サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~2/21)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

くちなし(文春e-book)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 61件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2017/10/26
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-390739-0
一般書

電子書籍

くちなし

著者 彩瀬まる

さまざまな愛のかたちを、鮮烈な幻想のイメージとともに捉えた、著者の新境地をひらく短篇集。――骨が皮膚を押し上げている部分に親指を添えて、くっ、くっ、と押しながら曲げた左肘...

もっと見る

くちなし

1,200 (税込)

ポイント :11pt / 紙の本より312おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.7MB 無制限
Android EPUB 6.7MB 無制限
Win EPUB 6.7MB 無制限
Mac EPUB 6.7MB 無制限

くちなし

1,512(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さまざまな愛のかたちを、鮮烈な幻想のイメージとともに捉えた、著者の新境地をひらく短篇集。

――骨が皮膚を押し上げている部分に親指を添えて、くっ、くっ、と押しながら曲げた左肘を小さく回す。不意に肩の位置ががくんと下がり、体に不自然な段差が出来た。アツタさんはもう一方の手で力の失せた左腕をつかみ、軽く回転させてぴりぴりと皮膚を破りながら、慎重にちぎり取っていく。
「はい、どうぞ。大事にしてね」

不倫相手と別れる最後の贈り物に、男の左腕をもらったユマ。彼の腕との暮らしは快適だったが、やがて彼の妻が部屋に乗り込んできて……。
表題作ほか、運命の相手の身体には、自分にだけ見える花が咲く(「花虫」)、蛇や大犬や虎などに変異して好きな男を頭から食らう(「けだものたち」)など咲く「花虫」など全8篇。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー61件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

幻想的な短編集。祝・直木賞候補作入り。

2018/11/10 23:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても好きな作家さんです。
すべて傑作とはいきませんが、この人の独特のセンスには
いつも心を掴まれてしまいますね。順調に新作が出ています。
この作品でついに直木賞候補となり評価が一段階
上がったのではと思います。嬉しかったですね。

選評によると東野圭吾さんが推したぐらいで、あとの方の評判は
いまいちでした。審査員によっては100年前のシュールレアリスム
みたいだなど、総じて幻想部分の評価が低いです。
評価すると書いてあった短篇は「薄布」「茄子とゴーヤ」の
二本であり、幻想要素のない作品です。
確かに分かりやすくこじれていて心のひだが見え隠れします。

しかし私は、幻想部分に著者の本質が現れているのでは
ないかと思うのです。
異世界のものを組み込もうという意識には見えないのです。
私たちの世界と向こうの世界との境界を、綱渡りしながら
表現しようとしたら、いつの間にか幻想が紛れ込んできた、
そんな感じなのです。

とても分かりやすい超現実なので、著者の感覚では
比喩表現のうちの一つぐらいに思っているのではないでしょうか。
それくらいすっと入ってくるんですね。
幻想表現に目を奪われると直木賞選評のようになってしまいます。
そんな理屈っぽい作品じゃあないですって。

直木賞向きじゃあないのでしょうね。
物語の底流から深層心理をほのかに揺さぶってくる作風ですので、
芥川賞向きの作家さんだとは思います。

文学賞などどうでもいいという人もいますが、
作品は広く読まれてなんぼです。そもそも読まれなければ、
次の作品が出てこなくなりますし。
だからといってベストセラー的なあおりのきつい作品は求めて
いないのですが、そのさじ加減が読書の醍醐味とでも言いましょうか。

全部で七編の短篇集です。表紙の絵の作品を紹介します。
運命の花が描かれています。
運命の人に出会った時に自分だけに見える花。
何かの波長が共鳴して体のどこかから咲くのです。

アトリエに入ったときから私は不思議な甘い香りに気づいていました。
チョコレートみたいな存在感のある香りではなく、
首の向きを変えるだけでも途切れてしまうかすかな香り。
そのくせ一度気づいてしまえば、
蜘蛛の糸のようにからみついて離れないもの。

二十人ほどが囲む中心に肩の広いやせ型の男性がいました。
私は木炭紙をイーゼルにセットし男を描き続けます。
香りは強くなっていきます。

男のくるぶしに奇妙なものを見つけました。
涼しげな黄緑色をした細長くきらめく物体。小指ほどの大きさです。
少しずつ先端からほどけ、外側が反り返ると内部から
エメラルドグリーンの薄片の重なりがこぼれます。
運命の花が咲いたのです。

やっと会えたと男に腕をつかまれました。
男の目にも私の体に咲く花が見えていたのです。

ところが運命の花の仕組みをつきつめてしまう事件が起こるのです。
そんなことをしたばかりに、心と体がほどけてしまうのです。
私たちの体とは仕組みが違うのですが、でも考えようによっては
同じかもしれません。目に見えないだけであって。

読んでいて、幻想的な表現に何かが呼び覚まされる感覚があるから、
そんな風に感じました。著者にはきっと原風景が見えているのでしょう。

おそらく著者は計算して書いていません。
人物や心の動きを考えていき、表現してみたら超現実的な描写に
なってしまっただけでしょう。心ほどあやふやなものはありませんしね。

世界の境界のはざまを感じつつ、心の変化を運命の花になぞらえて
描いた作品です。しゅっと心を撫でていきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くちなし

2018/08/03 17:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あだじぇっと - この投稿者のレビュー一覧を見る

だいぶ前に session22 で取り上げていた作品。

不倫相手との別れ際に、彼の腕をもらう女。
自分にしか見えない花を咲かせる運命の相手。
片思いのデザイナーの変人男を、支える女。
好きな相手を食べてしまう変化する生き物たち。
難民の子をおもちゃにする夫人。
不倫相手と夫との事故死から立ち直りつつある未亡人。
自分のもつ遺伝子に忠実に、社会のために役割を果たそうとする女 ......

どれも孤独で、でもその寂しさと共生する強さを持つ女たち。 その地味で目立たない深い愛にはぐっとくる。

くるけど ......こんなのわからない男がほとんどだよな
もうわからない連中は絶滅すればいいのにと思ったりもして(笑)

綾瀬まる、読んでる人を見つけたら、唇の端でニンマリしてしまいそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/01 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/23 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/26 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/25 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/22 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/24 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/27 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/13 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/23 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/14 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/19 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/28 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/17 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。