サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. 八咫烏シリーズ外伝
  5. 八咫烏シリーズ外伝 ふゆきにおもう【文春e-Books】
八咫烏シリーズ外伝 ふゆきにおもう【文春e-Books】(文春e-book)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

電子書籍

八咫烏シリーズ外伝 ふゆきにおもう【文春e-Books】

著者 阿部智里

新世代和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」外伝を電子書籍で配信!行方不明になった垂氷郷の郷長の次男・雪哉と三男の雪稚。長男の雪馬と母の梓は必死で幼い彼らを探す。実は雪哉だけ...

もっと見る

八咫烏シリーズ外伝 ふゆきにおもう【文春e-Books】

300 (税込)

ポイント :2pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.2MB 無制限
Android EPUB 5.2MB 無制限
Win EPUB 5.2MB 無制限
Mac EPUB 5.2MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

電子書籍全品対象!
20%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

【リニューアル】新規会員30%OFF

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新世代和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」外伝を電子書籍で配信!

行方不明になった垂氷郷の郷長の次男・雪哉と三男の雪稚。長男の雪馬と母の梓は必死で幼い彼らを探す。実は雪哉だけは産みの母が異なる北家当主の姫君だった。

雪哉の出生の秘密が明らかになる一作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

この母達にして、この雪哉あり。

2017/08/13 16:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかよさん。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い頃のチー坊のプチ家出に雪哉が付添い迷子に…
二人の母の深い〜いお話が明かされていきます。
「弥栄の烏」の伏線か、意外な人物(?)とも出逢います。

私も母なので梓さまに共感して、電車ん中で読んだら涙ウルウルで恥ずかしかった...
「黄金の烏」の時に語られた「ははうえ〜〜っ」のエピソードが呼び起こされ、このお話の母の神対応。...いい。雪哉はもーマザコンなってもいいです。いい。OK。許す。

子供って大抵お母さんっ子になりがちですが、ここん家も聡い母に、ちょっと残念な父ってゆう意外とあり難な家族の形だったり?と思えた。「母は強し」な、お話し。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む