サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

集英社BOOK 全品ポイント50倍(~5/26)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. Wシリーズ
  5. 【期間限定価格】私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?
【期間限定価格】私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?(講談社タイガ)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/21
  • 販売開始日:2017/02/21
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社タイガ
  • ISBN:978-4-06-294061-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?

著者 森博嗣

脱走したウォーカロンたちが潜んでいるというアフリカにあるコミューンへやって来たハギリたち。彼らはそこで、新しい生命のあり方を体験する。

29%OFF 5/31まで

【期間限定価格】私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback?

通常 745

522 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より223おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

私たちは生きているのか? (講談社タイガ Wシリーズ)

745(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

目次

  • プロローグ
  • 第1章 生きているもの Living things
  • 第2章 生きている卵 Living spawn
  • 第3章 生きている希望 Living hope
  • 第4章 生きている神 Living God
  • エピローグ

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

時に本を閉じて

2017/03/30 01:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっぱ焼きそばにします - この投稿者のレビュー一覧を見る

近年の森作品は作者の志向する通り、読み心地も物量も非常にライトなものばかりですが、このシリーズにおいてはそれが特に顕著です。本書も例外ではなく、習慣的に本を読む方なら半日とかからず読み終わってしまうでしょう。
しかし、そのようにして読んでしまうには本シリーズ(というか森作品)はあまりに勿体無い。パッケージはライトでもその中身はとんでもなくヘヴィ、というか深淵というか、目眩を感じるほどの奥行きをもった作品なのです。ですので、意識的にゆっくりと、丁寧に読むことをお勧めいたします。登場人物達のエッジィな発言や思考の展開が描かれれば一度本を閉じ、自分も議論に加わるように意見や反論を練ってみてはいかがでしょうか。実際にそのように読んでみて感じるのは作者の思考の階段の何と精緻なことか、という感嘆です。私にはこのシリーズがフィクションではなく、まるで未来の予言書のように感じられます。それはまさしく、この作品が第1級のSFであることの証左であると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ニヤリ

2017/02/24 19:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mancha18 - この投稿者のレビュー一覧を見る

エピローグの会話が、何て言うか…自然と顔がニヤけてしまう。
こういった感覚を味わいたくて、森博嗣の作品を読んでいると言っても過言ではない…かもね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/14 17:37

投稿元:ブクログ

Wシリーズの第5巻:Are We Under the Biofeedback?~ウォーカロンだけの村があると聞いてハギリ博士が訪ねたのはアフリカの南端。警察も立ち入らない場所は富の谷と呼ばれている。案内人は遅れてやって来て行き倒れ、仲介の占い師が紹介したローリィはキャタピラ式のバイクを調達してきた。村長のシンという百歳の老人だけが人間で他のウォーカロンは肉体を持たず、バーチャル空間で生活していて、夢の中で卵というプログラムを作って利益を得ているというのだ。勿論、頭脳だけ身体から切り離すのは違法だが、利益を上げているので治外法権が認められているらしい。バーチャル空間に入ったハギリとウグイにシンはアネバネが喜ぶかも知れないと呼びに行き、アネバネも入ってきたが、シンは姿を消し、3人は出られない。教師だったというウォーカロンが協力者になって図書館で調べるがログアウトの方法は見つからず、ハギリが図書館でデボラを調べると、気に掛けているデボラは気が付いて、隔絶されている地下にデジタルラジオを持ち込み、太陽を採り入れているファーバーを媒体として介入し、村はデボラの支配下に入り、3人は救出された。占い師マグナダを脅すと、シンとキリナバに誘導されて仕事を引き受けたのだと白状した。シンは端数を集めることで富を得ていたのだが、3人を監禁して日本への亡命を画策していたのだ。解放されたことで計画が挫折したシンは研究所でハギリを襲撃するが、撃退される。デボラが協力してくれる謂われは「友情」だった~肉体という不自由なモノから解放される道もある…と

2017/03/02 22:10

投稿元:ブクログ

Wシリーズ5作目。
今までで一番、哲学的な感じがする。
何をもって「生きている」と言えるのか。命があれば、と言えば、命とは?という疑問が出る。命は見えないし観測出来る事象じゃない。脳死を死と判断するか、という話とも似ている議論だ。

今作は劇的に進展するわけでもないし、何か事件が(あると言えばあるが)あるわけではない。だけど、何というか、じわりじわりと押し寄せる、そんなストーリィ。という印象。

最後のハギリ博士とデボラの会話が面白かった。

2017/03/18 00:10

投稿元:ブクログ

S&Mシリーズの最後もバーチャルの中の話だったっけ…うろ覚え。10年以上経って、その設定がさらに洗練されて展開していたように思う。

2017/02/24 22:16

投稿元:ブクログ

面白すぎた。凄いシリーズだ。毎巻、人類が新しい段階へステップアップしていくというか。新しい概念が導入されるというか。ネタが豊富だ。ついでに主人公パーティーは毎巻、大冒険しすぎである。研究者なのに。
羊パラダイス。

2017/04/21 10:13

投稿元:ブクログ

Wシリーズの続きを読んでみたが、これがまた面白かった。
最近のスマホばかり見ている人が多くなっているのを見るに、
やっぱり体を離れて電子的な世界に行ったほうが
幸せなんじゃなかろうか、と思ったりもするけど、
この本では、そういった世界が書かれていて、
SFの面白さの一面を知ることができたと思う。
あと、本題の「私たちは生きているのか?」についても、
「自分は生きていない」という登場人物について、
「どうして生きていないというのか」という理由が
最後に出てくるけど、その理由がストンと納得できるもので、
とても良かった。

