サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されている
マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されている

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/01/30
  • 販売開始日:2017/01/30
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-06943-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されている

著者 リチャード・ドッブス,ジェームズ・マニーカ,ジョナサン・ウーツェル,吉良直人

世界一のコンサルティング・ファームが予測する近未来は、こんなにも激しく、破壊的だ英『ザ・エコノミスト』『フォーチュン』『フォーブス』が選ぶ必読書エリック・シュミット「これ...

もっと見る

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されている

1,750 (税込)

ポイント :16pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

マッキンゼーが予測する未来 近未来のビジネスは、4つの力に支配されている

1,944(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 13.8MB 無制限
Android EPUB 13.8MB 無制限
Win EPUB 13.8MB 無制限
Mac EPUB 13.8MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界一のコンサルティング・ファームが予測する近未来は、
こんなにも激しく、破壊的だ

英『ザ・エコノミスト』『フォーチュン』『フォーブス』が選ぶ必読書

エリック・シュミット「これから何が起こるのか、先見の明ある診断を提供してくれるばかりか、日々変化の速度を増していく世界でどのようにすれば成功できるのかがわかる」

 戦略コンサルティング・ファーム, マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営および世界経済の研究部門である、MGI(マッキンゼー・グローバル・インスティテュート)のディレクターであるコンサルタント3名による未来予測。

「もし、これまでの人生であなたが積み上げてきた直観のほとんどが間違っていたとしたら?」
著者たちは、こう問いかける。私たちがこれまで学び、社会の常識だと考えてきたことが、世界の実情とはかけ離れはじめている。つまり、現実の変化の方が、私たちの認識している常識を追い越してしまっている。本書は、そうした私たちの認識と現実のギャップを、数多くの事例で示してくれる。

 著者たちは、世界・地域経済の見方を変える必要性を力説し、これまでしみついた直感・常識を捨てることを提唱。そのことを検証するため、現在進行中の変化の根源を、時系列データを用い、グラフィカルに分かりやすく説明し、こうした思考の変革が、企業ならびに政界のリーダーになぜ必要なのかを主張している。

リンクトイン社、共同創業者・会長、リード・ホフマン
「世界各地の相互結合はいっそう増大してきており、だからこそ複雑さも増している。新しいネットワークの時代には、新たな戦略が必要なのだ。『マッキンゼーが予測する未来』は、技術と製品、資本、人材の世界的な流れの加速が持つ「変化を推進する役割」についての戦略的思考、それに容赦なく訪れる変化と巨大な機会に象徴される未来にどのように備えるのかを戦略的に考えるうえで、優れた入門書である。この書籍を強く推薦したい。」

元アメリカ財務省長官、ローレンス・サマーズ
「誰にも未来を予言することはできない。だが、『マッキンゼーが予測する未来』は非常に良いショットを捉えており、確度の高い予測がなされている。この本を読めば、未来がもたらす何かについて、自分が何を準備すべきかを考えることができる。未来への対応に部分的にでも責任を持つ人はすべて、本書の分析を注意深く考えてみるべきだ。」

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

印籠

2017/05/20 11:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KKキング - この投稿者のレビュー一覧を見る

「マッキンゼー」が印籠のようにタイトルに鎮座することから想像はできる。つまり、ある種の「不安商法」ではあるが、正常性バイアスを捨て、耳を傾ける価値はある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

来たる未来の一意見

2017/05/10 07:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事の参考として購入。すぐに仕事に役立つものではないが、普段の業務をこなしているだけでは思いつかない視点を感じ取ることができる。忙しくて日常業務に追われている人にこそおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

世界と経済の潮流が見えた

2017/03/27 22:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

近ずく変化の胎動を感じていても、どう変わって行くのか分からなかったが、本書でその変化の道筋の一つを教えてくれた思いである。
読み終わって言えることは、過去及び現在のリセットと同等のチェンジだということ。その覚悟で前を向いて進まないといけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/13 09:49

投稿元:ブクログ

近年のトレンドについて、データを基に要素を整理。
それに対する主に経営の視点での対処は、やや短絡か。

4つの破壊的力
・世界経済の重心の移動
・技術革新の加速
・地球規模での平均年齢の上昇
・世界のつながりの重層・強化

・都市レベルでの展開
・ライフサイクルの俊敏な更新
・近々来る中間層のピークアウト
・天然資源の供給力の限界
・未来の政府の適正な規模

2017/03/25 23:40

投稿元:ブクログ

マッキンゼーが予測する未来 R・ドッブス、J・マニーカ、J・ウーツェル著
激変する世界への備え説く
日本経済新聞 朝刊 読書 (31ページ)
2017/3/25 2:30
 メッセージは、挑戦的である。未来は、私たちが慣れ親しんだ世界観をガラリと変えていくから、直観力を大胆にリセットしろと言う。人間は、現状維持バイアスが強く、たとえ証拠を示されても、自分の持つ仮説やアプローチを容易に変えないものだ。


 例えば、グローバル化やテクノロジーの進化による生産性上昇に対して、「人減らしにつながる」という一般大衆の直観がある。しかし、歴史が証明しているのは、大衆の認識とは逆である。米国では、生産性向上とともに求人需要も増えている。政府には直観に逆らってでも変化を加速させる税制や規制を設けることが望まれる。

 マッキンゼーが予測するのは、トレンドを破壊する4つの力が強まる未来である。新興国、テクノロジー、人口動態、通信などのグローバルなつながりの作用。この4つが私たちの世界観を一変させる。経済の重心は、大企業が本社を置く先進工業国から、中国のような新興国市場、特に人口膨張する都市に変わる。企業のライフサイクルは短くなり、経営者は今まで以上に素早い意思決定と経営資源の投入をせざるを得なくなる。

 肝心なのは、トレンド変化が起こる変曲点である。直観力をリセットしても、変化がいつ起こるかがわからなくてはどうしようもないと思える。本書は、そこはわからないとする。

 例えば、企業の資金調達コスト(資本コスト)は上昇すると見通している。私たちは30年間下がり続けてきた金利のせいで、それが未来も続くと錯覚しがちである。おそらく、新興国のインフラ投資が資金需要を掘り起こせば、世界の人口高齢化と財政赤字の長期化で資金供給が追いつかなくなり、資本が入手困難になる時代が到来するだろう。本書は、金利上昇と金利低下のどちらのシナリオが実際に展開するにせよ、企業が健康でいられるように、シナリオに二股をかけた対応を提示する。

 評者はトランプ米政権によって未来が不透明になっている今だからこそ、本書を読む価値があると考える。何しろトランプ政権は、直観を前面に出して、本書のトレンドを破壊しようとしているからだ。どちらの真実が勝利するかを見極めたい。

原題=NO ORDINARY DISRUPTION

(吉良直人訳、ダイヤモンド社・1800円)

▼著者はマッキンゼーの世界経済研究部門メンバー。

《評》第一生命経済研究所首席エコノミスト

熊野 英生

2017/03/13 07:49

投稿元:ブクログ

いわゆるハウツー本ではなく、本書を読んだとしても、明日からのビジネスの打ち手に繋がるわけではないが、少なくとも本書で述べる4つの世界的な潮流は理解する価値がある。

2017/05/03 11:24

投稿元:ブクログ

難しかった。。。
自分の理解力の無さを痛感。まあエッセンスは理解できた。

新興国の都市化による地球の重心の変化。
どんどん短くなる商品サイクル。
雪だるま式に早く大きくなる膨大な情報。
今までの常識で事業経営していたら生き残ることは到底無理、直感力を磨かなければならないと警笛を鳴らしている。