サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

スプートニクの恋人(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 723件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/12/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-273129-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

スプートニクの恋人

著者 村上春樹

「すみれがぼくにとってどれほど大事な、かけがえのない存在であったかということが、あらためて理解できた。すみれは彼女にしかできないやりかたで、ぼくをこの世につなぎ止めていた...

もっと見る

スプートニクの恋人

税込 637 5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.6MB 無制限
Android EPUB 3.6MB 無制限
Win EPUB 3.6MB 無制限
Mac EPUB 3.6MB 無制限

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

税込 691 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「すみれがぼくにとってどれほど大事な、かけがえのない存在であったかということが、あらためて理解できた。すみれは彼女にしかできないやりかたで、ぼくをこの世につなぎ止めていたのだ」 「旅の連れ」という皮肉な名を持つ孤独な人工衛星のように、誰もが皆それぞれの軌道を描き続ける。 この広大な世界で、かわす言葉も結ぶ約束もなくすれ違い、別れ、そしてまたふとめぐりあうスプートニクの末裔たちの物語。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー723件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

絶対的な孤独と向き合う小説

2009/10/19 09:25

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuki-chi - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は、日本からギリシャのロードス島に飛び、
そして、はるか大気圏の外にまで思いを馳せる・・。

ぼくの目を通して描く、小説家志望のすみれ。
ぼくはすみれに片思い。すみれは17才年上の女性ミュウに恋している。
交わることのない行き場のない想い。

心に孤独を抱え生きる3人の姿が
地球の引力を唯一つの絆として、
周回し続ける人工衛星の孤独な姿と重なり合う。

引力という見えない絆。
確かにそこに在るのではあるが、実際は自分を繋ぎとめている大切なものなのに「見えない」という不安。
絆がちぎれて、いつか宇宙の闇の彼方に消えていくのではないか・・・と。

こんなに多くの人が込み合って、生きている地上でも
多かれ少なかれ、皆そんな思いを抱えて、孤独に苛まれながら生きている。

もし自分が消えてしまったら、どうなるか・・
悲しんでくれる人はいるのか、探し回ってくれる人はいるのか・・。
そんな思いが「あちら側の世界」を創り出す。
自分の人生を俯瞰して眺めることができる場所があれば、
もう孤独ではないのだろうか・・・。

普段は蓋をしてあまり見ないようにしている自分の心の一番奥深くにあるもの・・。
村上春樹は、個々が向き合って、考えるようにとそれを目の前に置いてみせる。
答えも出さず、ヒントも最小限で去っていく・・。

村上作品を読んでいると、
生涯かけてでも、向き合い、答えを見つけねばならない・・そんな人生の課題がたくさんできる。埋もれそうになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すみれの人柄がいい

2002/05/30 14:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鼠  - この投稿者のレビュー一覧を見る

このパラレル世界の意味はすごくよくわかりました。でもそういう話の核心よりも、すみれのキャラが良いなあ。小説家になりたくてそのことばっかり考えてたすみれ。物語の始まりから引き込まれました。私は、村上春樹の長篇は前半がつまらないと思っているんですけれど(笑)、これは最初の一行からいいぞ!と思いました。「ぼく」が語るすみれの姿は愛情に満ち溢れているし(て、そんな愛情とか言えるような簡単な記述じゃないんだけど…)、「ぼく」とすみれの人格破綻者ぶり(?)も良いなあと思うし。とにかく好きです。物凄く好きです。好き過ぎてんまり意見がかけませんよ!!! 何度も繰り返して読んでいるラブストーリーです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上春樹氏のこの世のものとは思えないラブストーリーです!

2016/08/13 10:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、村上春樹氏の、とても奇妙な、そしてこの世のものとは思えないラブ・ストーリーです。内容は、22歳の春に生まれて初めて恋に落ちた主人公のすみれを中心とした物語です。この恋は、広大な平原をまっすくに突き進む竜巻のような激しい恋で、それは行く手にあるすべてのものをなぎ倒していくだけの力をもったものでした。さて、すみれの恋はこのあとどうなっていくのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

孤独を共感するという形で孤独を乗り越える道

2010/02/15 00:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公のすみれは小説家志望の22歳の女性だ。小学校教師である「僕」はすみれを愛し、性欲を抱いているが、すみれは「僕」を性の対象としては見ない。すみれは17歳年上の女性ミュウを愛し、性欲をおぼえるが、ミュウはだれにも性欲を感じない人間である。
 お互いにお互いをとても大切に思いながら、どこかですれちがい交わらない。ミュウは「本当の自分」を「むこうの世界」に置いてきてしまった、と感じている。すみれもまた、「むこうの世界」に行ったまま姿を消してしまう。(「むこうの世界」とは、村上独特のパラレルワールドなのだろう)だれもが真っ暗な宇宙を永遠に飛んでいる人工衛星のように孤独である。
 すみれを失った「僕」は孤独にさいなまれる。
 万引きを繰り返す教え子の小学生に対して、大事な人を失った自分が孤独であることを一人語りのように語る。そのとき、固く口を閉ざした子がわずかに心を開く。
 人間は孤独である。でもその孤独を自覚し、他者に対して自らの口で真摯に語るとき、孤独を共感するという形で孤独を乗り越える道がわずかに残されているのではないか--。
 そんなことを伝えようとしているのではないか、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あちらがわ、こちらがわ

