サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

[帯バナー変更]2017春 映像化キャンペーン(~4/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. シェイクスピア 人生劇場の達人
シェイクスピア 人生劇場の達人(中公新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/10
  • 販売開始日:2017/03/10
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • ISBN:978-4-12-102382-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

シェイクスピア 人生劇場の達人

著者 著:河合祥一郎

ウィリアム・シェイクスピア(1564~1616)は、世界でもっとも知られた文学者だろう。『マクベス』や『ハムレット』などの名作は読み継がれ、世界各国で上演され続けている。...

もっと見る

シェイクスピア 人生劇場の達人

756 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

シェイクスピア 人生劇場の達人 (中公新書)

886(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.4MB 無制限
Android EPUB 11.4MB 無制限
Win EPUB 11.4MB 無制限
Mac EPUB 11.4MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ウィリアム・シェイクスピア(1564~1616)は、世界でもっとも知られた文学者だろう。『マクベス』や『ハムレット』などの名作は読み継がれ、世界各国で上演され続けている。本書は、彼が生きた動乱の時代を踏まえ、その人生や作風、そして作品の奥底に流れる思想を読み解く。「万の心を持つ」と称された彼の作品は、喜怒哀楽を通して人間を映し出す。そこからは今に通じる人生哲学も汲み取れるはずだ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少し物足りない。

2016/11/07 18:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:インク - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待していた内容が無かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/05 08:42

投稿元:ブクログ

シェイクスピアの生い立ちや当時の演劇、政治と宗教事情が半分、喜劇と悲劇についての解説、そして、シェイクスピア作品の哲学。

作品論について、もっと突っ込んだものが読みたい。

2016/08/01 11:26

投稿元:ブクログ

シェイクスピアの作品が、彼の生い立ちと当時の世相を踏まえて分かりやすく解説されている。国教によるカトリック弾圧がシェイクスピア(と彼の作品)に及ぼした影響などは、様々な想像の余地がありそう。悲喜劇の作品分析で引用されている台詞とその解釈を読むと、今まで冗長に思えたものが意味を伴ってくるので、再読や未読作品への興味が掻き立てられた。

2017/04/22 20:22

投稿元:ブクログ

シェイクスピアの生涯を辿る前半はやや退屈だったが、筆者が「シェイクスピア・マジック」と呼ぶその手法を解説する後半からは俄然面白く読めた。

・観客に興奮させたい場面ではわざと時間を速く進める。客観的時間の「クロノス」と主観的時間の「カイロス」を巧みに使い分ける。
・言葉一つで瞬時に場所を移動できる。
・自由自在な場所設定。場所の設定は観客の想像力に任される。
・オクシモロンであるうちは喜劇、悲劇の本質はヒューブリス

シェイクスピアの時代、舞台に幕はなく、狂言と同じ張り出し舞台だった。
プロセニアム(額縁)舞台が主流となった西洋近代演劇では、『三統一の法則』(時の統一・筋の統一・場所の統一)を守る写実性が志向されたが、シェイクスピアの時代は違ったのだ。
シェイクスピアは高校時代に読み漁った。もちろん面白いと思ったからこそ何冊も読んだわけだが、その全てを理解できたわけではないし、違和感を覚えることも少なくなかった。違和感を覚えるとはつまり、マジックにうまくはまれなかったということだが、それも仕方ない。シェイクスピアはお芝居なのだ。舞台で見てこそ真価を発揮する。しかも、三統一に慣れた感覚で読むことに間違いがあった。

ところで、「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」
あまりに有名な翻訳だけど、これは罪作りな訳ではないか。自分含め誤解してる人は多いと思う。直球で「やるべきかやらぬべきか、それが問題だ」の方がまだ原文の意図は伝わったのではあるまいか。詩的でないという問題が残るけど。

2017/01/12 03:07

投稿元:ブクログ

よくまとめてあって面白かったし、勉強になった。最終ちかくになるところでは、最近学んだこととかが繋がったしおもろしかった。
時代を反映させることや、哲学的なとこ。

2016/10/21 21:50

投稿元:ブクログ

本書はシェイクスピアの描いた戯曲の読み方のコツやテクニックを直接的に解説するわけではない。けれども、読み終わったあとにはシェイクスピアの戯曲に描かれた世界が、より豊かにぐんと広がって見えるはずだ。

前半はシェイクスピアの生きた時代背景から彼の生涯をたどり、そこから彼の行動の背景にあったものに想いをめぐらせる。後半は、シェイクスピアの演劇の構造や背景を読み解く。有名なセリフや場面の裏に意図されたものや潜んでいるものを明らかにしてゆく。

動乱の世の中で、シェイクスピアは人間を見つめ、人間を描いた。人間は死すべき儚い存在だ。だからこそ、自分の死に想いを馳せ、死ぬまで何ができるのかを考えなければならないし、より良き生を生きなければならない。けれども、人間は全知全能ではないし、愚かしい存在だ。だからこそ、喜怒哀楽を持ち、間違い傷つく人間が愛おしい。そんな人間たちをシェイクスピアは描き続けた。

本書を通じて、シェイクスピアの戯曲の背景を支える彼の哲学や問題意識が、今の時代を生きるわたしたちにも切実に迫ってくる。本書はシェイクスピアの世界をより深く、より豊かに理解できる一冊だと言えるだろう。