている…?
とうとう村に徴兵が来て、タンダも軍に加わることに。
チャグムはひそかにロタ王国に潜入、同盟の道を探っていた。
ようやくロタのイーハン王子に会うが、故国では死んだとされているチャグムに同盟を結ぶ力はない。
カンバル王と結んではどうかとイーハンに持ちかけるバルサ。
バルサは雪の中、チャグムの足跡を追う。
危機一髪、ついに再会する二人に涙。

2011/04/10 03:52

投稿元:ブクログ

前作『蒼路の旅人』で海を隔てた南の強国タルシュ帝国に捕虜として捕らわれ、その野望を知った新ヨゴ皇国の皇太子チャグムは、タルシュ帝国から新ヨゴ皇国に送り返される途上、ある思いを抱いて船から海に身を投げ、行方知れずとなる。
本作『天と地の守り人 第一部』では、チャグムはタルシュ帝国の捕虜になる前に戦死したことになっており、新ヨゴ皇国ではすでに葬儀も行われている。
女用心棒バルサは、彼女あてに託された手紙を受け取り、チャグムが死んでいないことを知り、チャグムを探すため、ロタ王国に向かう。
チャグム探しの旅の中で、バルサにもチャグムを取り巻く複雑な国と国との駆け引き、国の中での主導権争いなどが少しずつ明らかになっていく。
バルサはチャグムを探し出すことができるのか…?

2011/11/11 10:44

投稿元:ブクログ

表紙裏より・・・

ロタ王国編
バルサはチャグムを探し出せるのか!
 行方不明のチャグムを追って、ひとりロタ王国へ向かうバルサ。
 壮大な物語の最終章 三部作の第一部。

2009/02/24 06:02

投稿元:ブクログ

守り人シリーズ最終三部作の第一部。

一つの映画を見ているようなスケールで、どんな場所でも思わずのめりこんで読めてしまうのが、この作品の魅力。

アニメで知ったこの作品も、いよいよ終盤戦にさしかかり、今まで出てきた国々が一つの大きな国の脅威にさらされ始めた。

一度は生死不明だったチャグムの手がかりを得たバルサは、再びチャグムを救うべくその足跡をたどるのだが、なかなかたどりつかないと同時に、不穏な政情が耳につくようになってくる。今後、二人は再開することができるのか、そして、タンダなどバルサをめぐる人々の運命は・・・。

走り出した第一部、全部で三部作の長編となるので、じっくり楽しみたい。


2010/02/13 13:20

投稿元:ブクログ

あいかわらず面白い!!
守り人シリーズと旅人シリーズがここで合体します!!

チャグムとバルサ両方観れる面白さ★そしてタンダが・・・

こんな世の中には絶対したくないと感じますよ

2012/09/10 18:49

投稿元:ブクログ

今回はバルサ視点に戻してのスタート。
登場人物もオールスターでもうドキドキして、おもしろいくて、一気読みしました。

2008/10/13 21:11

投稿元:ブクログ


待ってました!!

やっと発売☆☆☆

コレ。。。今までの登場人物フル出場な予感です!!


チャグム。。。男前になってるし!!


2009/06/17 19:56

投稿元:ブクログ

(……ずいぶん、大人になったんだなぁ。)
 頭の中ではわかっていたつもりでも、実感できていなかった歳月の長さが、あの便りを読んでいるうちに、くっきりと心にせまってきた。
 十一歳のチャグムを、ふいに背負いこんでしまったあのときは、命を守ることだけを考えればよかった。
 だが、十六になったチャグムをとりまいているのは、複雑で巨大な、国と国とのかけひきの渦だ。それに……、
(チャグムは、そのことをちゃんと知っている。自分がどんな道を歩いているのか、わかって歩いている。)
 チャグムはもう、為政者となる道から逃げようとはしていない。皇太子になるのがいやで、宮の暮らしがいやで、いっしょに旅をしたいといっていた、あのころの少年ではないのだ。
 ふっと、ヒュウゴの言葉が耳によみがえってきた。

 ――あの方には幸せになってほしい。だけど、きっと、もう、あの方自身、そういう暮らしを夢みてはおられないんじゃないかな……。
(本文p260-261)

2013/05/25 11:44

投稿元:ブクログ

大好きなシリーズの最終作。続きが読みたいけど、終わってしまうのは悲しい・・・複雑な気持ち。新ヨゴだけじゃなく、ロタ、カンバルも出てきて、懐かしい面々もたくさん出てきて嬉しい。ずっと気になってた、アスラが出てきたのが1番嬉しかったかも。これからどうなっていくのか。楽しみ。

2011/03/29 13:43

投稿元:ブクログ

文庫でここまで集めていたのに刊行されるまで待ち切れずに買ってしまった軽装版。

長い間離れていたバルサとチャグムが巡り会えてほっとするのと同時にタンダはどうなるんだ?と不安で仕方が無い…。

2009/07/26 14:31

投稿元:ブクログ

探し人、大きな戦争、これからの行方

最終章・・・まだまだ続いていて欲しかったよ(T_T)
ランクは3部作合わせてのもの。
このシリーズは私の中で1番なのです(^ω^)