サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~9/30

 新規会員50%OFFクーポン ~9/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ノンフィクション・ルポルタージュ
  5. 小学館
  6. 狼の牙を折れ~史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部~

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/08/18
  • 出版社: 小学館
  • ISBN:978-4-09-379853-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

狼の牙を折れ~史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部~

著者 門田隆将

公安捜査官「実名」ノンフィクション。 東京・丸の内、三菱重工ビル。昼休みを終えようとするオフィス街に轟音と爆風が駆け抜けた。瞬く間に立ち込めた白煙、正視に耐えない遺体、身...

もっと見る

狼の牙を折れ~史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部~

税込 1,683 15pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 9.0MB
Android EPUB 9.0MB
Win EPUB 9.0MB
Mac EPUB 9.0MB

狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公安捜査官「実名」ノンフィクション。

 東京・丸の内、三菱重工ビル。昼休みを終えようとするオフィス街に轟音と爆風が駆け抜けた。瞬く間に立ち込めた白煙、正視に耐えない遺体、身動きできない重傷者の上に容赦なく砕けたガラスの破片が降り注いだ。
 現場に駆けつけた捜査官は、爆発の衝撃でコンクリートに生じたすり鉢状の孔に向かって心の中で語りかけた。
 おまえら、やるのかよ。こんなことやっても世の中はなんにも変わりゃしないんだよ。なんでこんな罪もない人たちを殺すんだ。俺たちが「受けて立たなきゃいけない」じゃないか――。
 犯行声明を出したのは「東アジア反日武装戦線“狼”」。11件に及ぶ連続企業爆破事件の嚆矢だった。
 史上最大のテロ「三菱重工業爆破事件」を引き起こした謎の犯人グループは、天皇暗殺まで企てていた。「狂気の犯罪」に警視庁公安部はどう立ち向かったのか。
 捜査の指揮を執った土田國保警視総監の日記を初公開。日本で初めての公安捜査官「実名」ノンフィクション。今、最大の秘密組織がヴェールを脱ぐ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

イヤな時代を知る本

2013/12/17 20:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまや日本一のノンフィクション作家と言っていい著者の、勢いを感じさせる快作だろう。テロリストたちを追い詰めていく現場の熱さ、正義への信念がよく描かれていた。犯人らを追い詰めていく臨場感に時間がたつのを忘れ、その読みやすさに感嘆するほど。
ただ、残念なのは、警察上層部とマスコミの描写。新聞は、大ネタ記事を抜くか抜かれるかが勝負という。他社よりも一刻も早くにスクープしたい。そんな新聞記者の情熱までを描いているが、一般人としてはしらける。一刻も早いスクープというのは、ムダでしかない。いつかは、わかること。そんな記事に対価を払いたくはない。いまの新聞に読者がいかにさめているか、それはこんな馬鹿げたことを繰り返してきたからではないかなあ。
また、警察トップが剣道の習熟者であり、彼の気合がマスコミを圧倒したような描写があるが、これまた鼻白む。旧海軍のトップクラスには、剣道の習熟者が多い。彼らがいかに怯懦で、口だけだったかを振り返ると、この話はいただけない。剣道が人格を鍛えるとはかぎらない。
だが、全体としてはすばらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/22 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/14 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/26 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/05 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/27 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/21 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/23 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/11 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/13 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/22 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/29 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/01 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/19 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。