サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 134件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/07/07
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • ISBN:978-4-480-43182-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

こちらあみ子

著者 今村夏子

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応な...

もっと見る

こちらあみ子

税込 605 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.3MB
Android EPUB 3.3MB
Win EPUB 3.3MB
Mac EPUB 3.3MB

こちらあみ子 (ちくま文庫)

税込 704 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー134件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

受け取り方は三者三様

2020/05/16 15:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たにぐち - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで抱く気持ちは、人それぞれだと思う。あみ子にある種の共感を抱くような人もいれば、あみ子へ嫌悪感を抱く人もいると思う。この本を読んで、人はもしかしたら自分に対する嫌悪や悪意を敏感に感じ取ることによって空気を読むということを学び、「常識的に」振る舞うことができるようになるのかなと考えた。あみ子は自分に向けられる嫌悪の視線や悪意を全くといっていいほど感じ取ることができない。だからこそ、あみ子は純粋無垢に育ったのかなと思った。私はあみ子が怖いと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あみ子がいとおしい

2019/09/04 23:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

第161回の芥川賞を獲得した作者のデビュー作が「こちらあみ子」。少し変わったタイトルだが、母親に誕生日祝いに買ってもらった玩具のトランシーバーからきている。読み始めは、ほのぼのとした祖母と暮らす少女の物語なのかな思っていたのだが、どうして彼女が両親と離れて祖母と二人暮らしをするようになったのか、そのことを彼女は気が付いているのだろうかと考えていくと、この子(あみ子)のことがたまらなく気になってしまう。こんな小説もあっていいんだなと感動してしまった。「ピクニック」も心に残るというより突き刺さる作品、七瀬さんはいい人だけに余計に辛くなる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あみ子の愛おしさが刃のように刺さる

2016/10/26 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:390 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも純粋でまっすぐなあみ子。読み進めるうちに「あみ子はそのままでいいんだよ」と応援してしまう。あみ子が大好きになってしまう。…無責任に。あみ子はまっすぐに生きているのに、それだけなのに、日常は歪んでいく。なぜか周囲の人々は傷ついていく。そして、あみ子への愛おしさが「刃」となってこちらに向かってくる。小さな頃、無知で残酷な子どもだった自分の姿が思い出される。愛おしいのに痛い――。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こちらあみ子

2017/11/04 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomtom - この投稿者のレビュー一覧を見る

併録の「ピクニック」は謎の集団心理みたいなのが描かれてて、印象的でした。職場の新人の恋バナに皆が引き込まれていって…。
その新人はちょっとおかしな、クセが強いオバサンって感じなんだけど、周りも過剰なほどノっていくんですよねぇ。
芥川賞候補の常連さんみたいですけど、受賞は時間の問題でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心がざわざわする話

2017/10/25 19:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんな切ない。

子を失った傷が癒えぬままあみ子の行動に心を病んだ母。
破綻した家庭で誰とも向き合おうとせず淡々と過ごす父。
幼い頃から大人の気遣いをし、妹を思い、戦うことを選択した兄。
望まない一途な思いに追い詰められたのり君。
あみ子の真剣に触れて言葉を飲み込んだ坊主頭の少年。

自分の思いだけに素直に生きてきたあみ子は「知ること」に決めて、大人になった。

最初に読んだときは嫌な気持ちになった。二度と読みたくないと思った。
二度目に読んだとき、少し好きになった。
何度も読み返した。
読むたびに少しずつ好きになる気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な味

2017/07/10 23:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

あみ子がヤバいのです。前歯が3本ない。お腹が空いたら下校する。好きな同級生の名前を知らない。授業中に歌い出す。学校や家族から見て見ぬふりをされ、それでも気にせず生きている。

そんなあみ子の生き方を首をかしげながら読んでいると、逞しさとは何かを教えられている気がします。

町田康さん、穂村弘さんのダブル解説付き。また癖のある二人を解説に選んだものだ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相手のいないトランシーバー

2015/08/23 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

心がざわざわします。社会は学校は異物を排除する、そのくせ一番を競わせる。無垢は周りを傷つける?人はそれを恐れるのか、だからといって裁かれる必要はないのにゆるそうとするやさしさは見当違いで押し付けがましい。誰も悪くはない、誰もが相手に無関心なだけ、そして無垢な彼女すら自分に向けられた視線に気が付かない。相手のいないトランシーバーが全てを象徴していました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなかない着眼点の短編集

2017/08/24 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしけん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の周りにいたら、ちょっと対処に困ってしまう。そんな女性を正面から捉えた、なかなか稀有な短編集です。読んでいるうちに、なんだか本当にいたたまれない気持ちにさせられることが多く、読み終わるのに大きなエネルギーを要しました。自分の性格によるものなので、一般的に読んだ皆さんが同じような感想を持つとも思いません。その点において、controvercyな主題を取り上げた作品と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/09/21 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/11 06:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/26 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/23 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/22 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。