2017/05/07 22:14

投稿元:ブクログ

『自分の存在を意識できる能力、その複雑性が、すなわち生きているという意味』

Wシリーズ第5弾。珍しく直球なタイトルと思ったらしっかりと英題の方で沈めてある。under the Biofeedback、つまり、意識的に制御されているか否か。生きているものだけが、生きているかと問う。寿命の概念がなくなった世界における倫理的な規範、そこに人間とウォーカロンの不合理性に対する認識の相違が表出している。

2017/03/25 09:12

投稿元:ブクログ

シリーズ物なので、ついつい読みたくなってしまいますね。しかし、毎回期待を裏切らない面白さです。
今回はウォーカロンの住む町に行って事件が起こるという話。
VR的(マトリックス的?)な話とか、不老不死の新たな形とか(ネタバレになるので詳しく書けない)、こんな未来もあるのかなあ、と想像しながら読めるのがこのWシリーズの魅力です。まあ、それらが仮に実現する頃には、自分は生きてないでしょうが。

2017/03/25 22:02

投稿元:ブクログ

「では、彼がやられたところを、マグナダは見ていたのですか?」
「わからないけれど、その可能性が高い」
「水晶玉を使ったのですか?」
「使わないよりは、多少科学的な方法だ」

「怒っているね?」
「はい」
「言いたいことがあったら、聞くけれど」
「言いたいことは事前に申し上げました。問題は、言っても先生にはきいてもらえない、ということです」
「うん。いや、充分に理解はしているんだけれど、しかし、なんというか、好奇心が勝ったというか…」
「誘惑に負けたということですね?」

「ここは、まだなにか重要なことを隠しているように思う。そうでなくても、ここと緊密な関係を持つことは、将来的に有益だと思える。なんか、そういう感じがする」
「感じがする」
「しょうがない。論理的ではないが、研究者としての勘みたいなものだよ」
「みたいなものではなく、単なる勘ではないでしょうか?」

「そうだね。悪いことを考えるのは、みんな人間だからね」

『理念を打ち立てるほど、言葉だけの理屈を信じていない。ただ、問題を地道に解決し、障害を取り除くことで、少しずつ生きやすくなれば良いと、というのが基本にある。正解値が得られないならば、近似値で良い。誤差が小さくなる方向へ進めば、それは進歩なのだ。』

「私はデボラは生きていると思う ー 自分の存在を意識できる能力、その複雑性が、すなわち生きているという意味だ、と私は解釈しているから」

『成長するとともに、この人間社会の不合理に圧倒されることになるはずだ。人間も地球も無駄なもので汚れている。社会も間違いだらけなのだ。
そして、最も我慢ならないのは、自分の肉体が、そんな汚れた地球の一部であること、自分の躰の中に不合理で意味不明な、洗練されていない自然が残っていることだ。
彼らがボディを捨てた理由は、それだろう。』

『いつか、人間もボディを捨てる時代が来るだろう。
これは、確信できる。
そのあとには、脳もいらなくなる。脳だって肉体だからだ。
人間は、いつか人間と決別することになるだろう。』

『そうか…。
生きているものだけが、自分が生きているかと問うのだ。』

2017/02/24 23:09

投稿元:ブクログ

2017/2/24読了。Wシリーズの5作目はタイトル通り、生きているとはどういうことか、が主題。
バーチャルとリアルの垣根が限りなく無に近づいた場合、何をもって現実を定義するのか。Wシリーズを通じて描かれる、人間とウォーカロンの境界についての議論と交わり、少しずつ核心に迫っていっているように感じる。
今から続編が楽しみで仕方がない。

2017/05/14 11:17

投稿元:ブクログ

【あらすじ】
富の谷。「行ったが最後、誰も戻ってこない」と言われ、警察も立ち入らない閉ざされた場所。そこにフランスの博覧会から脱走したウォーカロンたちが潜んでいるという情報を得たハギリは、ウグイ、アネバネと共にアフリカ南端にあるその地を訪問した。富の谷にある巨大な岩を穿って造られた地下都市で、ハギリらは新しい生のあり方を体験する。知性が提示する実存の物語。

【感想】

2017/03/22 12:09

投稿元:ブクログ

一回でさらっと読めない深みがある。疑問が投げかけられ考えるのに立ち止まり戻ってから進む。その繰り返しだ。

2017/04/08 20:28

投稿元:ブクログ

 水槽の中の脳。

 近いうちにこうなる、とは決して言えないけれど、限りなくリアルに沿った未来図なのではないかと思ってしまう。あり得ない、と切り捨てることができる技術ではもはやないのではないか。知識がないからなんとも言えないけど。
 シンの目的が結局よく分からなかったな。どうしてハギリ博士たちを閉じ込めたんだろう。誰が人間で、誰がウォーカロンだったのか。シン(老婆)は人間、キリナバも?
 ウォーカロンが人間に近づいていくこと、ほぼ人間と同化してしまうことによって、結局世界はどうなるのか。どうにもならないのか。ヴァーチャルの世界だけですべてが事足りる用になる未来がくるのだろうか。そうすれば今度はそこが「現実」になって、またさらにそこから見る「仮想空間」が生まれたりしないのだろうか。まとりょーしか。
 ラスト、ハギリ博士とデボラのやりとりがめっちゃ好きです。
 抜粋。


「持って回った言い方だね。えっと、ローリィが自分は生きていないと言った理由?」
「はい」
「面白い。教えて」
「理由は、彼が生きているからです」

2017/03/28 19:12

投稿元:ブクログ

逃げたウォーカロン達がいる!という「富の谷」へ潜入するハギリ博士御一行(゜゜;)ほんわか楽しそうな世界だなぁ(^-^)と思って読んでいたけれど、途中から「もしかして、そこは真賀田四季ワールドなんじゃ…?」と恐ろしくなった(ToT)でも最後のハギリ博士とデボラの会話はほんわか(*´-`)

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む