サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

幻冬舎全品ポイント50倍(20170617) (~6/23)

FinTech大全

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/15
  • 販売開始日:2017/06/15
  • 出版社: 日経BP社
  • ISBN:978-4-8222-5199-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

FinTech大全 新刊

著者 スザンヌ・キシュティ,ヤノシュ・バーベリス,小林 啓倫

20カ国・85人のFinTech企業家や金融関係者が、徹底報告! 成功しているFinTechサービスが、この1冊ですべてわかる。新時代の金融サービスのカギと目される「Fi...

もっと見る

FinTech大全

3,240 (税込)

ポイント :30pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

FinTech大全 今、世界で起きている金融革命

3,240(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 14.5MB 無制限
Android EPUB 14.5MB 無制限
Win EPUB 14.5MB 無制限
Mac EPUB 14.5MB 無制限
【先着18,000名様限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
 ※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月25日(日)23:59まで

※クーポンを取得されていても、利用者が18,000名様に達した時点で終了となります。

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20カ国・85人のFinTech企業家や金融関係者が、徹底報告!
成功しているFinTechサービスが、この1冊ですべてわかる。

新時代の金融サービスのカギと目される「FinTech」とは何なのか。
ユーザーに「新しい体験」を与え、お金の課題を解決することができるのか。

85人に及ぶ実務家や専門家が、「いつ」「誰が」「どこで」「どのような」サービスを提供しているのかを最前線から丁寧に描くことで、世界のFinTechの息吹を体感する1冊。

世界のFinTechで今、何が注目されているのか
・既存の金融機関 vs FinTechスタートアップ
・大手IT企業がノンバンクへと変貌
・融資・投資が変わる
・新たな個人情報インフラと本人確認
・ストレスを感じさせないユーザー体験

世界のFinTechハブでは何が起きているのか?

・英国 ロンドンは「世界のFinTech首都」
・フランス 英米に続くFinTechハブを目指す
・オランダ 統合されたFinTechエコシステムを目指す
・ルクセンブルク デジタル・ルクセンブルク構想がFinTechを後押し
・オーストリア ウィーンはモバイル決済の勝者となるか?
・インド 急速に成長しつつあるFinTechハブ
・シンガポール 東南アジアのFinTechハブ

アンバンクト層にも金融サービスを! FinTechが社会を変える

・米国 新興市場から学ぶアンバンクト層への新サービス
・メキシコ 金融サービスにおける差別を克服
・ナイジェリア FinTechで消費者や中小企業に安全な金融サービスを提供
・インド 社会参加の機会を増やす

目次

  • ■第1章 イントロダクション
  • 書籍に起きたこと、銀行に起きること  ほか
  • ■第2章 FinTechの主要テーマ
  • 銀行とFinTech 競争より協調を/グローバルなコンプライアンスがカギを握る資 ほか
  • ■第3章 FinTechハブ
  • 英国 新たなFinTechコミュニティーを育てる ほか
  • ■第4章 新興市場とFinTechの社会的影響
  • FinTechの社会的重要性 米国の事例から ほか
  • ■第5章 FinTechソリューション
  • 契約を書き換える B2Bサプライチェーンへの道/決済システムとPOS ほか

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/06/11 16:33

投稿元:ブクログ

Fintechビジネスは、決済、融資、投資、家計管理(PFM)等、様々な金融サービスの領域で展開されており、かつ企業と顧客の関係性もBtoC/BtoB双方に渡っているため、なかなかその全体像を把握するのは難しい。それは書籍による解説という形態を取っても当然同じであるところを、本書では世界中の85人のFintech有識者(Fintechスタートアップの起業家、銀行員、金融サービスのコンサルタントなど)が、それぞれの専門分野や問題意識に基いて特定のテーマで執筆し、1冊の本に編集するというプロセスを踏むことで鮮やかに解消しており、Fintechビジネスに興味のある人にとっての基礎的なレファレンスとして常時手元に置いておく価値のある一冊になっている。

上述のような編集方針であるため、本書は10のテーマについて、500ページを割いて構成された大著であるが、読み方としては自身が興味のあるテーマから五月雨的に読んでいけばそれだけで十分価値があるように思う(実際、自身の場合は金融サービスのアンバドリング/リバンドリングについて書かれた第10章は手厚めに読んだ一方で、既存の金融機関が取り組むべきオープンなエコシステム論などをテーマとした第6章はさらっとしか読んでいない)。

個人的には競争政策の文脈でアンバンドル/リバンドリングが最も早くに起こった産業である通信業界を専門としている者として、大手通信キャリアがその結果として陥った苦境・失敗(結果として通信キャリアは土管に過ぎず、プロフィットプールをOTTに奪われた)を踏まえたときに、アンバンドリング/リバンドリングの世界に突入しつつある銀行という巨大プレーヤーへの示唆を導出できないか、と考えており、本書も参考にしながら、自分なりの仮設を検証できるような理論を作りたいと思っている。

参考までに、読者として認識した10のテーマは以下のような構成になっている。

■第1章 イントロダクション
・Fintechが注目を集める背景や技術・社会的トレンド

■第2章 Fintechの主要テーマ
・マーケットとして特に巨大な決済や融資におけるFintechのトレンド
・個人情報/パーソナルデータがもたらす新たな可能性や、優れた顧客体験を提供するためのUXの重要性

■第3章 Fintechハブ
・イギリス、フランス、オランダ、シンガポールなどFintechビジネスのハブとなっている各国のビジネス活性化の成功要因

■第4章 新興市場とFintechの社会的影響
・伝統的な金融サービスにアクセスできない25億人の”アンバンク”に対するFintechビジネス例を中心に、Fintechに期待されている課題とその解決法

■第5章 Fintechソリューション
・AIによるデータ解析型のFintechソリューションの将来性や生体認証など、今後期待されるサービス

■第6章 資本と投資
・Fintechスタートアップにおける資金調達のポイント
・投資領域におけるロボアドバイザーや投資型クラウドファンディングのトレンド

■第7章 既存の金融機関は変われるか?
・銀行などの伝統的金融サービス事業者がFintechビジネスを展開する際のスタートアップや政府など、広範かつオープンなエコシステム形成の重要性

■第8章 その他の成功事例
・3つのFintechスタートアップの起業家による、事業をスケールさせるまでの経緯やビジョンの具体例
・伝統的金融サービス事業者の代表としてのシティグループのFintechビジネスの活性化の取り組み例

■第9章 暗号通貨とブロックチェーン
・ブロックチェーン技術を用いたアプリケーションの一つである暗号通貨と、他アプリケーションとしての資産台帳、アプリケーションスタック、アセット取引の概要

■第10章 Fintechの未来
・伝統的金融サービス事業者とFintechスタートアップを結ぶ重要な要素としてのAPIの概要とその重要性、マネタイズモデル
・金融サービス自体の長期的な未来像