サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

私の個人主義(講談社学術文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 83件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

私の個人主義

著者 夏目漱石

文豪漱石は、座談や講演の名手としても定評があった。身近の事がらを糸口に、深い識見や主張を盛り込み、やがて独創的な思想の高みへと導く。その語り口は機知と諧謔に富み、聴者を決...

もっと見る

私の個人主義

648 (税込)

ポイント :6pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.7MB 無制限
Android EPUB 3.7MB 無制限
Win EPUB 3.7MB 無制限
Mac EPUB 3.7MB 無制限

私の個人主義 (講談社学術文庫)

713(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

文豪漱石は、座談や講演の名手としても定評があった。身近の事がらを糸口に、深い識見や主張を盛り込み、やがて独創的な思想の高みへと導く。その語り口は機知と諧謔に富み、聴者を決してあきさせない。漱石の根本思想たる近代個人主義の考え方を論じた「私の個人主義」、先見に富む優れた文明批評の「現代日本の開化」、他に「道楽と職業」「中味と形式」「文芸と道徳」など魅力あふれる5つの講演を収録。

目次

  • この本によせて
  • 道楽と職業
  • 現代日本の開化
  • 中味と形式
  • 文芸と道徳
  • 私の個人主義
  • 解 説 (瀬沼茂樹)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー83件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

夏目漱石という人が滲み出ている講演集

2009/05/15 14:37

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:simplegg - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしてか前々からこの本に惹かれているところがありまして、ようやく読むに至ったわけですが,予想以上に面白い。

この本は講演の名手とも言われる漱石の講演を集めたものです。講演とういうものの性質上,多種多様の価値観をもった大衆に向けて
話をしなければならないことになります。漱石はこういう講演の場で,自分の見識・考え方を日常にある例を用いわかりやすく,面白く述べています。語り口は穏やかで、時として鋭い。

僕自身も漱石の鋭い洞察に驚きながら、自分自身を反省しながら読む感じでした。なかなか自分の意見や、漱石の意見に対する反発といったものが湧いてこないのが,まだまだ未熟なところであろうと思います。

ひとつ例に挙げれば,学習院で行われた「私の個人主義」という演題で漱石は”自由”、”個性”といった話題について触れています。僕自身、世で溢れるこの手の言葉には常々違和感を覚えます。言葉がひとり歩きしているように思えるからです。

漱石はこれらの言葉の本質とはなにかをしっかりと分析し、それに立脚してこれらの本当のあり方を述べます。明晰でいて、本質を見極めようという真摯な話で、とてもためになりました。内容は読んでいただきたいと思います。

漱石は全体を通して、体裁や見栄にといったものに気をとられず、自分自身に立脚した話をします。「私の個人主義」というある種過激なタイトルですが,こういう意味で漱石は「私は個人主義を公言して憚らないつもり」と述べているのではないかと思いました。

「個人主義は時に寂しいものである」といったなんとも人らしい一面をも見せる漱石の講演を一度聞いてみてはいかがでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漱石の講演集

2004/06/12 07:55

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明けの明星 - この投稿者のレビュー一覧を見る

漱石の「個人主義」は、他人も尊重する個人主義です。まず、そこは明白に書かれているのだから、読み違えてはいけないと思います。
「個と全」というのは、たいへんな問題だろうと思います。「全」は見方によっていろいろ違ってくるでしょう。国家、社会といったものから、もっと小さく見て、世間や学校、もっと大きく見るならば、人類全般━━これらは、個に対して全といってよいと思います。
漱石は、この個と全を秤にかけて、個の方が大事だ、と決め付けているのではありません。
漱石が「自己本位」という言葉を発見して、「その時私の不安は全く消えました。」と書いているのは、当時の日本の状況を抜きにしては、十分に理解できないところでしょう。当時の日本は西欧文明というものに、完全に圧倒されていた。それほど、西欧は日本の百歩も千歩も先を進んでいるように思われた、というわけです。科学や学問の方面だけでなく、文学のほうでも、西欧の影響が強かったのです。
まずそれがひとつと、それから、日本がその頃、色んな面で、時代の分岐点にあったということが留意されるべきです。日本の発展の方向性を決める、という非常に重い任務が、当時の明示のエリートには課せられていた(んだろうと思います)。
漱石はかなりの秀才で、英語を勉強するために、ロンドンへ留学しました。そこでたいへんなカルチャーショックを受け、劣等感を抱き、日本の未来を憂えるというのは、十分想像できることだと思います。
ここで、「自己本位」という言葉が生きてくる。そのような意味にとらなければいけないと思います。
…………
「現代日本の開化」では漱石は、開化は生活を便利にするが、その内実の苦労はますますひどくなるばかりだと言う。そのうえ「西洋の開化(すなわち一般の開化)は内発的であって、日本の開化は外発的で」あり、急速に西洋に追いつこうとする日本は、西洋本位になって「皮相上滑りの開化」をしている、と漱石は指摘する。「ただ上皮を滑って行き、また滑るまいと思って踏張るために神経衰弱になる」。
「私の個人主義」は漱石の若い頃の回想を基にしたもので、人間漱石を知るうえで非常に参考になるものだ。漱石は大学時代に英文学を専攻したが結局文学が何かわからなかった。これは西洋的「文学」に対する正当な懐疑だと言える。この懐疑が一因となって漱石は不安な日々を送るが、ロンドン留学中に「自己本位」という言葉を発見してこの不安から脱する。初期の漱石は自由闊達に筆を動かし、『猫』『ヨウ虚集』『草枕』『坊ちゃん』などの、「文学」という枠に囚われない破格の作品を書いていく。これは漱石の拠って立つところが「個人主義」だったから可能だった。後に『明暗』などで示される「則天去私」の境地は、このような「個人主義」との対照において理解しなければ意味がない。
他の講演も非常に面白いので、ぜひ読み飛ばさずに読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