2001/06/25 21:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バイシクル和尚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「すみれ」にとって人生の全ては小説であった。おしゃれも恋も人付き合いでさえも無関係のこと、小説を読み、書くことがすべてであった。そんな彼女と友達であった「僕」は完全にすみれに恋をしていた。しかしすみれにとって「僕」は完全に友達であった。すみれを抱き愛し合いたいと願う「僕」とは正反対に、すみれは性欲すら無かった。そんなすみれの人生が180度転回する出来事が起こる。すみれは恋をする、当然に性欲を伴った恋を。ただその相手は13歳年上の「ミュウ」という女性であった。すみれは初めての、しかも同性を相手とする恋に迷い、喘ぎながらも幸福を感じる。しかしすみれの欲望が頂点に達したとき事件はおこる。
 僕とすみれとミュウ、それぞれの外的世界と内的世界での葛藤と錯綜。村上春樹自身が言うところの「あちら側の世界」がテーゼとなっている物語である。小説というファクターが中心に据えてあることもあって、著者独特の表現が所狭しと現れてくる。その点でいえばファンは十分に満足できるだろう(しかし私は村上春樹の「たとえ」方が大好きではあるが、いささか胃もたれぎみ)。ストーリー展開はさすが絶妙で、ある意味サスペンス的な楽しみもできた。ページを早くめくりたいという衝動で、あっという間に読んでしまった。ただそれだけにラスト(スパート)のあっさり感には少し不満が残った。
 おいてけぼり感、確信犯的なものなのか、もっと「考えろ」ということなのか、それもこの小説の楽しみ方の一つか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「ガールフレンド」と別れたの、良かったんだね

2019/01/24 04:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Fortheseventhgeneration - この投稿者のレビュー一覧を見る

バイトに来てるトルコ人の女の子が、「今、村上春樹読んでるんです」って言うんで何読んでるのって聞いたらこの本だった。もちろんトルコ語版だ。
そういえば30年以上前に「ノルウエイの森」読んだ。でもそれ以来、彼の小説読んだことなかったナ。
さっそく買って読んでみた。あっという間に読み終わった。ふむふむ、なかなか勉強になった。
正直に言うと、ミュウの観覧車事件のとことか、好みじゃないんでキツかったんだけど、終盤の描写とか、とっても印象的で、もしかしたら私たちにだって、そんなこともありうるんじゃないかって思うくらい、人の心の不思議さも感じた。
今度、あのトルコ人大学生の女の子の感想も聞いてみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上作品、初読み

2018/11/19 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は最後まで名前がなく不思議な読了感の作品。スプートニクという言葉も知らない状態での初村上作品。小難しそうで敬遠してましたが、読んでるうちにグングン引き込まれた。恋愛小説でもないし、ファンタジーでもない、不思議で心に残る物語でした。にしても、カトリックの学校であんな風に人間だけが優れていると教えるのはどうなんでしょうか?15歳の女の子なら確実に引くよね…。主人公が喫茶店で教え子のニンジンに一方的に話すシーンが印象的。村上作品もっと読んでみようと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ノルウェーの森 B面

2017/02/28 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹が得意とする「向こう側の世界」がギリシャやスイスを舞台に、不気味に、かつ幻想的に描かれている。多くの人が指摘しているけれど、『ノルウェーの森』の同工異曲というか、サイドBのような印象も抱かせる。主人公の「すみれ」が小説家を目指していることもあり、村上春樹の小説論としても読める。ものを書くこと、考えることに誠実であろうとするすみれに好感を持つ。終盤で出てくるスーパーの警備員は、『1Q84』の(あるいは『ねじまき鳥』の)牛河を彷彿とさせる鋭く粘着質な男で、特に印象に残った。惜しむらくはラストがやや唐突なこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スプートニクの恋人

2001/10/31 15:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:333 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村上春樹氏の恋愛小説。叙情的な作品で、面白いがいまいちなにかが足りない。いつも、どおりの村上春樹の枠に納まっている気がしてならない。どこかしら、引っかかる所が残る作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/05 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/12 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/27 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/29 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/02 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/05 03:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。