サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

 新規会員50%OFFクーポン ~7/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 581件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/02/17
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-123032-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

噂(新潮文庫)

著者 荻原浩

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウト...

もっと見る

噂(新潮文庫)

税込 781 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

噂 (新潮文庫)

税込 825 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー581件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

見る目が変わる作品

2020/08/24 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

荻原浩さんって、もっと楽に読める作品を書かれる方だと過去に拝読した作品から勝手に思ってました。
途中まではスイスイと吸い込まれるように読み進んでいたのですが後半は圧巻でした。時折見せるヒントと想像を裏切る展開、ほのぼのとした家族愛や現代人の孤独と闇も織り交ぜ、ラストの和やかな食事シーンでホッと一息つかせたと思いきや衝撃の最期のセリフ。まさにミステリーの真髄。
解説にも書かれていますが、本作品にも垣間見られる作者の多面性に触れ、全作品を読破したくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画の「サイコ」を連想しました。

2019/05/26 08:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

『噂』は、荻原浩のミステリー。
この人がミステリー作家とはあまり思っていなかったんだけど。
猟奇的な連続殺人事件の被害者は小柄な女子高生。
広められた「噂」と犯人との関連が疑われるが、捜査方針は別の方向に。
その中で小暮と名島の「チーム」が真相に迫る。
このチームがなかなかいい。
名コンビで、シリーズにしてほしいぐらいです。
で、ストーリーは、一件落着と思わせて、でも一筋縄ではいかない。
解説を読んで、その仕掛けを探し直しました。
う~ん、これはなかなかのものです。
映画の「サイコ」を連想しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最期まで面白い

2017/06/16 02:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんげ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代設定は2017年現在よりも古いが、中年のおじさんとギャルのやりとりや会話の内容は違和感なく読めた。
それぞれが抱える闇や秘密、謎が気になってすらすらと読み進めることができ、「最期の一行」に青ざめるまで楽しんで読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の1行を理解できるかどうか

2016/12/03 09:41

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読むべき本。荻原浩ファンは絶対読むべし。ほかと違ってユーモアはない。読むタイミングとして、荻原作品を2冊ぐらい読んだ後がいい。こんな本も書くんだというふうに思いながら読んでほしい。最後の1行の意味が分からないと凡作、意味が分かると秀作になるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の数ページでビックリ!

2020/06/27 08:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

意図的に流された口コミとそっくりな殺人事件が起きるというミステリー。面白いなあと思って普通に読み進めていたら最後の数ページで「え?どういうこと?」となり、ミステリーでは珍しいことですが、後半部分を読み返して「ああ、なるほど」と納得しました。漫然と読んでいると犯人を取り違えたまま読み終わるかもしれません。荻原さんがミステリーを書いているとは知りませんでした。なんとなく敬遠していた作家さんだけど、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

レインマン

2018/08/30 11:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

香水のモニターとしてかかわった女子高校生を巻き込んだ噂の流れや、小暮と名島のコンビで、物語が進む。菜摘が所々顔を出す。親の心子知らずですか。最後の一行、賛否が分かれる所かも。えー、と思わず声を出してしまったけど、納得もした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

無念を知った

2018/03/11 20:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

【ネタバレ】うわあ。最後1行が…。なんということだ。必死になって娘のことを思って捜査をしてきた小暮が浮かばれない。大どんでん返し、正に。親が知らない子供達の側面って本当にあるだろうな。どんなに仲良くても思春期になれば、親に話さなくなることばかりだし。それが誰もが通る道だったとしても、この結末にはもう、悲しみというより遣る瀬無さが残る。衝撃のミステリーだけれど、どうしてこうしたんだろう荻原さん。面白かった話が一気に無残になった…エンターテイメントで片付けられない薄気味悪さに困惑している。好きになれそうだったのに。無念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

噂は恐ろしいね

2015/03/24 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

香水会社が販売促進の目的で仕掛けた都市伝説。
狙いは見事に的中し,香水は大ヒットするのだが,都市伝説そっくりの猟奇殺人事件が起きて・・・。

面白かったです。


以下ネタバレ注意!個人的感想

ただ、最後の殺人はいらなかったのでは?
ラストの「オチ」が言いたいためだけの殺人。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イメージと違う

2021/03/17 21:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はなこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

荻原浩さんの作品は、シリアスな内容でもクスッと笑える要素があって、常に明るい気配が漂っていると思っていたけれど。
この作品はダークで、こんな感じもあるんだ、と驚いた。
文体がやや軽いけれど、ストーリーはハラハラでなかなか面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

モヤモヤとしたものが残る一冊

2021/01/16 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優乃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先が気になり一気に読める小説だと思いますが、エンディングまでどこかスッキリせず嫌悪感が残る感じはあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後が洒落てます

2016/12/20 10:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は期待していたイメージとはちょっと違い、私的には警察小説の範疇かなと思いました。猟奇殺人を扱ってはいますが、それほどグロくはありません。主要な登場人物が限られているせいか、犯人の意外性や衝撃というのはそれほど大きくはなく(何となく分かる人も多いでしょう)、何故?という最大の謎の部分も、そうだったのか!、というほどのものでもなかったですね。ただ、ストーリー展開は早く、飽きさせることなく一気に読めます。主人公の巡査部長と警部補にも好感が持て、続編があるのなら結ばれてほしいなと願いたくなります。そして、最後がひねられていて中々洒落てます。特に、最後の最後の一言。私は思わずニヤッとしましたが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2019/09/10 19:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neige - この投稿者のレビュー一覧を見る

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

初読みの作家さん。真犯人死亡で幕引きと思いきや最後の一行が…。
遊び感覚の殺人。刑事である親は知らぬまま…。
なんとも、心地の悪い終わり方であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/17 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/09 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。