サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~11/29

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/29)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/04/28
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790827-0
一般書

電子書籍

春の庭

著者 柴崎友香

第151回芥川賞受賞作。「春の庭」書下ろし&単行本未収録短篇を加え 待望の文庫化!東京・世田谷の取り壊し間近のアパートに住む太郎は、住人の女と知り合う。彼女は隣に建つ「水...

もっと見る

春の庭

税込 703 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.1MB
Android EPUB 6.1MB
Win EPUB 6.1MB
Mac EPUB 6.1MB

春の庭 (文春文庫)

税込 704 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第151回芥川賞受賞作。「春の庭」
書下ろし&単行本未収録短篇を加え 待望の文庫化!

東京・世田谷の取り壊し間近のアパートに住む太郎は、住人の女と知り合う。
彼女は隣に建つ「水色の家」に、異様な関心を示していた。
街に積み重なる時間の中で、彼らが見つけたものとは――
第151回芥川賞に輝く表題作に、「糸」「見えない」「出かける準備」の三篇を加え、
作家の揺るぎない才能を示した小説集。

二階のベランダから女が頭を突き出し、なにかを見ている。(「春の庭」)

通りの向こうに住む女を、男が殺しに来た。(「糸」)

アパート二階、右端の部屋の住人は、眠ることがなによりの楽しみだった。(「見えない」)

電車が鉄橋を渡るときの音が、背中から響いてきた。(「出かける準備」)

何かが始まる気配。見えなかったものが見えてくる。

解説・堀江敏幸

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

私も気になる金持ちの家の中

2019/01/28 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

金持ちの家の中というのはなかなか見ることができないし、それも有名人の家の中というとなおさらなのだが、この作品に登場する西さんはとにかくこの家の中が見たくてしかたがなくて、とうとうそこの家族と友達になってしまって侵入に成功してしまうのだが、この人が嫌な人ではなくて、ちょっと変わっているけど愛すべき人として描かれている。大けがをしてまでもその家の浴室をのぞいてみたいなんてとにもかくにも変わった人なのだが、私も好きかもしれない西さん。でも、私も昔、とても気になっていた洋館があったのが、とても西さんのような行動はとれなかった。あの家には、一体どんな人が住んでいたのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

柴崎友香の小説には不思議な雰囲気のものが多いが、ここに収められたものにはその感じがより強くする

2019/01/21 18:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な小説群である。柴崎友香の小説には不思議な雰囲気のものが多いが、ここに収められたものにはその感じがより強くする。特に「春の庭」では、唐突に語り手が変わる。それが不自然ではなく感じられるのが面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中々心が持っていかれなかった

2018/02/12 15:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もちっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて手にした作者です。賞をとられたそうなので読んでみようと思った次第で。。。

受賞作を含めた短編で、建物に関連する話でした。「春の庭」は、そこまで家にこだわりかと疑問を投げ掛けてしまうぐらいの執拗さ。登場人物の性格・性質がこうだから芥川賞なのかと深読みしてしまいました。

読み進めていても心が入り込めず、情景は想像しやすいのですが話の流れもいまいち。

私が未熟なせいか良さがわかりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

合わない

2018/07/15 10:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

芥川賞受賞というのに惹かれて買ってしまったが、文章、描写は別に嫌ではないものの、内容に全く入り込めず、読後も「どうして賞を取ったんだろう」と思ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

建物の物語

2017/06/08 01:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

終始ピンとこなかった。
おそらくは自分が登場人物にばかり目を向けてしまったからだ。

この物語はうつりゆく建物の話だ。

個人的には、建物なら、終わってしまった物語のほうが興味がある(廃墟)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/28 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/31 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/23 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/05 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/31 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/22 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/17 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/12 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/22 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。