サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 歴史
  5. ベストセラーズ
  6. ワニの本
  7. 日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ
日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ(ワニの本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ

著者 江崎道朗

◆私たちは嘘の歴史を教わってきた! 日米の歴史学者が隠蔽した歴史を今詳らかに! ◆これは事実であり! 悲劇! 日本もアメリカもソ連のために戦わされた! ! ◆最新のアメリ...

もっと見る

日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ

1,250 (税込)

ポイント :11pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 21.1MB 無制限
Android EPUB 21.1MB 無制限
Win EPUB 21.1MB 無制限
Mac EPUB 21.1MB 無制限

日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ

1,250(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

◆私たちは嘘の歴史を教わってきた!
日米の歴史学者が隠蔽した歴史を今詳らかに!

◆これは事実であり! 悲劇!
日本もアメリカもソ連のために戦わされた! !

◆最新のアメリカの保守派の歴史見直しはここまで 進んでいる! !

◎アメリカ保守主義運動を牽引してきたスタントン・エバンズ
◎ロシア革命100年! 今明かされるスターリンの戦争犯罪
◎ヴェノナ文書で裏づけられる! 真珠湾攻撃というコミンテルンの仕掛! !
◆戦後の歴史観が全てひっくりかえる

●アメリカでルーズヴェルト批判がタブーだったわけ
●ソ連のスパイが書いたハル・ノート原案
●日米開戦へと追い込んだモーゲンソー私案
●変遷する「リメンバー・パールハーバー」
●ソ連の対米工作を描いた『スターリンの秘密工作員』
●ソ連の対日参戦に反対した米軍幹部たち
●天皇と皇族男子を監禁しようとしたソ連
●「過酷な和平」派による日本解体計画
●ヤルタ会談を仕切っていたある一官僚
●マッカーサーも対日参戦に反対していた

■二十世紀とは、ソ連・コミンテルンとの戦いであった!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

インテリジェンスヒストリーの傑作

2017/12/01 16:39

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:451 - この投稿者のレビュー一覧を見る

江崎先生の著書に駄作なし。いや、傑作しかない。
今回は、アメリカの保守派の最新の研究をもとに第二次大戦を描き直す大作。
コミンテルンということばをきいただけで陰謀論だと批判するひともいるが江崎先生はコミンテルン万能論をとなえているわけではない。また、日本は悪くないと言っているわけでもない。
今までの歴史認識にはコミンテルンやFDRの悪意が意図的に消されている。各国がしたたかにインテリジェンスでの戦いを行い日本はインテリジェンスでの戦いに敗れた。インテリジェンスヒストリーの傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一刻も早く、洗脳工作から覚醒しなければ、日本の未来はない。

2018/02/28 22:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後70年余、いまだ戦後が続いている。
 そう思うのは、新しい事実が公表されているにも関わらず、戦後の歴史観が一向に変わらないからだ。
 昭和16年(1941年)の真珠湾攻撃は、いまだ日本のだまし討ちと信じている人が多い。それだけではなく、教育現場の教員も、自身が生徒であったときの歴史観を現代の児童、生徒に教えている。どこかで、修正されてしかるべきだが、いまだ、是正はされない。
 本書はその既成の戦後史を全面的に覆す一書である。「おかしい」、戦後の歴史は「おかしい」と思いながら、何が、どのようにと思い続けてきた方々には、明快な解答集ではなかろうか。
 今年、明治維新150年というが、果たして、何か目新しいことがあるのかといえば。ない。せいぜい、バラエティーにNHK大河ドラマぐらいか。本来、見直さなければならないのは、幕末からの日本を取り巻く環境。諸外国による主権侵害。その主権を回復する歴史を振り返るべきではなかったか。
 日露戦争も、日本の奇跡的な勝利に終わったが、ロシア帝国はポーツマス講和条約締結後、即座に反撃を開始している。その延長線上にあるのが、コミンテルン・スパイによる日本かく乱である。
 このコミンテルン・スパイの暗躍については、工作員の驚くべき潜入ぶりである。
戦前の日本ではゾルゲが有名だが、戦後はハーバート・ノーマンである。
本書を読み進みながら思ったのは、本書に登場する人物を詳細に追うのは当然として、歴史上の事件などを遡ってみるのも良い。これぞ、明治維新150年事業と思う。
歴史を取り返さなければ、一国の未来はない。そう警告している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すばらしきコミンテルン

2018/01/07 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コミンテルンの工作が詳しく書かれている。ヴェノナ文書が公開されてから,「そうなんじゃね」「いやだとしたらソ連すご過ぎ…」とか言われていた陰謀説がほぼ100%真実だったらしいことがわかったという。だからといってコミンテルンやスターリンの悪口をいっても仕方ない(言いたいけど…)。彼らは彼らなりに愛国者だったということだ(国民を愛してはいなかったらしいけど)。それよりも日本の外交官や政治家,軍人が愚かだったこと。というか今でも愚かなこと。マスコミにに至っては小学生以下…。歴史に学ばないものは…。歴史は繰り返すね。2回目は喜劇として。世界中大爆笑…。合掌。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/07 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/14 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/30 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/19 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/16 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む