サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 小学館
  6. 海を抱いたビー玉~甦ったボンネットバスと少年たちの物語~

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/09/29
  • 出版社: 小学館
  • ISBN:978-4-09-408355-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

海を抱いたビー玉~甦ったボンネットバスと少年たちの物語~

著者 森沢明夫

「心」を持ったボンネットバスの奇跡の旅。運転手の親子に愛されたことで「心」を持った瀬戸内海の小さな島のボンネットバスと、手にした者に勇気を与える不思議な青いビー玉が、時代...

もっと見る

海を抱いたビー玉~甦ったボンネットバスと少年たちの物語~

税込 726 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.2MB
Android EPUB 7.2MB
Win EPUB 7.2MB
Mac EPUB 7.2MB

海を抱いたビー玉 (小学館文庫)

税込 726 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「心」を持ったボンネットバスの奇跡の旅。

運転手の親子に愛されたことで「心」を持った瀬戸内海の小さな島のボンネットバスと、手にした者に勇気を与える不思議な青いビー玉が、時代を超え、運命に導かれながら旅をしていくファンタジー。
旅は、懐かしい昭和40年代の瀬戸内海の島から、大震災に見舞われた山古志村へ……。
少年と、バスと、少年の心を持った魅力的な大人たちが、「生きることの美しさ」を優しく語りかけてくれる、事実をもとに描いた奇跡と感動の物語。驚きのラストに、あなたもまちがいないく「幸せのため息」をつくことでしょう。
「幻の青春小説」と呼ばれた名作の、待望の文庫版を電子化。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ずしりと心に残る良い本! ボンネットバスが主人公!

2010/03/09 18:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

森沢明夫さんが書かれた『津軽百年食堂』を読んだあとの深い感動の余韻がまだ残る中、読み始めた一冊。
こちらはボンネットバスが主人公でした。

『ボクはいま、世界のどのバスよりも幸せに生きている。』
思わず書きとめたくなるようなボンネットバスくんの言葉…。
昭和40年代から今の平成時代にいたるまで、いろんな温かい人たちとのふれあいを通じて、ボンネットバスくんが体験し、心で感じた出来事がつづられています。

四国の今治から、瀬戸内海の大三島へ、それから広島県の竹原、福山、さらには新潟県の湯沢、山古志まで。ボンネットバスくんはあちこちから望まれて、活躍の場を移していきます。
あるときは路線バスとして、あるときは物置として、
華やかなパレードに参加することもありました。

いつも心ある人に囲まれて、ボンネットバスくんの心も大きく成長していきます。物置として使われていたときは、しばらく放置されていて、処分寸前までなりそうになった時もありました。でも、ボンネットバスくんをしっかり走れるように直してくれる素晴らしい出合いがあり、無事生まれ変わることができたのです。

「わしが十年かけても助けてやりたかった子猫ちゃんじゃけんのう」その愛情にあふれる言葉に、本当に良かったねぇと心から思いました。
「古いモノんはみんな心があるけの、わしの博物館できれいに直して、心まで再生させてやるんじゃけ。」このとき、ボンネットバスくんを助けてくれたのは広島県は福山市にある福山自動車時計博物館の館長さんとレストア職人さんでした。
私はレストア職人さんの存在をこの本で初めて知ったのですが、放置されてボロボロになった車体がこんなに立派に生まれ変わるなんて!とその職人技に驚きました。

山古志の話も印象的でした。
震災を体験して、そこでその場に立ってしか感じることでできない強烈な思い、心に深く沁みてきました。その地でもボンネットバスくんの存在は、震災に遭った人たちに元気を与える存在となっている。いろんなことが繋がって、繋がって、繋がって…。ボンネットバスくんが抱えるビー玉も長い旅をして…。しみじみ感動の一冊、です。

森沢さんは『津軽百年食堂』の時と同じように、この本を書くために、車で2000キロにおよぶ長い取材旅行をされたそうです。一つひとつの取材を丁寧にされて、出来上がった一冊、またまたずしりと心に残る良い本と出合ったなぁ~と満足な気持ちでいっぱいです。

そうそう、覚えていたい魔法の言葉がありました。
「思う、言う、成る」
あのボンネットバスを直した博物館の館長さんの言葉でした。(^^♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再生!

2018/05/06 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボンネットバスの再生のファンタジー!素敵な作品に出会えました。ちょっと心が弱ってましたので、グイグイ引きこまれウルウルしてしまいました(ToT)そして随所に心ひかれる一文もあり、とにかく名言のオンパレードです。優しさ、温かさ、愛情がいっぱいあって、ほっこりしました。「ものには魂がある」…自分もそう思います!最後のボンネットバスの写真、自分にはバスが笑って見えました。そしてビー玉をお守りとして持ち歩きたい!ずっと凛と光ってもらって、元気と勇気をもらいたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラストが残念

2017/10/19 06:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

物を大切にするって大事なことなんだな、と改めて思わされた作品。ただ、心を持ったボンネットバスの気持ちがもっと描かれていてもよかったのに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/15 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/17 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/04 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/19 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/09 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/02 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/10 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/16 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/22 10:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/03 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/10 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/18 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。