サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 四度目の氷河期(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/02/17
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-123035-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

四度目の氷河期(新潮文庫)

著者 荻原浩

小学五年生の夏休みは、秘密の夏だった。あの日、ぼくは母さんの書斎で(彼女は遺伝子研究者だ)、「死んだ」父親に関する重大なデータを発見した。彼は身長173cm、推定体重65...

もっと見る

四度目の氷河期(新潮文庫)

税込 869 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.4MB
Android EPUB 6.4MB
Win EPUB 6.4MB
Mac EPUB 6.4MB

四度目の氷河期 (新潮文庫)

税込 869 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小学五年生の夏休みは、秘密の夏だった。あの日、ぼくは母さんの書斎で(彼女は遺伝子研究者だ)、「死んだ」父親に関する重大なデータを発見した。彼は身長173cm、推定体重65kg、脳容量は約1400cc。そして何より、約1万年前の第四氷河期の過酷な時代を生き抜いていた――じゃあ、なぜぼくが今生きているのかって? これは、その謎が解けるまでの、17年と11ヶ月の、ぼくの物語だ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

子供のがんばりには元気をもらえる

2013/02/01 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤエチン25 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公もその幼なじみの女の子も決して恵まれた境遇ではないのだけれど、へこたれない健気さが伝わってくる。自分をクロマニヨンの子と信じなければ、心の穴がふさがらなかった思いはとても哀しいのだけれど、だからこそのその執着心には脱帽させられる。哀しい現実が続くけど、それを乗り越え1つの愛を手に入れられてほっとした。600ページにわたる長編だけど一気に読める読み応えのある作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

氷河期って、就活の?本物の氷河期?

2017/04/16 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ワタルは、母子家庭で父が誰かわからず、死んだと聞かされて育つ。ある日、研究者の母の部屋で「クロマニヨン人」が自分の父親かもしれない資料を見つける。子供の頃から、他の子供たちと自分が違う事、虐めの原因など幼いながら悩む日々。女友達のサチと犬のクロとの秘密の場所での楽しみが、心の支えの毎日。早く走るのがワタルの得意分野だったが、中学で陸上に目覚め、やり投げをやりたいという新たな目標が出来る。自分が何者なのか、もがき苦しみながら17歳11か月がやって来る。父との出会いがかなうかもしれない。
タイトルだけでは分からなかったが、就活の氷河期ではなくマンモス時代の氷河期のほうだった。結構長くワタルの心理状態と共に時間を追って物語はなかなか進まない感じだった。心の葛藤が丁寧に描かれていると思う。荻原さんの新たな魅力を見つけました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とてもユーモアと想像力にあふれる傑作

2016/02/01 08:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、荻原作品の中でもなかなかユーモアと想像力にあふれた作品です。主人公は小学校5年生の男の子。夏休みのある日、偶然、遺伝子研究者である母が集めたであろうと思われるデータを発見します。よく見ると、これは死んだ「父」のデータのようです。そして、これは氷河期に絶滅したクロマニヨン人のようです。主人公の父は果たしてクルマ二ヨン人なのか?主人公の旅が続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/18 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/15 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/19 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/13 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/04 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/10 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/15 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/09 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/28 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/13 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。