<読み方次第で読者の知性が試される怖い本>

2003/05/20 17:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まんでりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ただの小説家だと思っていた方は認識を改めていただきたい。
 漱石は抜群のインテリジェンスを持ったいまだに世界に誇りうる知識人であると同時に卓越した表現者でもある。
 「書けるものは話せず、話せるものは書けず」(末広厳太郎『嘘の効用』)のような枠組みを容易に乗り越え出たとんでもない偉才である。
 この本は講演集であるが、その中のどの一説をとってきても、ヨーロッパの哲学者(たとえば、ハンナ・アレントやマックス・ウェバー)の生涯の業績に匹敵するほどの内容を持つ。
 しかもその聴衆は、学者でもなんでもない、一般庶民なのである。
 今の大学教授に置き換えたなら軽く40〜50人分の仕事はこなせたであろう。
 時代のかわりっぱなにはこうした人間が登場するのであろうか?
 21世紀には、はたしてこういう人間が日本に登場するのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しゃべる、夏目漱石。

2001/07/11 01:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは夏目漱石の講演録である。
 漱石の口調をそのまま文字に起こした本文を読んで真っ先に思ったことは、しゃべりがうまい、ということだった。
 身近なことから話に入り、冗談も交えて場をなごませる。ちょっとしたギャグを言って笑いを取る漱石なんてとても新鮮なのだ。そしてぐいぐい話に引き込まれる。引き込まれていくうちに、気が付けば、高いところにある漱石の思想まで導かれている。
 肝心の内容はというと、これもまた素晴らしい。明治・大正期の講演にもかかわらず、今読んでも十分に訴求力はある。平成の社会問題をそのまま予見しているような部分だってあるのだ。
 また私たちがよく知っている漱石の小説。これらの小説がどんな思想のもとで書かれたか。話を聞いていると、小説に昇華する一歩手前の思想が見えてくるようで興味深い。なにか小説の舞台裏を覗いているような気になってくるのである。夏目漱石のアイデンティティに少し触れることができる面白い一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すばらしい!

2001/01/23 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名の読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 真摯な態度で生きていこうとする人は誰もが直面する煩悶について、実に明快な解釈を与えている。これは講演録であるということを考えると、改めて夏目漱石のすばらしさを感じる。
 夏目漱石が活躍していた時代から約百年経ったいまでも、少しも古さを感じさせず、豊かな示唆に富む。
 この書評を見た人皆さんには是非読むことをお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そんな凄いかねぇ

2002/06/20 20:52

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白井道也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに、漱石の語り口は素晴らしい。さすがは落語通である。謙遜する、洒落をかます、そしてしれっと本題に入る。
で、その本題。たいしたことを語っているとは、僕には思われない。有名な「私の個人主義」では、自由には責任がつきものであり他人の自由をも尊重すべきであるということ、「現代日本の開花」では、維新後の西洋化は内的要因ではなく外的要因から進んでおりそれはイビツであるということ、だいたいそんなことを言っているのだけど、それって21世紀に生きる人間が読んで「嗚呼! 確かにその通りだ!」って感嘆するものでもないでしょう。
ということでこの本は、内容は置いといて漱石の語りを味わうものではないか。漱石の小説が好きであれば、小説の原型とも言うべき彼の思想の一端がかいま見えて興味深いと思うが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自己本位の境地に9歳にして到達していた私

2009/12/22 11:49

18人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は小学生の頃から「他人からどう見られるかどうかより、天地神明に誓い自分自身恥ずかしいことをしていないかどうか」を指標に生きてきた。これは海軍士官学校を経て海軍大学を卒業した祖父から教わった「五誓」の影響が大きい。だから私は死の直前に漱石が達した「自己本位」の境地に、既に齢9歳にして到達していたことになる。常に他人の目を気にし、他人から自分がどう評価されているかばかりを気にして過ごしてきた漱石。んなことだから胃潰瘍になって早死にするんですなあ。健康にとって最大の敵はストレスなんだそうです。もっともこれを妻に伝えたところ「あんたはストレスないかもしれないけど、周りはストレスだらけよ」とのコメントが返ってきた(笑。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/15 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/18 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/05 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/22 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/30 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 06:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 04:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。