サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~4/30)

[帯バナー変更]2017春 映像化キャンペーン(~4/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. ライトノベル
  4. 新フォーチュン・クエストII
  5. 新フォーチュン・クエストII(8) 月の光とセオドーラ
新フォーチュン・クエストII(8) 月の光とセオドーラ(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

新フォーチュン・クエストII(8) 月の光とセオドーラ

著者 著者:深沢 美潮,イラスト:迎 夏生

いよいよ、本格的にルーミィの家族を捜すことにしたパステルたち。ブラックドラゴンのJBに情報をもらって行ったエルフの里「蒼の樹冠」はもぬけの殻だったが、偶然居合わせた賢者オ...

もっと見る

新フォーチュン・クエストII(8) 月の光とセオドーラ

616 (税込)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

新フォーチュン・クエスト 2−8 月の光とセオドーラ (電撃文庫)

616(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 23.1MB 無制限
Android EPUB 23.1MB 無制限
Win EPUB 23.1MB 無制限
Mac EPUB 23.1MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!10%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年4月20日(木)~2017年4月27日(木)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月6日(木)~2017年4月27日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いよいよ、本格的にルーミィの家族を捜すことにしたパステルたち。ブラックドラゴンのJBに情報をもらって行ったエルフの里「蒼の樹冠」はもぬけの殻だったが、偶然居合わせた賢者オパールの使者・コパールとフォトンから、アビス海にもエルフの里があると教えてもらえた。さっそく一行は、アビス海に面した港町・コーベニアへ。ディビーとディビーママ&ニキティータの歓迎を受け、さらにキャプテン・ブラックの協力もあって、なんとか小舟でエルフたちがいるという島へ向かう……けれど、そこは怪しげな灰色の靄が立ちこめ船が航路を見誤ってしまう「妖海」と呼ばれる海域で……? ドキドキ&ワクワクいっぱい、不思議なモンスターも山盛り登場!! 海洋冒険の始まりです!

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/28 23:10

投稿元:ブクログ

懐かしの面子がたくさん出てきてわちゃわちゃした感じ。

でもその中にも、ルーミィの両親探しを一区切りにして、みんなそれぞれの道を歩もうとしている。
暖かくて、家族みたいなパーティーだけど、やっぱり変わらないものってなくて、終わりに近づいているのを感じるパステル。

今後どうしたい、という確固たる目的がまだない彼女だけ、何となく置いていかれたような、足元が不安定な気持ちになったりする。
多分、その気持ちを無意識に感じとってるのがシロちゃん。
もとの姿に変身できなくなっちゃったのって、冒険が早く進んじゃう事を無意識に恐れてるんじゃないかな。

トラパスのじれじれ具合もピークだし。。
ここはちょいちょいキットンいい仕事してるね!
流石唯一の既婚者!(笑)

2017/01/12 21:45

投稿元:ブクログ

安定のフォーチュン、新刊楽しく読みました~。
あとがきにもエンディングも近いとあり、
安定感のなかにもいくばくの寂しさが・・・。
それはパステルが感じているものと同じなんだろうなあ、と
大切であったかくて、そこにあるのがあたりまえようなものだけど、やっぱり変わらないものはなくて、
みんなそれぞれの道にそれぞれの目標や、希望に向かって
歩き出す時がくるんだ、とゆー。
ああー、パステルじゃなくても涙でちゃうよー。
ルーミィの家族みつかって欲しいけど、そこがいろんなことの分岐点になるんだろうと思うと、少々複雑な気分。
でもこの中で一番心配なのはやっぱパステルかな~って思う
いまだひとりになることへの恐怖(?)みたいなもんを
抱えているみたいだし。
うーん、どうなのかなあ?
まあ、きっと彼女なら乗り越えるだろうし、新しい道をみつけるだろうとは思うんだけどね。

表紙イラストはトラパスファンにはきたああ~~ってもんで、思わず手にしてにやけてしまったぜ。
まあ、期待したほどのシーンはなかったものの、
ちょいちょい、にやにやシーンが・・・・。
キットンの台詞とかもめっちゃ意味深でしたしねー。
いやあ、久々に妄想話書き連ねたくなってしまったよ。

クエストとしては、ほんっとフォーチュンらしく、
人助けのためのおつかいもの、で、
しかも、懐かしい面々がどんどんでてきて楽しくって楽しくって。
なんだか、一巻から読み返したくなってきたよ。
クンちゃんとか、いたよねー、あの話し方、なつかしいわあ。
パステルとクレイが感じているような、
ほんのすこし一緒に過ごしただけでも大事な繋がりができるって素敵だなあって、
それがこのパーティのいっちばんの
つよい、つよい、力だなあって、思う。

2017/02/13 18:24

投稿元:ブクログ

いつの間にやら発売されてました!
一ヶ月も前に!!

滅多にないと言いつつデジャヴ感凄い“寝つけない夜”。最近はずっとパーティ解散を憂える描写でややマンネリを感じる。サッパリと明るいのが売りのフォーチュンがお人好しで杞憂癖のあるパステル視点であるが故に共感できる域をオーバーしてしまった気がする。昔は読者視点のツッコミ役、案内役みたく思えたのだけれど。パステル個人のキャラクターがくっきりし出したからかもなぁ。一人称で進む作品はそこが鍵かも。読者を引っ張っていける強い個性か、完全にニュートラルな個性。

ところどころに筆者自身の年齢での感慨を感じたりもして。母親になってからも本を書くとか、キャプテン・ブラックの告白とか。彼の口調がなぁ。一人称“我輩”だけが浮いてる感じ。“〜だけどねぇ”って合わない。他にもチラホラ、口調の違和感はあった。トラップが文語使ってたり。

文中、毎週土曜日、と言う発言があったけど、フォーチュン世界に普通の曜日ってあったっけ? とか、ちょっと引っ掛かった。若干『ボツコニアン/宮部みゆき』的な俗っぽさと言うのを感じるかなぁ。

例によって例の如く、当初の目的から外れたクエストになるわけだけれど。それがフォーチュン。
今回はドラマチックな進展は無し。降りかかったクエストをこなす系。

表紙にいたから登場は確信してたけど、クンちゃん懐かしい。相変わらずかわいい。しかしイカクンテ族もなかなかに俗っぽいと言うか、世知辛いと言うか。ファンタジーと言うよりは何だろう?!社会風刺が濃い?!

あとがきでも触れていますが、もうそろそろこの作品も終わりを迎えるんだなぁ……。思えば小学三年か四年の頃。当時住んでいた街のTSUTAYA、入り口からすぐの新作コーナーだか注目コーナーにズラッと既刊が並べられていて、その時の最新刊はフォーチュン4作目、『ようこそ!呪われた城へ』だったと思います。懐かしい。これ面白そうだなって手に取って母に見せに行ったこと、兄がシリーズを知っていたこと、色々と鮮明に思い出せます。
私が文章を書くようになったきっかけの作品ですし、読書量が増えたきっかけもフォーチュンだと思います。

そのシリーズがいよいよ。感慨深いですね。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む