サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 117件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/07/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-293721-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

著者 東山彰良

一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾 に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で? 無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そし...

もっと見る

税込 968 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.4MB
Android EPUB 6.4MB
Win EPUB 6.4MB
Mac EPUB 6.4MB

流 (講談社文庫)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾 に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で? 無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。激動の歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡をダイナミックに描く一大青春小説。選考委員満場一致、「二十年に一度の傑作」(選考委員の北方謙三氏)に言わしめた直木賞受賞作。<解説:ロバート・ハリス>

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー117件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

毛毛、いい子だよなあ

2021/06/05 22:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

第153回直木賞受賞作品。外省人の祖父母を持つ台北生まれの葉秋生の青春を描く物語、といっても甘い話は出てこない、祖父が殺され、悪友に唆されて替え玉受験に手を貸して退学、大失恋を経験し(その原因が切なすぎる)、中国に渡って祖父を殺した犯人と対面し(とんでもなく予想外の人が犯人で)、離婚も経験してしまう。こう書いてしまうと悲惨な人生に聞こえるが、なぜか悲壮感は感じない、主人公・秋生の祖父譲りの逞しさが悲しさを打ち消しているのかも知れない、「魚は言いました。私は水の中で暮らしているのだから、あなたには私の涙は見えません」、作中にでてくる詩なのだが心に響いてくる、自分一人が辛い思いをしていると思ったら大間違いだということを当たり前のことだけど改めて教えもらえた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ミステリーとしてはいまいち。ハードボイルドっぽい成長記録としては魅力的

2018/01/16 04:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が台湾出身で日本で作家活動をしており、祖父は山東省出身の抗日戦士、父は教師とのことなので、この小説は彼の人生に重なるところがかなりあるのかなと思います。

祖父・葉尊麟の犯人を追うミステリーが主軸になっていますが、比較的早い段階で犯人が予想できてしまうので、ミステリー作品として見るといまいちですが、主人公のハードな成長記として見れば実に魅力的な小説だと思います。
葉秋生の叔父・葉明泉(イエ・ミンチュエン)は楽して金儲けしようとするどちらかと言えば「ろくでなし」の部類に入る人物で、「法螺吹き」としても知られるキャラ設定ですが、この人の法螺話はユーモアたっぷりなものもかなりあり、思わず「ぷっ」と笑ってしまいます。この小説になくてはならないキーパーソンですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良かった。

2017/11/02 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公が若い時のほうが話が盛り上がってましたね。あっという間に20台になってしまって。台湾の人たちは、中国と日本との間で大変だったんだなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

壮大で繊細な物語

2017/09/03 14:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のインタビューが新聞に掲載され、読みましたが、おもしろい小説です。戦争反対ということをインタビューでは語っていたものの、この小説では声高にそのようなことが語られているわけではない、しかし台湾や中国の違い?など仕事で台湾とは多くかかわっているものの知らないことがたくさんありました。人名など台湾語が多く出てくるところもあり、多少気になりますが、ルビが多く振られているので、大丈夫です。それにしても主人公は非常に多くの経験をして、よく死なないな、それが小説なのかと思わせます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春ドラマ

2017/08/25 17:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジミーぺージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1975年からの台湾を舞台にした青春・恋愛・ミステリー小説です。
中国共産党と国民党との時代背景を引きずったなかでの
国民党側である台湾を舞台にし、なんとなく、戦後日本の少年たちの粋がった
ヤクザ社会のような泥臭さに似ている。
若い人向けの青春ドラマで、
年配者が読むには歴史的な背景色をもっと強く出して欲しかったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白かった

2018/07/03 18:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くて、どんどん読めちゃいました。
70年代の台湾の空気が感じられます。政治的な話も無関係ではないのですが、表現がフラットだからか、気になりません。台湾の香りがする青春小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

評価を受けた時間をむさぼる悪魔

2018/05/08 06:01

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作を目にする機会はかなり多い。直木賞作ととしてとても有名な作品ではあるが、評者としては本作の意図や内容の良し悪しには賛否が分かれる作品だという印象を受けた。評者の周りや他の読者の意見を聞くことも多いが、否定的な意見が多い印象を受ける。
本作の評価の分かれ目の一つとして、伏線の回収があいまいな形で終わることや、伝える内容、文章表現の仕方に違和感を覚えるところがあるからだと考えられる。
背景や内容としてあまり他にはないという点では評価できるが、それが新しい何かにつながることや新しい主張を打ち出すことに成功していると言えるかどうかには疑問点が残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/30 07:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/05 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/03 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/15 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/15 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/27 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/21 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/17 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。