サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 講談社
  6. 講談社文庫
  7. 明治維新という過ち
  8. 【期間限定価格】明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕
【期間限定価格】明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/10/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-293683-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕

著者 原田伊織

維新150年、偽りの歴史を斬る。共感と論争の問題作、ついに文庫化!幕末動乱期ほど、いい加減な美談が歴史としてまかり通る時代はない。京都御所を砲撃し朝敵となった長州を筆頭に...

もっと見る

29%OFF

【期間限定価格】明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕

11/01まで通常821

575 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より246おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限

明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト 完全増補版 (講談社文庫)

821(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

維新150年、偽りの歴史を斬る。共感と論争の問題作、ついに文庫化!幕末動乱期ほど、いい加減な美談が歴史としてまかり通る時代はない。京都御所を砲撃し朝敵となった長州を筆頭に、暗殺者集団として日本を闇に陥れた薩長土肥。明治維新とは、日本を近代に導いた無条件の正義なのか? 明治維新そのものに疑義を申し立て、この国の「近代」の歩みを徹底的に検証する刮目の書。

目次

  • はじめに ~竜馬と龍馬~
  • 第一章 「明治維新」というウソ
  • 第二章 天皇拉致まで企てた長州テロリスト
  • 第三章 吉田松陰と司馬史観の罪
  • 第四章 テロを正当化した「水戸学」の狂気
  • 第五章 二本松・会津の慟哭
  • 第六章 士道の終焉がもたらしたもの
  • あとがき

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

長州藩が滅びるべきだった

2017/08/26 22:50

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新(という言葉はないと著者は言うが)を成し遂げた薩摩と長州が、如何に非道でいい加減だったかが良く分かる。総理を一番出しているのも長州だし、今の日本の堕落の元凶である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ひつまぶし

2018/03/25 01:52

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kotom - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白いが、トンデモの類い。トンデモ好きの人にはおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最悪

2018/08/21 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ted - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章が下手な人だなあと思った。こんなんでよく歴史学者を語るものだ。奇書怪書、トンデモ本と呼ぶにも値しない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/02 07:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/14 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/16 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/25 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/28 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/28 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/31 07:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/25 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/30 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/13 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/13 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/17 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る